ヘアー ケア

1. http://www.functionalfoodscenter.net/files/43682631.pdfはアクセスした
2. ニジェール Postgrad Med J.3月2007日; 14(1): 30-3。
3. アテローム性動脈硬化。 10月2005日; 182(2): 367-74。
4. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 12月2006日; 52(6): 473-8。
5. アーチPharm Res。 9月2008日; 31(9): 1212-7。
6. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2006日5月6月; 8 (5-6): 1059-68。
7. Med Molの面。 2007日10月12月; 28 (5-6): 692-728。
8. J Pharm Pharmacol。 1月2001日; 53(1): 67-71。
9. J Pharm Pharmacol。 1月2003日; 55(1): 53-8。
10. Intl。 J. Pharm。 8月2004日20日; 281 (1-2): 67-78.
11. 米国のパテント: 米国6,596,306。
12. Tocotrienolsの補足のランダム化された臨床試験対Androgenetic Aloppeciaのための偽薬。 ユンKah Hay、B.の薬剤科学の学校、Universiti Sains、マレーシア教授。 出版物2009年のために堤出される。
13. アンN Y Acad Sci。 12月1991日26日; 642:468-9。
14. J Biomater Sci Polymエド。 2008;19(8):969-88.
15. JのステロイドBiochem Mol Biol。 1月2004日; 88(1): 1-16。
16. Br J Dermatol。 8月2003日; 149(2): 354-62。
17. Br J Dermatol。 11月1988日; 119(5): 627-32。
18. JはDermatolを投資する。 7月1993日; 101 (1つのSuppl): 143S-147S.
19. FEBS Lett。 10月1988日10日; 238(2): 343-6。
20. JはDermatolを投資する。 5月1995日; 104(5): 775-8。
21. 食糧Chem Toxicol。 1月1991日; 29(1): 57-64。