ホルモン

1. J Clin Endocrinol Metab。 10月1992日; 75(4): 1002-4。
2. J Clin Endocrinol Metab。 8月1997日; 82(8): 2396-402。
3. Clin Chimのアクタ。 3月2004日; 341 (1-2): 1-15。
4. AM J Physiol Endocrinol Metab。 11月2006日; 291(5): E1003-8.
5. Maturitas。6月2010日; 66(2): 172-9。
6. 前部Neuroendocrinol。1月2009日; 30(1): 65-91。
7. Biogerontology。 8月2008日; 9(4): 235-46。
8. アンN Y Acad Sci。 11月2006日; 1088:139-52。
9. 精神薬理学(Berl)。 11月2006日; 188(4): 541-51。
10. Pharmacol Ther。 5月2010日; 126(2): 186-99。
11. 循環。 9月2009日29日; 120(13): 1231-40
12. アテローム性動脈硬化 9月2009日; 206(1): 77-85。
13. J Clin Endocrinol Metab。 8月2006日; 91(8): 2986-93
14. Clin Endocrinol (Oxf)。 3月2006日; 64(3): 260-4
15. Clin Chimのアクタ。10月2009日; 408 (1-2): 1-7。
16. J Endocrinol。 10月1999日; 163(1): 1-5。
17. Curr Ther Res. 2000;61(7):435-42.
18. アーチBiochem Biophys。 5月1997日1日; 341(1): 122-8。
19. Curr Ther Res; 2002;63(4):263-72
20. J Nutr Biochem。 9月2007日; 18(9): 629-34。
21. ステロイド。 3月2000日; 65(3): 124-9。
22. ステロイド 11月2009日; 74(12): 931-7。
23. Proc国民のAcad Sci米国。 12月1994日6日; 91(25): 12308-12。
24. 精神医学Res。 7月2010日30日; 178(2): 309-12。
25. Progの頭脳Res。 2010;186:113-37.
26. Circ Res。 5月2010日14日; 106(9): 1507-15。
27. CNS Neurosci Ther。 2010ばね; 16(1): 32-44。
28. Neuropsychopharmacology。 7月2009日; 34(8): 1885-903。
29. Neurochem Int。 2008日3月4月; 52 (4-5): 522-40。
30. Psychoneuroendocrinology。 2月2008日; 33(2): 214-26。
31. Eur J Med Chem。 7月2009日; 44(7): 2944-51。
32. Horm Metab Res。 1月1998日; 30(1): 16-28。
33. J Clin Endocrinol Metab 2月2002日; 87(2): 589-98。
34. J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。
35. 科学。 9月1984日7日: 225(4666): 1032-4。
36. Altern MedのRev. 9月2007日; 12(3): 280-4
37. 、ストラスブールEthnopharmacologyの最初の国際的な議会で示される、フランス。 1990年; 6月5-9日。
38. Ethnopharmacology。 Waynberg 3月の1995日先生
39. Eur Jの蟹座Prev。 2002年; 11 (Suppl 2): S48-57.
40. Br J Nutr。 8月2007日; 98(2): 388-96。
41. 蟹座により制御を引き起こす。 3月2006日; 17(2): 169-80。
42.Jレディース健康(Larchmt)。 2月2010日; 19(2): 209-18
43. J Altの補足物Med. 1998;4(3):289-303.
44. 月経閉止期。 2008日11月12月; 15(6): 1157-62。
45. Phytother Res 4月2012日; 26(4): 510-6
46. Phytomedicine。 5月2010日; 17(6): 389-96。
47. Maturitas。 5月2006日20日; 54(2): 164-75。
48. Udani J、丈夫なM。 哺乳類のlignanおよびエストロゲンの代謝物質に対するHMRlignanの効果は後menopausal女性で水平になる: ランダム化された、二重盲目の、単一のダミー、平行グループ、パイロット・スタディ。 2007年11月6日
49. JのステロイドBiochem Mol Biol。 2007日11月12月; 107 (3-5): 140-8
50. AM J Clin Nutr。 7月2010日; 92(1): 141-53。
52. 最もよいPract Res Clin Obstet Gynaecol。 2月2009日; 23(1): 7-23。
53. Climacteric。 2009年; 12 Supplの1:47 - 51。 
54. Jの性Med。 1月2010日; 7 (1つのPt 2): 561-85。
55. アンN Y Acad Sci。 8月2010日; 1204:179-87。
56. スポーツMed。 1月2010日1日; 40(1): 41-58。
57. 細胞のImmunol Molの。 8月2009日; 6(4): 277-83。
58. Med Pregl。 2009年; 62 Supplの3:85 - 90。
59. J Clin Endocrinol Metab。 8月2010日; 95(8): 3569-77。
60. Altern Therの健康Med。 2001日5月6月; 7(3): 93-100。
61. Jレディース健康GendはMedを基づかせていた。 3月2002日; 11(2): 163-74。
62. Jレディース健康。 6月1998日; 7(5): 525-9。
63. JのステロイドBiochem Mol Biol。 7月2004日; 91(3): 147-55。
64. Clinの蟹座Res。 2月2007日1日; 13(3): 1061-7。
65. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 4月2001日; 10(4): 339-44。
66. 蟹座により制御を引き起こす。 10月2004日; 15(8): 805-18。
67. Int Jの蟹座。 9月2004日1日; 111(3): 440-3。
68. Int J Oncol。 10月2008日; 33(4): 657-63。
69. 発癌。 4月2006日; 27(4): 782-90。
70. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46(7): 2358-64。
71. 科学世界 1986:489-505.
72. Maturitas 5月2009日20日; 63(1): 99-103。
73. Nat.突き棒Res。 4月2008日15日; 22(6): 537-46。
74. Arzneimittelforschung。 7月1993日; 43(7): 752-6。
75. Ceska Gynekol。 10月1998日; 63(5): 388-92。
76. J Agricの食糧Chem。 11月2006日15日; 54(23): 8956-61。
77. J Agricの食糧Chem。 2月2008日27日; 56(4): 1415-22.
78. J Agricの食糧Chem。 11月2007日28日; 55(24): 10050-4
79. Nutr Res。 2月2008日; 28(2): 72-7。
80. アテローム性動脈硬化。 9月2001日; 158(1): 195-8。
81. Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 423-33
82. Exp. Gerontol。 7月2001日; 36(7): 1083-100。
83. J Pineal Res。 5月1994日; 16(4): 178-83。
84. J Pineal Res。 1月2011日; 50(1): 1-7。
85. Bull Acad国民Med。 10月2011日; 195(7): 1527-46; 議論1547-9。
86. Curr Med Chem。 2012;19(21):3508-22.
87. 自由なRadic Res。 12月2002日; 36(12): 1323-9。
88. J Endocrinol。 12月1981日; 91(3): 467-75。
89. 今日Surg. 2003;33(12):896-901.
90. J口頭Implantol。 4月2012日16日。 [印刷物に先んじるEpub]
91. J Pineal Res。 10月2012日; 53(3): 270-8。
92. Pat最近のEndocr Metabの免疫の薬剤Discov。 5月2011日; 5(2): 100-8。
93. J Physiol Pharmacol。 10月2011日; 62(5): 521-6。
94. J Pineal Res。 1月2012日; 52(1): 62-70。
95. Maturitas。 4月2002日15日; 41のSuppl 1: S85-104.
96. Chronobiol Int。 5月2000日; 17(3): 419-32。
97. 老化すること(ミラノ)。 Oct1995; 7(5): 340-51。
98. J Endocrinolは投資する。 3月2006日; 29(3): 281-7。
99. 睡眠。 6月1996日; 19(5): 423-31。
100. Clin Pharmacol Ther。 5月1995日; 57(5): 552-8。
101. Actas特別にPsiquiatr。 2000日9月10月; 28(5): 325-9。
102. J Clinの精神医学。 2月2007日; 68(2): 237-41。
103. で利用できる: http://emedicine.medscape.com/article/126999-overview。 2013年3月21日アクセスされる
104. Proc Soc Exp. Biol Med 1990年の4月; 193(4): 301-5。
105. JのスポーツMed Physの適性。 3月1989日; 29(1): 52-6。
106. Jの強さCond Res。 4月2010日; 24(4): 1082-90。
107. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2008日; 11(1): 50-4。
108. Nutr Neurosci。 10月2003日; 6(5): 269-75。