スキン ケア

1. Biogerontology。 2001;2(4):219-29.
2. Pathol Biol (パリ)。 6月2010日; 58(3): 226-31。
3. 皮療法Lett。 6月2010日; 15(6): 4-7。
4. Actas Dermosifiliogr。 4月2008日; 99(3): 173-84。
5. Int J Dermatol。 1月2002日; 41(1): 21-7。
6. J Cutan Med Surg。 2004日11月12月; 8(6): 415-23。
7. Int J Dermatol。 1月2002日; 41(1): 21-7。
8. Br J Dermatol。 10月2003日; 149(4): 841-9。
9. Dermatol Surg 7月2005日; 31 (7つのPt 2): 814-7; 議論818。
10. 8月11月薬剤のMetabの Rev. 2000日; 32 (3-4): 413-20。
11. Dermatol Ther。 2007日9月10月; 20(5): 314-21。
12. Aesthet Surg J. 1月2010日; 30(1): 74-7。
13. Br J Dermatol。 2月2008日; 158(2): 251-60。
14. プロダクト モノグラフ: Matrixyl® synthe'6 TM
15. プロダクト モノグラフ: Hylasome® EG10
16. プロダクト モノグラフ: Vegetal満ちる球。 Coletica。 2005年3月30日。
17. プロダクト モノグラフ: MetabioticsTMの Resveratrol。 アーチのパーソナル ケア プロダクト、L.P. 2009年1月29日。
18. Pharmazie。 12月2009日; 64(12): 818-22。
19. AM J Clin Dermatol. 2005;6(1):39-47.
20. J歯周Res 4月2012日; 47(2): 159-64。
21. 米国の特許出願書。 米国2006/0127342 A1。 2006年6月15日。
22. プロダクト モノグラフ: Botanimoist® AMS。 Botanigenics。
23. GCIの 雑誌。 2006年2月14日。 で利用できる: http://www.gcimagazine.com/business/rd/ingredients/2308921.html。 2013年3月25日アクセスされる。
24. AM J Clin Dermatol。 2005;6(4):215-23.
25. Biochim Biophysのアクタ。 12月2006日; 1758(12): 2080-95年。
26. Biophys Chem。 8月2010日; 150 (1-3): 144-56。
27. 脂質の化学そして物理学。 2007年4月; 146(2): 67-75
28. Int J Cosmet Sci。 4月2011日; 33(2): 138-43
29. ロバートBaran、ハワードI. Maibach。 化粧品の皮膚科学の教科書。 第3エド。 テイラー及びフランシス島。 2005:177.
30. www.fda.gov/ohrms/dockets/dockets/95s0316/95s-0316-rpt0275-04-Udell-vol211.pdfは2013年に2月25日アクセスした。
31. J Med EsthとChir Derm。 12月2007日; 34(136):239-42.
32. 小型Rev. Med Chem。 12月2011日; 11(14): 1200-15。
33. Oxid Medの細胞Longev。 2012年; 2012:560682。 doi: 10.1155/2012/560682. Epub 6月2012日26日。
34. JはDermatolに薬剤を入れる。 10月2011日; 10(10): 1096-101。
35. JはDermatolに薬剤を入れる。 7月2011日; 10(7): 753-61。
36. Int J Cosmet Sci。 4月2011日; 33(2): 113-9。
37. FASEB J. 10月2003日; 17(13): 1913-5年。
38. 若返りRes。 12月2012日26日。 [印刷物に先んじるEpub]
39. PhotomedレーザーSurg。 12月2009日; 27(6): 969-71。
40. J AM Acad Dermatol。 6月2005日; 52(6): 1049-59。
41. J Dtsch Dermatol Ges。 3月2008日; 6(3): 176-80。
42. JはDermatolに薬剤を入れる。 9月2011日1日; 10(9): 990-1000。
43. アンPharmフレーム。 5月2011日; 69(3): 135-41。
44. Exp. Diabesity Res。 2004日10月12月; 5(4): 237-44。
45. 細胞Biol Toxicol。 8月2009日; 25(4): 331-40。
46. Int J Cosmet Sci。 4月1998日; 20(2): 79-86。
47. J Pediatr Surg。 1月2001日; 36(1): 113-8。
48. Clin Dermatol。 2009日9月10月; 27(5): 502-6。
49. Biotechnol Lett。 9月2008日; 30(9): 1545-51。
50. Biomed Mater。 8月2010日; 5(4): 044109。
51. JはDermatolに薬剤を入れる。 2月2008日; 7 (2つのSuppl): s12-6.
52. Clin Exp. Dermatol。 10月2001日; 26(7): 592-9。
53. Clin Obstet Gynecol。 6月2006日; 49(2): 414-26。
54. Angiology。 2005日9月10月; 56のSuppl 1: S25-32.
55. Eur J Vasc Endovasc Surg 1月2008日; 35(1): 102-10。
56. Angiology。 2003日7月8月; 54のSuppl 1: S33-44.
57. Eur J Vasc Endovasc Surg 2004;28:484-93.
58. 今日薬剤 (Barc)。 7月2007日; 43(7): 475-85。
59. Photochem Photobiol Sci。 4月2010日; 9(4): 559-63。
60. J AM Acad Dermatol。 12月2004日; 51(6): 910-8。
61. J AM Acad Dermatol。 1月2004日; 50(1): 41-9。
62. 今日薬剤 (Barc。)。 7月2007日; 43(7): 475-85。
63. Photodermatol Photoimmunol Photomed。 2月2007日; 23(1): 46-7。
64. NイギリスJ Med。 11月1997日13日; 337(20): 1419-29。
65. 老化の細胞。 8月2007日; 6(4): 557-64。
66. Actas Dermo-Sifiliográficas (英語版)、9月2012日; 103(7): 599-607
67. J Dermatol Sci。 6月2003日; 32(1): 1-9
68. J Photochem Photobiol B.3月2006日1日; 82(3): 173-9。
69. Phytother Res. 2010;24:414-8.
70. Int Jの化粧品Sci. 1998;20:331-42.
71. Bionapのレポート。 サンタVenerina、CT、イタリア2008年。
72. Nat.突き棒Res。 9月2010日20日; 24(15): 1469-80。
73. BioFactors. 2007;30:129-38.
74. Photodermatol Photoimmunol Photomed。 2月2007日; 23(1): 48-56。
75. 蟹座Lett。 6月2005日28日; 224(2): 193-202。 Epub 12月2004日10.日。
76. Biogerontology。 4月2007日; 8(2): 97-109。 Epub 9月2006日23日。
77. 皮療法Lett。 9月2008日; 13(7): 5-9。
78. AM J Chin Med。 2005;33(4):535-46.
79. Int J Vitam Nutr Res。 11月2003日; 73(6): 453-60。
80. J AM Acad Dermatol。 1月2003日; 48(1): 1-19; クイズ20-2。
81. 自由なRadic Res。 4月2002日; 36(4): 471-7。
82. で利用できる: http://www.lotioncrafter.com/reference/tech_data_serilesine_solution.pdfは2013年に3月26日アクセスした
83. で利用できる: http://www.lotioncrafter.com/reference/tech_data_relistase.pdfは2013年に3月26日アクセスした
84. J Ethnopharmacol。 5月2007日22日; 111(3): 504-11。 
85. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 1008-12。 
86. J Ethnopharmacol。 10月2010日28日; 132(1): 109-14。 
87. AM J Pathol。 11月2007日; 171(5): 1451-61。 
88. 傷修理Regen。 1999日3月4月; 7(2): 79-89。
89. PLoS 1。 9月2010日23日; 5(9): e12935.
90. J Cosmet Dermatol。 3月2008日; 7(1): 2-7。
91. 毒物学。 9月2001日14日; 166 (1-2): 63-9。
92. J Nutr Biochem。 5月2007日; 18(5): 287-96
93. Int J Cosmet Sci。 12月2007日; 29(6): 437-42。
94. 蟹座Prev Res (Phila)。 2月2010日; 3(2): 179-89。
95. Exp. Dermatol。 6月2009日; 18(6): 522-6。
96. Phytother Res。 1月2007日; 21(1): 1-16
97. Sederma。 ファイルのデータ。 2007.
98. J Cosmet Dermatol。 3月2008日; 7(1): 8-14
99. Ostomyの傷は管理する。 4月2006日; 52(4): 82-6、88、90のpassim。
100. JはDermatolに薬剤を入れる。 7月2008日; 7 (7つのSuppl): s2-6.
101. Exp. Dermatol。 11月2008日; 17(11): 946-52
102. Int J Cosmet Sci。 12月2002日; 24(6): 331-9。
103. JはDermatolに薬剤を入れる。 7月2008日; 7 (7つのSuppl): s7-12.
104. 蟹座Res。 7月1997日1日; 57(13): 2623-9。
105. 皮Res Technol。 8月2009日; 15(3): 338-45。
106. Dermatol Surg。 7月2009日; 35(7): 1057-65。
107. Photodermatol Photoimmunol Photomed。 2月2007日; 23(1): 48-56。
108. Dermatol Surg。 7月2005日; 31 (7つのPt 2): 855-60; 議論860。
109. J Biol Regul Homeostの代理店s。 2011日10月12月; 25(4): 505-15。
110. J Chromatogr A. 6月2012日22日; 1243:39-46
111. Clin Lab Sci CritのRev.. 2008;45(5):417-50.
112. 自由なRadic Biol Med。 1991;10(5):263-75.
113. Eur J Pharm Sci。 1995年8月; 3(4): 241-3。
114. Carcinog Molの。 11月2004日; 41(3): 179-86。
115. Carcinog Molの。 6月2011日; 50(6): 479-86。
116. J Agricの食糧Chem。 1月2012日11日; 60(1): 209-13。
117. PNAS. 9月1997日16日; 94(19): 10367-72。
118. J Ethnopharmacol。 1月2011日7日; 133(1): 46-52。
119. J Agricの食糧Chem。 8月2009日12日; 57(15): 6678-84。
120. Chin J Traumatol。 4月2010日1日; 13(2): 91-5。
121. J Agroalimentary Proc Technol. 2009;15(4):540-2.
122. Exp. Biol Med (Maywood)。 11月2002日; 227(10): 845-51。
123. Biomed Chromatogr。 2月2010日; 24(2): 154-9。
124. Food Sci CritのRev.. 2004;44:559-73.
125. 薬剤Discov Ther。 10月2010日; 4(5): 362-7。
126. Nutrの蟹座。 2003;47(2):181-7.
127. 食糧Chem Toxicol。 10月2003日; 41(10): 1399-407。
128. Physiol AnnuのRev.. 1999;61:283-310.
129. PhysiolのRev。 10月2003日; 83(4): 1359-400。
130. J Nutr Biochem。 7月2007日; 18(7): 449-56。
131. Exp. Gerontol。 10月2010日; 45(10): 763-71。
132. 毒物学。 11月2000日23日; 154 (1-3): 21-9。
133. 角度Orthod。 3月2012日; 82(2): 247-53。
134. Jの酵素のInhib Med Chem。 2月2007日; 22(1): 83-90。
135. 食糧Chem Toxicol。 6月2012日18日; 50(9): 3048-55。
136. Farmaco。 9月2001日; 56(9): 683-7。
137. Nutr Res。 7月2011日; 31(7): 519-26。
138. 性質。 2月2002日14日; 415(6873): 751-4。
139. 細胞。 8月2005日26日; 122(4): 499-504。
140. J Gerontol。 3月1983日; 38(2): 137-42。
141. SOFW J. 2008;134(5):30-5.
142. JはDermatolに薬剤を入れる。 9月2007日; 6(9): 917-22。
143. JはDermatolに薬剤を入れる。 11月2009日; 8(11): 1020-4。
144. Dermatol Surg。 12月1999日; 25(12): 942-4。
145. J AM Acad Dermatol。 8月2002日; 47(2): 241-4
146. アーチ顔のPlast Surg。 2006日1月2月; 8(1): 54-9
147. Br J Dermatol。 9月2010日; 163(3): 557-63。
148. J Pharm Pharmacol。 9月2006日; 58(9): 1167-76。
149. Pharmazie。 1月2005日; 60(1): 36-8。
150. Planta Med。 11月2005日; 71(11): 1044-52。
151. アーチDermatol Res。 11月2008日; 300(10): 569-74。
152. 自由なRadic Biol Med。 2月2008日1日; 44(3): 415-29。
153. J Eur Acad Dermatol Venereol。 5月2007日; 21(5): 657-61。
154. JはDermatolに薬剤を入れる。 8月2009日; 8 (8つのSuppl): s17-22.
155. Br J Dermatol。 6月2010日; 162(6): 1251-60。
156. 今日薬剤(Barc)。 5月2010日; 46(5): 351-60。
157. 調査の皮膚科学のジャーナル (1980) 74, 13–16.
158. Int J Biol Sci。 2月2008日19日; 4(2): 63-70。
159. C LiébecqのED。 生化学的な専門語および関連文書。 第2 ED。 ポートランド出版物; 1992:242-6.
160. Currの薬剤は免疫のEndocr Metabol Disordを目標とする。 9月2003日; 3(3): 234-42。
161. アーチPharm Res。 7月2005日; 28(7): 784-90。
162. J Eur Acad Dermatol Venereol。 10月2011日; 25(10): 1140-5。
163. JはDermatolに薬剤を入れる。 6月2010日; 9 (6つのSuppl): S72-81;
164. J CosmetレーザーTher。 6月2010日; 12(3): 126-31。
165. Biochem Biophys Res Commun。 11月2012日23日; 428(3): 416-21。
166. Food Sci Nutr CritのRev。 5月2008日; 48(5): 430-41。
167. アンN Y Acad Sci。 10月2012日; 1270:93-7。
168. で利用できる: http://www.innovadex.com/documents/1045286.pdf?bs=4501&b=125062&st=20。
169. ADVの食糧Nutr Res。 2011;64:357-69.
170. で利用できる: http://www.herbs2000.com/herbs/herbs_irish_moss.htm。 2013年3月12日アクセスされる。
171. ポリマー。 2011;3(4):1972-2009.
172. Jは解放を制御する。 3月2004日5日; 95(2): 257-65。