骨及び接合箇所の健康

1. アクタObstet Gynecol Scand。 4月1993日; 72(3): 148-56。
2. Rheum Dis Clin N AM 33 (2007) 149-176
3. Eur J Clinは投資する。 10月1988日; 18(5): 529-34。
4. 骨。 3月2001日; 28(3): 327-31。
5. EndocrのRev. 2月2011日; 32(1): 31-63。
6. J Osteoporos。 2011年; 2011:108324。 doi: 10.4061/2011/108324. Epub 11月2011日1.日。
7. J Endocrinol。 3月2002日; 172(3): 673-81。
8. Gynecol Obstet Fertil。 9月2007日; 35(9): 785-90。
9. J Prosthetの凹み。 1月1995日; 73(1): 65-72。
10. AM J Clin Nutr。 9月2000日; 72(3): 681-9。
11. Clinカルシウム。 10月2006日; 16(10): 1624-31。
12. J Nutrの年長者。 2008;27(1-2):3-27.
13. CalcifのティッシュInt。 2月2011日; 88(2): 117-29。
14. Clin Ter。 2009;160(2):105-9.
15. スポーツMed。 2009;39(6):439-68.
16. J AM Geriatr Soc。 11月2005日; 53(11): 1875-80。
17. J Clinは投資する。 12月2006日; 116(12): 3150-9。
18. 細胞MolのEndocrinol。 12月2011日5日; 347 (1-2): 48-54。
19. 骨抗夫。 12月1994日; 27(3): 235-47。
20. Biorheology。 2002;39(1-2):237-46.
21. 薬剤の老化すること。 2月2010日1日; 27(2): 95-115
22. Magnesの跡Elem。 1990;9(2):61-9.
23. Curr Pharm Des。2003;9(32):2687-704.
24. アンNutr Metab。 2002;46(6):249-53.
25. J Int Med Res。 2007日9月10月; 35(5): 692-5。
26. J Nutr。 7月1994日; 124(7): 1060-4。
27. Food Sci Nutr CritのRev。 2006;46(8):621-8.
28. Magnes Res。 6月1993日; 6(2): 155-63。
29. J Reprod Med。 1990年はよろしいです; 35(5): 503-7。
30. J Clin Endocrinol Metab。 6月2010日; 95(6): 2630-3。
31. AM J Clin Nutr。 3月1995日; 61 (3つのSuppl): 638S-45S.
32. アンNutr Metab。 2009;54(3):218-26 
33. 有毒なSci。 7月2006日; 92(1): 286-94 
34. 栄養の 補足のためのPDR、第1 ED。 Montvale、NJ: 医学の経済学Co.; 2001:288-95.
35. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 10月1999日; 45(5): 509-17。
36. 方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 9月1995日; 17(7): 437-42。
37. Scand J Gastroenterol。 2010;45(2):133-8.
38. Osteoporos Int。 7月2009日; 20(7): 1175-82。  
39. 中心の失敗を混雑させなさい。 2006日1月2月; 12(1): 9-13。
40. Br JのスポーツMed。 9月2006日; 40(9): 773-8.
41. 前部Biosci。 5月2004日1日; 9:1278-93。
42. 南Med J. 12月2001日; 94(12): 1195-201。
43. 栄養の 補足のためのPDR、第1 ED。 Montvale、NJ: 医学の経済学Co.; 2001:60-3.
44. 健康Perspectを囲みなさい。 11月1994日; 102 Supplの7:59 - 63。
45. 。 2月2003日; 32(2): 127-35。
46. Magnes Res。 9月1993日; 6(3): 247-9。
47. Biolの跡Elem Res。 6月2009日; 128(3): 239-47。
48. 健康Perspectを囲みなさい。 11月1994日; 102 Supplの7:83 - 5。
49. Food Sci Nutr CritのRev.. 2003;43(2):219-31.
50. Progの食糧Nutr Sci。 1993日10月12月; 17(4): 331-49。
51. NutrのRev. 4月2008日; 66(4): 183-91。
52. Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2001;19(3):146-9.
53. Osteoporos Int。 7月2007日; 18(7): 963-72。、
54. Jは抗夫Resの骨を抜く。 4月2007日; 22(4): 509-19。
55. Menaquinone-7として自然なビタミンK2。 モノグラフ2006年4月
56. 血。 4月2007日15日; 109(8): 3279-83。
57. Vitam Horm。 2008;78:393-416.
58. Currの薬剤Saf。 1月2006日; 1(1): 87-97。
59. Progの食糧Nutr Sci。 1992日10月12月; 16(4): 307-43
60. Valensa。 (ファイルのデータ。) 2011年。
61. Altern MedのRev. 4月2010日; 15(1): 84-6。
62. J AM Coll Nutr。 2月2007日; 26(1): 39-48。
63. Curr Med Chem。 2009;16(14):1718-45.
64. Curr Rheumatol Rep。 2月2003日; 5(1): 7-14。
65. Nutr J。 2008;7:3.
66. AM J Phys Med Rehabil。 4月2005日; 84(4): 278-83; クイズ84、93。
67. 世界J Gastroenterol。 2月2007日14日; 13(6): 945-9。
68. J Nutr Biochem。 5月2010日; 21(5): 381-9。
69. Wien Med Wochenschr。 2002;152(15-16):373-8. 
70. J Ethnopharmacol。 9月2006日19日; 107(2): 249-53。
71. Biochem Molの細胞。 8月2011日; 354 (1-2): 189-97。
72. 食糧MolのNutrのRes 2月2006日; 50(2): 115-22。
73. ADV Ther。 10月2011日; 28(10): 894-906。
74. Scandアクタの獣医。 11月2008日7日; 50:45。
75. Nutr J. 10月2008日27日; 7:31。
76. それからMiljkovic Dの(1999年の)ほう素および炭水化物の複合体および使用。 U.S. パテント# 5,962,049。
77. Miljkovic ND、Miljkovic DA、Ercegan GMの(カルシウムFructoborateの2002年の)骨関節炎および補足: オープン ラベルの調査。 FutureCeuticalsの内部調査。
78. で利用できる: http://www.futureceuticals.com/pdfs/r_d_section/fc_research_page/by_product/fruitex_b/5._fruitexb_increases_bone_density-r_d.pdfは2012年に12月17日アクセスした。
79. Int J Med Sci. 2009;6(6):312-21.
80. Proc国民のAcad Sci米国。 10月1986日; 83(19): 7443-6。
81. Int Immunopharmacol。 1月2011日; 11(1): 12-8。
82. Int J Clin Pharmacol Res。 2002;22(3-4):101-10.
83. ImmunolのRev.. 2005;206:232-59.
84. JはPharmacol Therを診察する。 8月2005日; 28(4): 385-90。
85. JはPharmacol Therを診察する。 6月2007日; 30(3): 275-8。
86. Toxicolの機械式方法. 2007;17(4):189-96.
87. J Anim Physiol Anim Nutr (Berl)。 Epub 5月2011日30日。
88. JはPharmacol Therを診察する。 12月2009日; 32(6): 577-84。
89. http://www.koact.net/index.php?id=scienceは2012年に12月17日アクセスした。
90. BMJ. 6月2005日18日; 330(7505): 1400-1。
91. J Clin Endocrinol Metab。 5月2005日; 90(5): 2816-22。
92. 共同骨の脊柱。 7月2004日; 71(4): 261-3。
93. Int Immunopharmacol。 3月2009日; 9(3): 313-8。
94. Clin Rheumatol。 8月2009日; 28(8): 931-463。
95. Chandran B、Chakkiath VK、トマスSPO。 多中心の、Biocurcumax (BCM-95®)の効力そして安全を査定するためにランダム化された、制御された人間の臨床調査はdiclofenacナトリウムと比較した。 出版物のために堤出される。 2009.
96. インドJ Pharm Sci。 2008日7月8月; 70(4): 445-9。
97. http://www.docstoc.com/docs/57587485/Nutraceutical-Composition-Comprising-Soluble-Keratin-Or-Derivative-Thereof---Patent-7579317は2012年に12月18日アクセスした。
98. Biol Pharm Bull。 9月2003日; 26(9): 1283-8。
99. 生命Sci。 6月2003日13日; 73(4): 471-85。
100. Pharmacol Molの。 6月2006日; 69(6): 1783-90。
101. Mapoの苦痛医院、ソウル。 2001年11月。 Scigenic Co.の製造業者から得られるLtd. Unpublished調査のレポート。
102. J Agricの食糧Chem。 11月2008日26日; 56(22): 10582-93。
103. Nutr J. 1月2008日21日; 7: 3。
104. Curr Med Res Opin。 5月2008日; 24(5): 1485-96。
105. Int Jの 食糧 Sci Nutr。 2009年; 60 Supplの2:99 - 113。
106. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 3月2008日; 294(3): H1365-70.
107. Clin Immunol。 7月2008日; 128(1): 66-74。 Epub 5月2008日14日。
108. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 12月2004日; 1(3): 251-7。
109. Clin Exp. Rheumatol。 2006日1月2月; 24(1): 25-30。
110. Clin Rheumatol。 10月2004日; 23(5): 410-5。
111. 関節炎Res Ther。 2007年; 9(6): R117.
112. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 6月2007日; 4(2): 219-24。
113. NイギリスJ Med。 2月2006日23日; 354(8): 795-808。
114. Eksp Klin Farmakol。 2002日11月12月; 65(6): 67-9。
115. Fortschr Med。 1980年の6月5日; 98(21): 801-6。
116. 骨関節炎の軟骨。 6月2003日; 11(6): 424-32。
117. 骨関節炎の軟骨。 11月1998日; 6(6): 427-34。
118. Rheumatol Int。 1月2007日; 27(3): 213-8。 
119. 関節炎のRheum。 2月2007日; 56(2): 555-67。