レバー

1. Br J Nutr。 5月2007日; 97(5): 855-63。
2. 毒物学。 5月2009日2日; 259 (1-2): 18-24
3. サンパウロ Med J。 2011;129(4):217-23.
4. Exp. Mol Pathol。 12月2011日; 91(3): 687-94。
5. Eur J Med Res。 6月2011日21日; 16(6): 258-64。
6. Scand J Gastroenterol。 1月2008日; 43(1): 95-102。
7. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 9月2011日1日; 15(5): 1325-65。
8. Nutr AnnuのRev。 2009;29:365-79.
9. J Ethnopharmacol。 7月2008日23日; 118(2): 183-212
10. Mem Inst Oswaldo Cruz。 1991年; 86 Supplの2:31 - 7。
11. Biofactors。 2003;19(1-2):33-42.
12. 矢尾 Xue Xue Bao。 5月2010日; 45(5): 652-8。
13. Biochem Molの細胞。 10月1997日; 175 (1-2): 225-32。
14. Biochem Molの細胞。 2月2000日; 205 (1-2): 111-4。
15. Nutr J. 9月2009日15日; 8:40。
16. 朴J Pharm Sci.2008 7月; 21(3): 249-54
17. Phytother Res。 10月2010日; 24(10): 1423-32。
18. 分子。 10月2011日12日; 16(10): 8601-13。
19. 蟹座。 1月2010日15日; 116(2): 506-13。
20. J Clin Pharmacol。 4月2010日; 50(4): 434-49。
21. Phytomedicine。 5月2009日; 16(5): 391-400。
22. J Pharmacol Exp. Ther。 3月2010日; 332(3): 1081-7。
23. PLoS 1。 1月2011日28日; 6(1): e16464.
24. 発癌。 7月2007日; 28(7): 1533-42。
25. Int Jの蟹座。 7月2008日1日; 123(1): 41-50。
26. Bosn J基本的なMed Sci。 8月2005日; 5(3): 63-8。
27. Pharmacol Rep。 2011;63(3):643-59.
28. アルコール アルコール。 2003日5月6月; 38(3): 208-12。
29. SbのLek。 1995;96(1):43-8.
30. アテローム性動脈硬化。 9月2000日; 152(1): 89-95。
31. J Hepatol。 6月2009日; 50(6): 1236-46。
32. 生命Sci。 1997;61(19):1907-14.
33. Altern MedのRev. 2月2002日; 7(1): 22-44。
34. アクタBiochimポール. 2004;51(2):405-13.
35. Eur Jのハム雑音Genet。 1月2003日; 11(1): 23-9。
36. 免疫学。 12月2001日; 104(4): 431-8。
37. Clin Chemの実験室Med。 5月2002日; 40(5): 452-5。
38. Braz JはDisを感染させる。 10月2004日; 8(5): 363-71。
39. Eur J Clinは投資する。 10月2000日; 30(10): 915-29。
40. J Nutr。 10月2008日; 138(10): 1872-9
41. 角膜。 3月2002日; 21(2): 164-8。
42. Clin Ther。 2月2000日; 22(2): 209-21。
43. Pulm Pharmacol Ther。 2007;20(1):9-22.
44. TherのADV Respir Dis。 6月2012日; 6(3): 127-35。
45. PhysiolのRev. 10月2012日; 92(4): 1515-42。
46. AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 7月2007日; 293(1): G91-103.
47. 世界J Gastroenterol。 3月2006日28日; 12(12): 1895-904。
48. Rocz Akad Med Bialymst. 2005;50:7-20.
49. JはMetab Disを受継ぐ。 1991;14(4):421-30.
50. FASEB J. 3月1996日; 10(4): 471-80。
51. アルコール。 7月2002日; 27(3): 179-83。
52. Pharmacol Biochem Behav。 9月2001日; 70(1): 105-14。
53. Minerva Gastroenterol Dietol。 1992日7月9月; 38(3): 145-51。
54. Phytother Res。 10月2010日; 24(10): 1423-32。
55. BratislのLek Listy。 2012;113(3):145-51.
56. JはインターンMedを診察する。 11月の2012日9.日doi: 10.1111/jvim.12002.
57. J Oncol Pharm Pract。 9月2012日; 18(3): 360-5。
58. Phytomedicine。 5月2009日; 16(5): 391-400。
59. Int J Clin Pharmacol Ther。 1月2002日; 40(1): 2-8。
60. J Hepatol。 4月1997日; 26(4): 871-9。
61. J Agricの食糧Chem。 6月2008日11日; 56(11): 3966-72。
62. Arzneimittelforschung。 3月1998日; 48(3): 236-9。
63. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2月2009日; 55(1): 52-8
64. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 12月2007日; 17(6): 595-607。
65. Med SciのスポーツExerc。 1月1998日; 30(1): 83-91。
66. J Nutr。 4月2001日; 131(4): 1171-6。
67. 外科。 8月1981日; 90(2): 237-43。
68. Physiol Res。 2001;50(1):25-33.
69. Clin Gastroenterol Hepatol。 7月2005日; 3(7): 705-13。
70. 発掘Dis。 2011年; 29(3): 326-32。 Epub 8月2011日9.日。
71. 栄養物Pharmacol Ther。 4月2004日1日; 19(7): 779-88。
72. Nutr Res。 2月2009日; 29(2): 89-93。
73. 栄養物。 2月2007日; 23(2): 113-20。
74. インターンMed。 5月1998日; 37(5): 429-34
75. Int J Med Molの。 7月2008日; 22(1): 105-12。
76. レバーInt。 11月2007日; 27(9): 1287-92
77. 栄養物。 5月2002日; 18(5): 376-9。
78. アミノ酸。 2001;20(1):1-11.
79. Med SciのスポーツExerc。 7月2000日; 32(7): 1214-9。
80. J Nutr。 6月2004日; 134 (6つのSuppl): 1583S-1587S.
81. Eur J Appl Physiol Occup Physiol. 1994;69(1):26-31.
82. Chin J Physiol。 4月2011日30日; 54(2): 71-8。
83. JのスポーツMed Physの適性。 3月2011日; 51(1): 82-8。
84. JのスポーツMed Physの適性。 9月2008日; 48(3): 347-51。
85. Proc国民のAcad Sci 米国。 1月2010日5日; 107(1): 366-71