炎症性反作用

1. 抗癌性Res。 2004日3月4月; 24 (2B): 563-9。
2. Chem SocのRev。 11月2008日; 37(11): 2558-74。
3. Antioxidの 酸化還元反応は 信号を送る。 3月2008日; 10(3): 511-45。
4. アーチPharm (Weinheim)。 9月2010日; 343(9): 489-99。
5. J Ethnopharmacol。 3月2010日24日; 128(2): 549-53。
6. アーチToxicol。 5月2010日; 84(5): 389-96。
7. アジア 応用科学のジャーナル 4 (4):343-354,2011
8. J Alzheimer Dis。 8月2004日; 6(4): 367-7。
9. J Immunol。 5月2004日15日; 172(10): 5940-7。
10. Integr Biol (Camb)。 8月2012日; 4(8): 905-13。
11. Biol Pharm Bull。 2011;34(7):974-9.
12. Chin Med。 9月2008日17日; 3: 11。
13. アクタのBiochim Biophysの罪(上海)。 10月2012日; 44(10): 847-55。
14. Currの薬剤ターゲット。 3月2011日1日; 12(3): 332-47。
15. Oncol Rep。 1月2013日; 29(1): 117-24。
16. 発掘Dis Sci。 11月2005日; 50(11): 2191-3。
17. Biochem Pharmacol 2月2008日15日; 75(4): 787-809。
18. Clin Gastroenterol Hepatol。 12月2006日; 4(12): 1502-6。
19. Inflammの腸Dis。 2月2011日; 17(2): 503-15。
20. PLoS 1。 12月2010日3日; 5(12): e15099.
21. インドJ Pharmacol。 9月2011日; 43(5): 546-50。
22. 遺伝子Nutr。 5月2011日; 6(2): 171-9。
23. J Fam Pract。 3月2011日; 60(3): 155-6。
24. 関節炎Res Ther。 2月2011日3日; 13(1): 102。
25. Jの内毒素Res. 2007;13(1):15-23.
26. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 4月1995日; 52(4): 223-7。
27. 蟹座MolのTher。 5月2006日; 5(5): 1371-82。
28. 血小板. 2011;22(4):270-6.
29. 食糧MolのNutrのRes。 9月2008日; 52(9): 1031-9。
30. アーチMed Res。 2月2011日; 42(2): 79-87。
31. J Ethnopharmacol。 7月2011日14日; 136(3): 414-21
32. 神経科学のジャーナル。 2001;21(21):8370–8377.
33. 生物化学のジャーナル。 2005;280(7):5892–5901.; 議論606-7。
34. 細胞および分子生命科学. 2006;63(13):1538–1552.
35. パーキンソン症候群Relat Disord。 12月2009日; 15のSuppl 3: S189-94. 
36. J Neurochem。 3月2010日; 112(6): 1415-30。
37. Biochem Biophys Res Commun。 2月2010日19日; 392(4): 567-71。
38. PLoS 1。 1月2010日8日; 5(1): e8643.
39. Currの薬剤ターゲット。 3月2011日1日; 12(3): 332-47。
40. インドJ Pharm Sci。 3月2010日; 72(2): 149-54。
41. 神経科学。 9月2010日1日; 169(3): 1296-306。
42. Eur J Pharmacol。 12月2007日22日; 577 (1-3): 183-91。
43. Br J Pharmacol。 11月2008日; 155(5): 702-13。
44. 自由なRadic Res。 7月2011日; 45(7): 788-95。
45. Nutr Metab (Lond)。 6月2011日10日; 8(1): 35。
46. 食糧MolのNutrのRes。 11月2011日; 55(11): 1655-65。
47. 糖尿病。 11月2011日; 60(11): 2928-38。
48. ZhonghuaイXue Za Zhi。 10月2003日25日; 83(20): 1764-8。
49. Biochem Biophys Res Commun。 4月1997日28日; 233(3): 692-6。
50. 内分泌学。 2月2012日; 153(2): 554-63。
51. Int J Oncol。 2月2012日; 40(2): 436-42
52. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 2012;2012:486568.
53. Curr Alzheimer Res。 4月2007日; 4(2): 117-22。
54. JAMA. 2月2004日11日; 291(6): 704-10。
55. NutrのRev. 12月2007日; 65 (12のPt 2): S173-6.
56. Biolの精神医学。 9月2003日1日; 54(5): 566-72。
57. ImmunolのアレルギーのClinの北AM。 2月2003日; 23(1): 15-39。
58. 蟹座Ther。 2008年; 6 (b): 495-510。
59. Int Immunopharmacol。 12月2005日; 5 (13-14): 1749-70。
60. J Ethnopharmacol。 9月2011日2日; 137(2): 1028-34。
61. AM J Chin Med。 2011;39(6):1075-91.
62. 朴J Biol Sci。 12月2011日1日; 14(23): 1038-46。
63. 発掘Dis Sci。 9月2012日; 57(9): 2296-303。
64. Phytother Res。 9月2007日; 21(9): 895-7。
65. Immunol Lett。 7月2006日15日; 106(1): 72-81。
66. HPB (オックスフォード)。 8月2009日; 11(5): 373-81。
67. Int J Immunopharmacol。 9月2000日; 22(9): 729-40。
68. Pulm Pharmacol Ther。 2月2009日; 22(1): 37-43。
69. Food Sci Nutr CritのRev。 8月2010日; 50(7): 654-65。
70. Neurobiolの老化。 9月2007日; 28(9): 1457-62。
71. Cardiovascの精神医学Neurol. 2009;2009:174657.
72. 自由なRadic Biol Med。 7月2009日1日; 47(1): 62-71。
73. 若返りRes。 2月2009日; 12(1): 15-24。
74. Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 3月2011日30日; 35(2): 315-9。
75. Curr Opin Investigは薬剤を入れる。 11月2009日; 10(11): 1163-72。
76. 発癌。 9月2006日; 27(9): 1902-8年。
77. Clinの蟹座Res。 3月2005日1日; 11(5): 2089-96年。
78. Wien Med Wochenschr。 2002;152(15-16):373-8.
79. J Ethnopharmacol。 9月2006日19日; 107(2): 249-53。
80. Biochem Molの細胞。 8月2011日; 354 (1-2): 189-97。
81. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 3月2008日; 294(3): H1365-70.
82. Clin Immunol。 7月2008日; 128(1): 66-74。
83. Biotechnol Res Int。 2012年; 2012:976203。 doi: 10.1155/2012/976203. Epub 12月2012日10.日。
84. Altern Therの健康Med。 2012日9月10月; 18(5): 9-17。
85. Phytother Res。 2月2013日; 27(2): 199-204。
86. J Surg Res。 8月2012日; 176(2): 503-9。
87. Zhong XIイJie彼Xue Bao。 7月2011日; 9(7): 702-10。
88. Altern MedのRev. 12月2010日; 15(4): 361-8。
89. EurのRev. Med Pharmacol Sci。 9月2010日; 14(9): 771-4。
90. Clin Immunol。 3月2008日; 126(3): 345-52。
91. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 12月2004日; 1(3): 251-7。
92. Clin Exp. Rheumatol。 2006日1月2月; 24(1): 25-30。
93. Clin Rheumatol。 10月2004日; 23(5): 410-5。
94. Int Immunopharmacol。 3月2009日; 9(3): 313-8。
95. Clin Rheumatol。 8月2009日; 28(8): 931-463。
96. Chandran B、Chakkiath VK、トマスSPO。 多中心の、Biocurcumax (BCM-95®)の効力そして安全を査定するためにランダム化された、制御された人間の臨床調査はdiclofenacナトリウムと比較した。 出版物のために堤出される。 2009
97. Biomed Pharmacother。 10月2002日; 56(8): 365-79。
98. PrzeglのLek. 2007;64(2):91-9.
99. プロスタグランジンの Leukotの必要な脂肪酸。 3月2006日; 74(3): 165-73。 
100. Minerva Pediatr。 4月2008日; 60(2): 219-33
101. JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1440-6。
102. Int J Epidemiol。 2月1997日; 26(1): 155-9。
103. Br J Nutr。 8月2012日; 108(4): 699-709。
104. NイギリスJ Med。 6月2003日26日; 348(26): 2599-608。
105. Br J Nutr。 12月2000日; 84のSuppl 2: S205-9.
106. Clin Intervの老化。 2008;3(1):97-109.
107. JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1433-9。
108. 若返りRes。 4月2012日; 15(2): 184-8。
109. AM J Clin Nutr。 4月2000日; 71(4): 987-92。
110. AM J Clin Nutr。 6月2008日; 87(6): 1991S-6S.
111. Curr Atheroscler Rep。 12月2008日; 10(6): 503-9。
112. J Nutr。 5月2010日; 140(5): 1023-8。
113. 公衆衛生Nutr。 12月2006日; 9 (8A): 1136-40。
114. AM J Prev Med。 11月2005日; 29(4): 335-46。
115. J AMの食事療法Assoc。 3月2005日; 105(3): 428-40。
116. 小型Rev. Med Chem。 10月2004日; 4(8): 859-71。
117. Nursの立場。 8月2004日11-17日; 18(48): 38-42。
118. Cleve Clin J Med。 3月2004日; 71(3): 208-10、212の215-8 passim。
119. J AMの食事療法Assoc。 7月2005日; 105(7): 1080-6。
120. Int J Mol Sci。 2月2010日2日; 11(2): 458-79。
121. アーチのインターンMed。 3月2000日27日; 160(6): 837-42。
122. 新陳代謝。 3月2006日; 55(3): 381-90。
123. Biochem Biophysのアクタ。 6月2004日1日; 1682 (1-3): 80-91。
124. Chimの肛門のアクタ。 2月2007日5日; 583(2): 402-10。
125. J Agricの食糧Chem。 9月2007日5日; 55(18): 7609-14。
126. 脂質。 11月2001日; 36(11): 1195-202。
127. Eur Jの蟹座。 6月2000日; 36(10): 1235-47。
128. Eur J Nutr。 3月2007日; 46(2): 70-8。
129. 栄養物。 2月2005日; 21(2): 131-6。
130. 薬剤のニュースPerspect。 12月2008日; 21(10): 552-61。
131. J AM Coll Cardiol。 11月2011日8日; 58(20): 2047-67年。
132. AM J Cardiol。 9月2011日1日; 108(5): 691-7。
133. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 12月2010日; 30(12): 2487-94。
134. 脂質の健康Dis. 2004;3:25.
135. J Pharmacol Sci. 2011;116(2):150-62.
136. Clin Intervの老化。 4月2010日7日; 5:45-61。
137. NUTRAfoods。 2005;4(4):70-72.
138. Biol Pharm Bull。 9月2003日; 26(9): 1283-8。
139. 生命Sci。 6月2003日13日; 73(4): 471-85。
140. Pharmacol Molの。 6月2006日; 69(6): 1783-90。
141. Mapoの苦痛医院、ソウル。 2001年11月。 Scigenic Co.の製造業者から得られるLtd. Unpublished調査のレポート。
142. J Agricの食糧Chem。 11月2008日26日; 56(22): 10582-93。
143. Nutr J. 1月2008日21日; 7:3.1-9
144. Curr Med Res Opin。 5月2008日; 24(5): 1485-96。
145. 補足物のTher Med。 6月2012日; 20(3): 124-30
146. Int Jの 食糧 Sci Nutr。 2009年; 60 Supplの2:99 - 113。
147. J Nutr Sci Vitaminol [東京]。 12月2003日; 49 [6]: 442-6。
148. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 3月1998日; 58(3): 185-91
149. J Agricの食糧Chem。 1981日9月10月; 29(5): 1089-91。
150. J Biol Chem 1940;134:781-2.
151. アーチBiochem Biophys 1966;113:251-2.
152. Toxicol Lett 2001;123:169-177.
153. Altern MedのRev。 11月2003日; 8(4): 438-41。
154. 骨関節炎の軟骨。 11月2008日; 16(11): 1277-88。
155. 骨関節炎および軟骨 2006;14:286-94.
156. BMCの補足物のAltern Med。 6月2011日27日; 11:50。
157. Clinの薬剤は投資する 2004; 24:353-63.
158. イラン J Pharmacol Ther 2004;3:61-5.
159. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 2011;2011:528403.
160. Sciを 老化させる Curr。 12月2008日; 1(3): 182-91。
161. Chin J Physiol。 3月2001日31日; 44(1): 1-11。
162. AM J Physiolの細胞Physiol。 12月2009日; 297(6): C1520-32.
163. J Neurosci Res。 8月2008日1日; 86(10): 2339-52。
164. J Biol Chem。 3月2005日25日; 280(12): 11648-55。
165. 生命は調査を延長後援した #1.
166. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
167. 中国の従来および草の薬剤。 1991;22, 251,268.
168. Planta Med。 7月2001日; 67(5): 391-5。
169. Planta Med。 3月2000日; 66(2): 110-3。
170. Biochem Pharmacol。 1月2008日15日; 75(2): 503-13。
171. Biol Pharm Bull。 9月2003日; 26(9): 1342-4
172. JのNat.突き棒。 2月2002日; 65(2): 179-83。
173. NutrのRev. 1月2004日; 62(1): 18-27。
174. Fortschr Med。 2月1989日10日; 107(4): 71-2.
175. インドJ Pharm Sci。 1月2008日; 70(1): 114-7。
176. J Int Med Res。 1990年の9月10月; 18(5): 379-88。
177. J Biomed Nanotechnol。 12月 2010日; 6(6): 667-74