前立腺及び尿の健康

1. J Urol。 9月1984日; 132(3): 474-9.
2. 温和なProstatic肥大。 1983. ニューヨーク: スプリンガーVerlag。
3. Urologe A. 5月1992日; 31(3): 129-34.
4. J Medの食糧。 6月2008日; 11(2): 207-14。
5. Biochem Molの細胞。 8月2011日; 354 (1-2): 189-97。
6. Phytomedicine。 2007 8月; 14 (7-8): 568-79。
7. Planta Med。 2月2000日; 66(1): 44-7。
8. Andrologia 5月2012日; 44のSuppl 1:396-409
9. Curr Opin Urol。 1月2005日; 15(1): 45-8。
10. AM J Chin Med。 2004;32(3):331-8.
11. 公衆衛生Nutr。 12月2000日; 3 (4A): 459-72。
12. ADV Ther 8月2010日; 27(8): 555-63
13. Minerva Urol Nefrol 12月2010日; 62(4): 335-40
14. Corp.Unpublishedの調査と米国。
15. Urol Int。 2011;87(2):218-24.
16. Nutr Res Pract。 2009冬; 3(4): 323-7。
17. Urol Int。 2006;77(3):269-74.
18. Forsch Komplementarmed Klass Naturheilkd。 8月2000日; 7(4): 200-4。
19. 食糧工学のジャーナル 95 (2009) 208–213
20. Int Urol Nephrol。 1991;23(1):51-5.
21. Curr Med Res Opin。 1998;14(3):127-39.
22. CochraneのデータベースSystのRev. 2002年; (1): CD001044.
23. 内分泌。 2月2007日; 31(1): 72-81。
24. 前立腺 7月2010日1日; 70(10): 1044-53
25. 泌尿器科学。 9月1999日; 54(3): 473-8。
26. Wien Klin Wochenschr。 1990年の11月23日; 102(22): 667-73。
27. 世界J Urol。 4月2002日; 19(6): 426-35。
28. Biochem Biophys Res Commun。 2月2009日13日; 379(3): 795-8
29. Eur Jの蟹座Prev。 8月2006日; 15(4): 353-61。
30. Eur Urol。 9月2009日; 56(3): 544-51。
31. Nihon Hinyokika Gakkai Zasshi。 5月2002日; 93(4): 539-47。
32. BJU Int。 5月2000日; 85(7): 836-41。
33. 抗癌性の代理店Med Chem。 5月2010日1日; 10(4): 346-51。
34. 前部Biosci (Scholエド)。 1月2011日1日; 3:205-15。
35. 蟹座により制御を引き起こす。 2月2007日; 18(1): 71-7。
36. BJU Int。 9月2003日; 92(4): 375-8。
37. Nutrの蟹座。 11月2009日; 61(6): 775-83。
38. J Nutr。 1月2008日; 138(1): 49-53。
39. Aktuelle Urol。 1月2009日; 40(1): 37-43。
40. FASEB J. 6月2004日; 18(9): 1019-21。 
41. Jの国民の蟹座Inst。 3月2002日6日; 94(5): 391-8。
42. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 3月2004日; 13(3): 340-5。
43. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2004日; 13(2): 260-9。
44. J Medの食糧。 2006夏; 9(2): 284-6。
45. Nat. Clin Pract Urol。 2008年10月; 5(10): 540-549。
46. MMW Fortschr Med。 4月2002日18日; 144(16): 33-6。
47. J Urol。 2008. 179(6):2119-25.
48. JAMA. 11月1998日11日; 280(18): 1604-9。
49. J Medの食糧。 12月2008日; 11(4): 741-6。
50. Biosci Biotechnol Biochem。 9月2007日; 71(9): 2223-32。
51. J Ethnopharmacol。 5月2007日22日; 111(3): 476-82。
52. Proc西のPharmacol Soc. 2003;46:153-5. 
53. Eur Urol。 6月2000日; 37(6): 735-41。
54. Int Urol Nephrol。 2007;39(4):1137-46.
55. JのハーブPharmacother。 2005;5(4):1-11.
56. 蟹座Biol Ther。 9月2004日; 3(9): 855-7
57. Planta Med。 2月2000日; 66(1): 44-7。
58. で利用できる: http://www.kvinnohalsa.se/pdf/swe_pilot.pdfは2012年に12月30日アクセスした。
59. Jpn J Med Pharm Sci. 2005;54(3):339-45.
60. Jpn J Med Pharm Sci。 2001; 46(5):727-737.
61. Jpn J Med Pharm Sci。 2003; 14(3):313-22.
62. Jpn J Med Pharm Sci。 2004 52(4):551-61.
63. CochraneのデータベースSystのRev. 2004年; (2): CD001321.
64. 食糧MolのNutrのRes。 6月2007日; 51(6): 732-7。
65. EvidはMedを基づかせていた。 8月2008日; 13(4): 105。
66. Phytomedicine。 9月2008日; 15(9): 653-67。
67. Phytomedicine。 2007;14(4):237-41.
68. J Medの食糧。 4月2009日; 12(2): 259-70。
69. Food Sci Nutr CritのRev。 2002年; 42 (3つのSuppl): 273-8。
70. Wien Med Wochenschr。 2007;157(13-14):325-30.
71. Cran-Max®対海洋のスプレーのクランベリー ジュースのカクテルのbioactive比較。 独立した実験室の分析。 チューソン、AZ: Atlas Bioscience、Inc.; 2006.
72. J Agricの食糧Chem。 4月2007日18日; 55(8): 3217-24
73. J Antimicrob Chemother。 2月2009日; 63(2): 389-95。
74. J Urolはできる。 6月2002日; 9(3): 1558-62。
75. J Agricの食糧Chem 4月2011日13日; 59(7): 3373-84。
76. J Medの食糧 2011日7月8月; 14 (7-8): 739-45。
77. Clin Geriatr Med。 5月2011日; 27(2): 229-39。
78. Pract J AM Acadの看護婦。 3月2011日; 23(3): 127-34。
79. JはChemotherを感染させる。 6月2011日; 17(3): 322-6。
80. アーチ特別にUrol。 2010日7月8月; 63(6): 422-30。
81. J Clin Gastroenterol。 9月2010日; 44のSuppl 1: S61-2.
82. Nursの時間。 11月2005日22-28日; 101(47): 38-40
83. J Agricの食糧Chem。 11月2005日16日; 53(23): 8940-7。
84. Phytochemistry。 9月2005日; 66(18): 2281-91。