頭脳の健康

1. 前部老化するNeurosci。 2012年; 4:21。 Epub 9月2012日12日。
2. PLoS 1。 2012年; 7(8): e43647. doi: 10.1371/journal.pone.0043647. Epub 8月2012日20日。
3. J Cogn Neurosci。 11月2012日; 24(11): 2186-98。
4. Neuroimage。 9月2012日; 62(3): 2151-60。
5. Neurosci Rev。 2010;21(3):187-221.
6. Curr Pharm Des。 2010;16(6):660-71..
7. Physiol Behav。 9月2007日10日; 92 (1-2): 121-8。
8. Int J Psychophysiol。 6月2004日; 53(1): 1-9。
9. J R Socの健康。 5月2004日; 124(3): 119-21。
10. Eur J Endocrinol。 12月2006日; 155(6): 773-81。
11. Rehabil Nurs。 2008日5月6月; 33(3): 117-23; 議論132。
12. JAMA. 12月2006日20日; 296(23): 2805-14。
13. J Alzheimers Dis。 1月2012日1日; 32(4): 1011-8。
14. J Gerontol Biol Sci Med Sci。 8月2012日9.日[印刷物に先んじるEpub]
15. 自由なRadic Biol Med。 10月の2012日29日。pii: S0891- 5849(12) 01084-2
16. Dement Geriatr Cogn Disord。 2012;33(6):400-9.
17. J AM Coll Nutr。 4月2012日; 31(2): 79-86。
18. J Alzheimers Dis。 1月2012日1日; 32(3): 733-40。
19. J Alzheimers Dis。 1月2012日1日; 32(3): 653-63。
20. 打撃。 6月2012日; 43(6): 1542-7
21. 循環。 11月2011日22日; 124(21): 2312-9。
22. J Clin Hypertens (グリニッジ)。 11月2011日; 13(11): 813-7
23. FASEB J. 11月2008日; 22(11): 3938-46。
24. 新陳代謝。 10月2008日; 57のSuppl 2: S6-10.
25. 頭脳Res。 2月2007日16日; 1133(1): 42-8。
26. 頭脳Res。 11月2007日28日; 1182:50-9。
27. 頭脳Res。 10月2005日5日; 1058 (1-2): 101-8。
28. 自由なRadic Biol Med。 8月2008日1日; 45(3): 295-305。
29. J Agricの食糧Chem。 4月2010日14日; 58(7): 3996-4000。
30. J Nutr Biochem。 10月2010日; 21(10): 991-8
31. Behavの頭脳Res。 3月2009日17日; 198(2): 352-8。
32. 栄養物。 3月2011日; 27(3): 338-42。
33. Isr Jの精神医学Relat Sci. 2000;37(4):302-7.
34. Clin Intervの老化。 11月2010日2日; 5:313-6。
35. Dement Geriatr Cogn Disord。 2010;29(5):467-74
36. Altern MedのRev. 9月2008日; 13(3): 245-7。
37. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 4月2011日1日; 14(7): 1203-7。
38. インドJ Pathol Microbiol 2010日10月12月; 53(4): 595-604
39. CNS Neurosci Ther。 8月2011日; 17(4): 256-68。
40. J Neurochem。 2月2008日; 104(4): 1116-31。
41. Fitoterapia。 7月2010日; 81(5): 306-14。
42. Altern MedのRev. 9月2009日; 14(3): 226-46。
43. J Biol Chem。 11月2008日21日; 283(47): 32176-87。
44. J Neurosci。 6月2008日18日; 28(25): 6388-92。
45. 頭脳Res Bull。 2月2006日15日; 68(6): 469-73。
46. セントのNerv Systの代理店Med Chem。 9月2010日1日; 10(3): 238-46。
47. Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 7月2008日1日; 32(5): 1093-105。
48. ヤナ Vol. 11第1の2008年のページ50-56
49. Biosci Biotechnol Biochem。 9月2007日; 71(9): 2223-32。
50. J Agricの食糧Chem。 4月2011日27日; 59(8): 3674-85。
51. J Medの食糧。 2005夏; 8(2): 125-32。
52. J Medの食糧。 2月2010日; 13(1): 156-62。
53. J Surg Res。 4月2007日; 138(2): 209-13。
54. BMCの補足物のAltern Med。 1月2008日3日; 8: 1。
55. J Periodontol。 1月2008日; 79(1): 174-80。
56. Jの細胞Biochem。 12月2010日1日; 111(5): 1270-9。
57. 食糧MolのNutrのRes。 7月2010日; 54のSuppl 2: S205-13.
58. 食糧MolのNutrのRes。 9月2009日; 53(9): 1143-55。
59. Ideggyogy Sz。 7月2007日30日; 60 (7-8): 301-10。
60. Phytomedicine。 3月2009日; 16 (2-3): 111-7。
61. Jの向精神薬。 2011日1月3月; 43(1): 1-5。
62. Biochim Biophysのアクタ。 9月の2012日23日。pii: S1388-1981
63. 食糧Chem Toxicol。 6月2011日; 49(6): 1303-15。
64. アンN Y Acad Sci。 6月1994日30日; 717:253-69。
65. J Int Med Res。 1991日7月8月; 19(4): 330-41。
66. J Nutr Biochem。 8月2005日; 16(8): 489-99。
67. Eur J Pediatr。 3月2000日; 159(3): 198-204。
68. Pharmacol Toxicol。 2月1994日; 74(2): 95-100。
69. J Neurosci。 10月2006日25日; 26(43): 11034-40。
70. 精神薬理学 (Berl)。 6月2006日; 186(3): 402-13。
71. Prog Neurobiol。 9月2003日; 71(1): 43-8。
72. 頭脳Resの頭脳ResのRev. 11月2001日; 37 (1-3): 301-12。
73. Neuropsychopharmacology。 7月2009日; 34(8): 1885-903。
74. Prog Neurobiol。 10月2009日; 89(2): 134-52。
75. 傾向Endocrinol Metab。 10月2008日; 19(8): 300-7。
76.J Neurochem。 11月2011日; 119(3): 486-96。
77. Eur Neuropsychopharmacol。 2月2011日; 21(2): 211-5
78. http://www.alz.org/documents_custom/report_alzfactsfigures2010.pdf。 2012年12月10日アクセスされる。
79. http://www.fda.gov/Food/LabelingNutrition/LabelClaims/QualifiedHealthClaims/ucm073006.htm。 2012年12月10日。
80. で利用できる: http://www.mit.edu/press/2010/magnesium-supplement.htmlは2012年に12月10日アクセスした。
81. J Clin Endocrinol Metab。 8月1998日; 83(8): 2742-8。
82. アンPharmacother。 2月2002日; 36(2): 255-60。
83. Br JのスポーツMed。 9月2006日; 40(9): 773-8。
84. 中心の失敗を混雑させなさい。 2006日1月2月; 12(1): 9-13。
85. Clinカルシウム。 8月2012日; 22(8): 1227-34。
86. Clinカルシウム。 8月2012日; 22(8): 1217-26。
87. Jは抗夫Resの骨を抜く。 4月1998日; 13(4): 749-58。
88. Curr Osteoporos Rep。 12月2009日; 7(4): 111-7。
89. Clinica Chimicaのアクタ。 2000;294:1-26.
90. Magnes Res。 12月2011日; 24(4): 215-9。
91. Pharmacol Rep。 2008日9月10月; 60(5): 588-9
92. J神経Transm。 9月2007日; 114(9): 1129-34。
93. Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 3月2009日17日; 33(2): 235-42。
94. ニューロン。 1月2010日28日; 65(2): 165-77。
95. インドJ Pediatr。 3月2005日; 72(3): 239-42。
96. Postepy Hig Med Dosw (オンラインで)。 6月2011日2日; 65:314-27。
97. J Neurochem。 5月2007日; 101(3): 577-99。
98. Dement Alzheimers。 11月2010日; 6(6): 456-64
99. Neurosci Res。 10月2006日; 56(2): 159-64
100. アーチNeurol。12月2005日; 62(12): 1849-53
101. PLoS 1。 2011年; 6(12): e28451
102. Br J Nutr。 6月2012日; 107(11): 1682-93。
103. Nutrの健康。 2009;20(1):51-76.
104. 細胞。 9月2010日3日; 142(5): 687-98。
105. 脂質。 3月1996日; 31のSuppl: S261-5.
106. アテローム性動脈硬化。 12月2012日; 225(2): 418-24。
107. Endocr Metab免疫のDisordの薬剤ターゲット。 9月2011日1日; 11(3): 232-46。
108. Progの脂質Res。 10月2011日; 50(4): 372-87。
109. アーチMed Res。 1月2012日; 43(1): 75-82。
110. Biochem Biophys Res Commun。 11月の2012日3.日pii: S0006-291X (12) 02107-9。
111. NイギリスJ Med。 1月1993日28日; 328(4): 238-44。
112. J Clinは投資する。 12月1995日; 96(6): 2802-8。
113. Exp. Clin Psychopharmacol。6月2012日; 20(3): 236-42。
114. PLoS 1。 2012年; 7(1): e30571.
115. 食糧Nutr Bull。 6月2010日; 31 (2つのSuppl): S108-16.
116. 自由なRadic Res。 9月2010日; 44(9): 983-90。
117. Br J Nutr。 11月2008日; 100(5): 1097-103。
118. Neurobiolの老化。 4月2012日; 33(4): 824。
119. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 2009日8月9月; 81 (2-3): 137-41。
120. Neurochem Res。 9月2003日; 28(9): 1321-8。
121. アンN Y Acad Sci。 11月2004日; 1033:108-16。
123. Geriatr Gerontol Int。 7月2010日; 10のSuppl 1: S99-106
124. 神経薬理学。 8月2008日; 55(2): 223-9。
125. アーチGerontol Geriatr。 2008日3月4月; 46(2): 181-90
126. Eur J Pharmacol。 9月2007日10日; 570 (1-3): 97-107。
127. 頭脳Res。 11月2005日9日; 1061(2): 114-7。
128. J Ethnopharmacol。 1月2001日; 74(1): 1-6。
129. Phytomedicine。 12月2000日; 7(6): 463-9。
130. 分子。 7月2009日3日; 14(7): 2373-93。
131. 出版されていない調査2005年。 Nutrigenesis、LLC。
132. Br J Pharmacol。 4月2005日; 144(7): 961-71。
133. Eur J Neurosci。 3月2006日; 23(6): 1417-26。
134. Yakugaku Zasshi。 8月2008日; 128(8): 1159-67。
135. Bull Exp. Biol Med。 12月2003日; 136(6): 585-7。
136. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 6月2004日; 14(3):298-307.
137. Phytomedicine。 10月2000日; 7(5): 365-71。
138. ADV Ther。 2007日7月8月; 24(4): 929-39。
139. JのスポーツMed Physの適性。 3月2010日; 50(1): 57-63。
140. Phytomedicine。 2月2011日15日; 18(4): 235-44。
141. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 4月2009日; 19(2): 186-99。
142. Phytother Res。 6月2008日; 22(6): 734-9。
143. Phytomedicine。 3月2008日; 15(3): 164-9。
144. Clin Physiol Functイメージ投射。 11月2002日; 22(6): 375-8。
145. 荒野はMedを囲む。 2007冬; 18(4): 251-7。
146. J Pharm Pharmacol。 2月2006日; 58(2): 243-9。
147. アジアJ Androl。 9月2011日; 13(5): 742-6。
148. 神経科学。 1月2007日5日; 144(1): 217-22。
149. Clin Chimのアクタ。 2月2004日; 340 (1-2): 153-62。
150. アクタのPharmacolの罪。 9月2008日; 29(9): 1042-50。
151. J Nat. Med。 1月2011日; 65(1): 50-6。
152. Pharmacopsychiatry。 6月2003日; 36のSuppl 1: S89-S94.
153. Phytomedicine。 2月2007日; 14 (2-3): 196-203。
154. アクタのPharmacolの罪。 10月2004日; 25(10): 1306-11。
155. Clin Nutr。 8月2004日; 23(4): 615-21。
156. Clinの実験室Haematol。 8月2003日; 25(4): 251-3。
157. Thromb Res。 7月2009日; 124(3): 328-34。
158. Altern Therの健康Med。 2001日9月10月; 7(5): 70-86、88-90。
159. 血小板。 2010;21(5):373-9.
160. ADV Ther。 1998日1月2月; 15(1): 54-65。
161. アクタNeurobiol Exp. (戦争)。 2009;69(2):217-31.
162. Pharmacopsychiatry。 5月2010日; 43(3): 86-91。
163. J Chromatogr A. 3月2009日13日; 1216(11): 2002-32年。
164. 薬剤R D。 2003;4(3):188-93..
165. Wien Med Wochenschr. 2007;157(13-14):295-300.
166. Arzneimittelforschung. 2007;57(1):4-11.
167. Prat Rev。 6月2000日1日; 50(11): 1195-8。
168. Planta Med。 6月2009日; 75(8): 792-6。
169. 矢尾Xue Xue Bao。 9月2007日; 42(9): 930-4。
170. Phosphatidylserine: 第1頭脳のブスター。 新しいCanaan、CT: Keats Plishing; 1998.
171. スポーツMed。 2006;36(8):657-69.
172. Altern MedのRev。 6月2008日; 13(2): 85-115。
173. Eur J Clin Pharmacol。 1992;42(4):385-8.
174. Biophys AnnuのRev。 6月2010日9日; 39:407-27。
175. 栄養物。 2003日11月12月; 19 (11-12): 957-75。
176. Neurobiolの老化。 2001日1月2月; 22(1): 9-15。
177. Exp. Neurol。 7月1985日; 89(1): 213-24。
178. J神経Transm Suppl。 1987;24:239-45.
179. J Int SocのスポーツNutr。 7月2008日28日; 5: 11。
180. Eur J Clin Pharmacol。 1992;42(4):385-8.         
181. J Clin Biochem Nutr。 11月2010日; 47(3): 246–255.
182. Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci。 6月2012日11日; 88(6): 266–282.
183. Clin Intervの老化。 2010; 5: 313–316.
184. Br J Haematol。 1月2010日; 148(2): 195-204。
185. Baillieres Clin Haematol。 9月1995日; 8(3): 567-601。
186. ポールMerkur Lekarski。 3月2010日; 28(165): 236-8。
187. Eur J Clin Nutr。 5月2010日; 64(5): 495-502
188. Orv Hetil。 11月2003日16日; 144(46): 2271-6。
189. Eur J Nucl Medイメージ投射Molの。 8月2002日; 29(8): 1031-8。
190. Ideggyogy Sz。 5月2003日20日; 56 (5-6): 166-72。
191. Orv Hetil。 2月2001日25日; 142(8): 383-9。
192. J AM Geriatr Soc。 5月1987日; 35(5): 425-30。
193. ArzneimittelForsch。 1976年; 26 (10A): 1947-50年。
194. ArzneimittelForsch。 1976年; 26 (10A): 1945-7年。
195. Orv Hetil。 7月2007日22日; 148(29): 1353-8。
196. Kardiologiia。2007;47(12):20-3.
197. Ther。 掛けられる。 1980;28(3):98-104.
198. ArzneimittelForsch。 1976年; 26 (10A): 1980-4年。
199. J Neuroimaging。 10月1998日; 8(4): 197-204。
200. 日本Rinsho。 2月 1985日; 43(2): 376-8。
201. Therは掛かった。 1985;33(1):13-21.
202. Phytomedicine。 3月2009日; 16 (2-3): 111-7。
203. 頭脳Res。 8月2001日3日; 909 (1-2): 59-67。
204. Neurochem Res。 12月1999日; 24(12): 1585-91。
205. 栄養物。 2003日11月12月; 19 (11-12): 957-75。
206. Eur J Pharmacol。 1990年の10月23日; 187(3): 537-9。
207. Int Clin Psychopharmacol。 10月1987日; 2(4): 325-31。
208. Pharmacol Biochem Behav。 1月1987日; 26(1): 183-6。
209. Eur J Clin Pharmacol。 1985;28(5):567-71.
210. Altern MedのRev. 6月1999日; 4(3): 144-61。
211. Int Clin Psychopharmacol。 1991ばね; 6(1): 31-43。
212. 精神薬理学。 1990;101(2):147-59.
213. Ideggyogy Sz。 3月2012日30日; 65 (3-4): 115-20。
214. Ideggyogy Sz。 7月2007日30日; 60 (7-8): 301-10。
215. Proc国民のAcad Sci 米国。 5月2010日25日; 107(21): 9795–9800
216. Proc国民のAcad Sci 米国。 6月2010日1日; 107(22): 9921–9922.
217. 科学。 8月1983日12日; 221(4611): 614-20。
218. J Pediatr。 11月2006日; 149 (5つのSuppl): S131-6.
219. 胃腸病学。 11月2009日; 137 (5つのSuppl): S119-28.
220. 頭脳Res。 12月2007日; 1186:242-54。
221. Memを学びなさい。 3月2008日5日; 15(3): 153-62。
222. 方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 9月2006日; 28のSuppl B: 1-56。
223. Clin Exp. Hypertens。 2002日10月11月; 24 (7-8): 697-713。
224. NutrのRev。 10月1994日; 52(10): 327-39。
225. 連邦機関Proc。 12月1982日; 41(14): 3015-21。
226. Biochim Biophysのアクタ。 8月1998日28日; 1393 (2-3): 223-34。
227. ダカールMed。 1998;43(1):5-8.
228. Membr MolのBiol。 2000日7月9月; 17(3): 157-64。
229. Jの脂質Res。 3月2003日; 44(3): 567-75
230. J Biol Chem。 6月2003日13日; 278(24): 21851-9。
231. アーチGerontol Geriatr。 1989日11月12月; 9(3): 215-29。
232. Exp. Gerontol。 1984;19(3):171-8.
233. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:308-20; 議論463-5。
234. J Neurochem。 8月1981日; 37(2): 476-82。
235. J Pharmacol Exp. Ther。 12月1979日; 211(3): 472-9。
236. 精神薬理学 (Berl)。 12月2009日; 207(2): 201-12
237. AM J Clin Dermatol。 2005;6(1):39-47.
238. FASEB J. 4月2002日; 16(6): 619-21。
239. フランクのDNA、RNAおよび関連の代謝物質との老化および退化的な病気の新陳代謝のアプローチのB.の核酸療法。 心理的なLibrary、ニューヨーク1968年。
240. 先生のフランク、フランクAging Diet B.の。 ダイヤルの出版物、ニューヨーク1976年。
241. 老化および退化のフランク、B.の核酸および反オキシダント療法は、高貴な健康、株式会社のロング アイランド、NY 1977年予約する。
242. オーストラリアJ Exp. Biol Med Sci, 1928, 5: 47-67.
243. Neurosci Lett。 5月2004日6日; 361 (1-3): 56-9。
244. Eur J Pharmacol。 11月2002日29日; 455 (2-3): 101-7。
245. ZhonghuaイXue Za Zhi。 7月2002日25日; 82(14): 941-4。
246. アクタのPharmacolの罪。 1月2006日; 27(1): 1-26。
247. Neurosignals。 2005;14(1-2):71-82.
248. Curr Alzheimer Res。 9月2007日; 4(4): 386-96。
249. Pharmacol Biochem Behav。 1月2010日; 94(3): 477-81。
250. 細胞のNeurobiol Molの。 2月2008日; 28(2): 173-83。
251. アクタのPharmacolの罪。 12月2000日; 21(12): 1169-73。
252. Pharmacol Biochem Behav。 1995日6月7月; 51 (2-3): 415-9。
253. ナンの牙イKe Da Xue Xue Bao。 2月2008日; 28(2): 225-7。
254. Chem Biolは相互に作用している。 9月2008日25日; 175 (1-3): 396-402。
255. ナンの牙イKe Da Xue Xue Bao。 11月2006日; 26(11): 1660-2。