アミノ酸

1. PhysiolのRev.4月1998日; 78(2): 547-81。
2. アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。
3. 傾向の細胞Biol。 10月2011日; 21(10): 569-76。
4. ZhonghuaイXue Za Zhi (台北)。 5月2001日; 64(5): 259-70。
5. AM J Physiolの細胞Physiol。 2月2007日; 292(2): C670-86. 
6. Proc国民のAcad Sci米国。 4月1997日1日; 94(7): 3064-9。
7. アンN Y Acad Sci。 11月1998日20日; 854:118-27。
8. Jの脂質Res。 4月2004日; 45(4): 729-35。
9. 新陳代謝。 12月1997日; 46(12): 1454-7。
10 機械式の老化するDev。 10月1995日13日; 84(2): 103-12。
11. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
12. Biochim Biophysのアクタ。 6月2000日26日; 1486(1): 1-17。
13. AM J Clin Nutr。 12月2007日; 86(6): 1738-44。
14. J Neurosci Res。 8月2006日1日; 84(2): 398-408。
15. アクタDiabetol。 10月2003日; 40のSuppl 1: S106-13.
16. Biochim Biophysのアクタ。 6月2000日26日; 1486(1): 1-17。
17. Clin Pharmacokinet。 9月2012日1日; 51(9): 553-72。
18. Exp. Physiol。 10月2008日; 93(10): 1139-46。
19. Neurochem Res。 4月2009日; 34(4): 755-63。
20. アンN Y Acad Sci。 11月2004日; 1033:117-31。
21. Proc国民のAcad Sci 米国。 2月2002日19日; 99(4): 1876-81。
      誤りの: Proc国民のAcad Sci米国5月2002日14日; 99(10): 7184。
22. J Neurochem。 8月2010日; 114(3): 820-31。
23. Neuropsychopharmacology。 4月2003日; 28(4): 683-93。
24. Neuropsychopharmacology。 9月2002日; 27(3): 410-20。
25. Geriatr Gerontol Int。 7月2010日; 10のSuppl 1: S99-106.
26. Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 551-67。
27. Neurochem Res。1月1995日; 20(1): 1-9。
28. J Int SocのスポーツNutr。 4月2009日2日; 6: 9。
29. J Int SocのスポーツNutr 10月2010日28日; 7:35。
30. Int JのスポーツNutr Exerc Metab.2008 2月; 18(1): 19-36。
31. Med SciのスポーツExerc。 9月2001日; 33(9): 1415-22。
32. J Neurosci Res。 10月2001日15日; 66(2): 266-71。
33. J Neurosci Res。 11月1991日; 30(3): 555-9。
34. Eur J Pharmacol。 7月1992日21日; 218(1): 117-21。
35. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 4月2010日; 12(4): 503-35。
36. J Biol Chem。 8月2009日21日; 284(34): 22840-52。
37. Nutr Metab (Lond)。 4月2010日16日; 7:30。
38. Neurochem Res。 12月2010日; 35(12): 1880-915。
39. アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。
40. Clin Nutr。 10月2005日; 24(5): 794-800。
41. J Gerontol Biol Sci Med Sci。 10月2008日; 63(10): 1027-33。
42. AM J Physiolの細胞Physiol。 2月2007日; 292(2): C670-86.
43. 機械式の老化するDev。 2010日7月8月; 131 (7-8): 473-9。
44. Sciを老化させるCurr。 3月2008日; 1(1): 10-21。
45. Biochim Biophysのアクタ。 10月2012日; 1821(10): 1341-9。
46. AM J Clin Nutr。 1月2009日; 89(1): 71-6。
47. Transl Res。 11月の2012日5.日pii: S1931- 5244(12) 00367-2。
48. Biochem J. 1月2012日15日; 441(2): 523-40。
49. Critの心配Med。 1月2013日; 41(1): 177-89。
50. Autophagy。 1月2013日1日; 9(1): 112-4。
51. J Nutr Biochem。 8月2007日; 18(8): 533-40。
52. J Vasc Res。 2007;44(5):354-64.
53. 自由なRadic Res。 8月2007日; 41(8): 884-91。
54. 実験室は投資する。 5月2011日; 91(5): 704-10。
55. Eur J Nutr。 2月2012日; 51(1): 1-18。
56. Curr Opin Gastroenterol。 3月2012日; 28(2): 166-76。
57. 薬剤Exp. Clin Res. 1994;20(4):169-76.
58. Biogerontology。 4月2007日; 8(2): 129-37。
59. アーチBiochem Biophys。 7月2004日1日; 427(1): 110-5。
60. Exp. Gerontol。 4月2009日; 44(4): 237-42。 Epub 11月2008日11.日。
61. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:285-94。
62. Biosci BiotechnolBiochem。 1月2002日; 66(1): 36-43。
63. Nephron Clin Pract。 2007年; 107(1): c26-34.
64. PeritのダイヤルInt。 2007日1月2月; 27(1): 86-9。
65. アンN Y Acad Sci。 5月2006日; 1067:369-74。
66. 蛋白質J. 3月2011日; 30(3): 149-58。
67. 掛かるアクタBiol。 6月2009日; 60(2): 137-48。
68. 前部老化するNeurosci。 3月2010日18日; 2: 10。
69. 自由なRadic Biol Med。 3月2010日1日; 48(5): 727-35。
70. Biochim Biophysのアクタ。 5月2009日; 1792(5): 432-43。
71. J Alzheimers Dis。 2009;16(4):859-64.
72. 生命Sci。 3月2002日1日; 70(15): 1789-99。
73. アーチGerontol Geriatr。 1999日9月10月; 29(2): 107-13。
74. AM J Physiol。 1月1997日; 272 (1つのPt 2): H462-8.
75. Diabetologia。 10月2002日; 45(10): 1457-62。
76. Pathol Biol (パリ)。 12月2003日; 51(10): 543-9。
77. 頭脳Resの頭脳ResのRev. 3月2003日; 41 (2-3): 306-23。
78. 関節炎のRheum。 4月2004日; 50(4): 1207-15。
79. Medの仮説。 2004;62(2):275-9.
80. J Physiol Pharmacolはできる。 10月2000日; 78(10): 848-55。
81. アンN Y Acad Sci。 4月2001日; 928:48-53。
82. 関節炎のRheum。 1月2002日; 46(1): 114-23。
83. J InvestDermatol。 8月2002日; 119(2): 489-98。
84. 久留米Med J。2002;49(1-2):7-13.
85. Curr Pharm Des。 2008;14(10):946-52.
86. 新陳代謝。 10月2008日; 57(10): 1452-7。
87. Folia Med (プロヴディフ)。 1997;39(4):5-10.
88. Nat. Med。 3月2003日; 9(3): 294-9。
89. J Biol Chem。 4月2006日7日; 281(14): 9307-13。
90. 糖尿病のMetab ResのRev. 10月2009日; 25(7): 647-56。
91. 7月8月糖尿病のMetab Resの Rev. 2004日; 20(4): 330-6。
92. Srp Arh CelokのLek。 2009日11月12月; 137 (11-12): 594-600。 セルビア人。
93. Int J Clin Pharmacol Ther。 2月2005日; 43(2): 71-7。
      誤りの: Int J Clin Pharmacol Ther。 6月2005日; 43(6): 304。
94. Altern MedのRev. 12月2002日; 7(6): 512-22。
95. Biomed Pharmacother。 11月2002日; 56(9): 439-45。
96. Zh Evol Biokhim Fiziol。 2008日5月6月; 44(3): 234-40。
97. AM J Obstet Gynecol。 2月1996日; 174(2): 779-82。
98. Curr Vasc Pharmacol。 11月2011日21日。 [印刷物に先んじるEpub]
99. Biochem Biophys Res Commun。 11月2011日4日; 414(4): 660-3。
100. Aktuelle Urol。 8月2009日; 40(4): 235-41。
101. Biorheology。 2009;46(2):107-19.
102. Bull Mem Acad R Med Belg。 2006;161(10-12):529-36; 議論536-7。
103. J Physiol Pharmacolはできる。 2005日8月9月; 83 (8-9): 681-700。
104. J Thorac Cardiovasc Surg。 8月1995日; 110(2): 302-14。
105. Biochem Biophys Res Commun。 6月1988日30日; 153(3): 1251-6。
106. J Nutr。 11月2000日; 130(11): 2626-9。
107. Clin Cardiol。 3月2000日; 23(3): 205-10。
108. Hypertensの妊娠. 2007;26(1):121-30.,
109. AM J Physiol Endocrinol Metab。 11月 2006日; 291(5): E906-12.
110. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2007日; 10(1): 80-7。
111. アミノ酸。 7月2009日; 37(2): 323-31。
112. 栄養物。 2006日7月8月; 22 (7-8): 705-12。
113. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2004日; 7(1): 45-51。
114. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 3月2003日; 6(2): 223-8。
115. 腸。 1月1994日; 35 (1つのSuppl): S42-5.
116. Surg Clinの北AM。 6月2003日; 83(3): 571-96。
117. Clin Nutr。 2月1993日; 12(1): 61-2。
118. Isr Med Assoc J. 9月2002日; 4(9): 713-6
119. アンSurg。 9月2002日; 236(3): 369-74; 議論374-5。
120. AM J Clin Nutr。 2月1997日; 65(2): 512-8。
121. Eur J Clin Nutr。 8月2000日; 54(8): 615-7。
122. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2000日; 3(1): 59-66。
123. J Nutr。 5月1998日; 128(5): 797-803。
124. J Parenter Enteral Nutr。 1995日5月6月; 19(3): 227-30。
125. アンFr Anesth Reanim。 1995年; 14のSuppl 2:102-6。
126. Jの強さCond Res。 4月2010日; 24(4): 1082-90。
127. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2008日; 11(1): 50-4。
128. JのスポーツMed Physの適性。 1989;29(1):52-6.
129. 焼跡Incl Therm Inj。 1987;13(5):349-56.
130. CRCは Boca Ratonの1997年の ページを130押す
131. 栄養物。 1991;7(5):313-22
132. Clin Nutr。 1999;18(4):209-17.
133. Endokrynolポール。 1986;37(1):11-5.
134. Jの外傷。 1984;24(7):590-6.
135. Medの仮説。 5月2001日; 56(5): 610-3。
136. Pathol Molの。 10月2003日; 56(5): 270-4。
137. Eur Jのハム雑音Genet。 1月2003日; 11(1): 23-9。
138. アクタBiochimポール。 2004;51(2):405-13.
139. Biol Chem。 3月2009日; 390(3): 191-214。
140. AviatスペースはMedを囲む。 12月2008日; 79(12): 1106-11。
141. Int J GEN Med。 1月2011日25日; 4:105-13。
142. Cardiovasc Toxicol。 3月2011日; 11(1): 1-9。
143. Clin Pharmacokinet 2月1991日; 20(2):123-34
144. 胸郭。 1月1991日; 46(1): 39-42。
145. 酸化還元反応Rep. 2009;14(3):115-24.
146. Curr Opin Pharmacol。 8月2007日; 7(4): 355-9。 Epub 6月2007日29日。
147. 血Purif。 2007;25(4):309-15.
148. 腎臓Int。 8月2007日; 72(3): 359-63。
149. 腎臓Int。 8月2007日; 72(3): 231-2。
150. BMC Neurosci。 12月2007日6日; 8:106。
151. Biochem Pharmacol。 2月2008日1日; 75(3): 773-80。
152. 健康Perspectを囲みなさい。 1月2008日; 116(1): 26-31。
153. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 8月2008日; 18(4): 379-88。
154. Altern MedのRev. 10月2000日; 5(5): 467-71。
155. Clin Toxicol (Phila)。 8月2011日; 49(7): 643-7。
156. 小脳。 19:1-7年1月2007日。
157. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 10月2011日1日; 15(7): 1957-97年。
158. Mutat Res。 12月2005日11日; 591 (1-2): 74-92。
159. FEBS Lett。 8月2005日1日; 579(19): 4081-7。
160. FEBS J. 1月2009日; 276(1): 58-75。
161. Toxicol Sci。 12月2007日; 100(2): 513-24。 Epub 9月2007日22日。
162. Clin Chimのアクタ。 1月2003日; 327 (1-2): 187-8。
163. Proc国民のAcad Sci米国。 6月1991日1日; 88(11): 4656-60。
164. 植物Physiol。 1月2011日; 155(1): 2-18。
165. AM J Clin Nutr 5月2000日; 71(5): 1194-200。
166. Nutrの蟹座. 2001;40(2):205-10.
167. J Nutr。 2月2002日; 132(2): 307-9。
168. アンBiol Clin。 1996; 54:5,181-7.
169. AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 2月2009日; 296(2): G348-55.
170. Cytokine。 10月2008日; 44(1): 92-5。
171. ZhongguoイXue Ke Xue元Xue Bao。10月2000日; 22(5): 425-7。
172. JPEN J Parenter Enteral Nutr。 2003日7月8月; 27(4): 241-5。
173. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 9月2006日; 9(5): 607-12。
174. アミノ酸。1999;17(3):227-41.
175. Br J Nutr。 1月2002日; 87のSuppl 1: S3-8.
176. スポーツMed。 9月1998日; 26(3): 177-91。
177. AM J Clin Nutr。 11月2008日; 88(5): 1284-90。
178. J Parenter Enteral Nutr。 2003日7月8月; 27(4): 241-5。
179. NutrのRev. 5月1993日; 51(5): 152-5。
180. J Nutr。 9月2001日; 131 (9つのSuppl): 2488S-90S; 議論2496S-7S。
181. NMR Biomed。 4月1991日; 4(2): 59-63。
182. Biomed Pharmacother。 11月2002日; 56(9): 446-57。
183. Braz J Med Biol Res。 2月2003日; 36(2): 153-63。
184. 細胞Biochem Funct。 3月2003日; 21(1): 1-9。
185. 栄養物。 2月2002日; 18(2): 130-3。
186. 栄養物。 1997日7月8月; 13 (7-8): 738-42。
187. Cytokine。 4月2002日21日; 18(2): 92-7。
188. Int J Biochemの細胞Biol。 5月2002日; 34(5): 439-58。
189. 世界J Gastroenterol。 10月2005日21日; 11(39): 6197-201。
190. Clin Nutr。 8月2003日; 22(4): 407-13。
191. AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 8月2003日; 285(2): G266-73.
192. Nephron。 2月2001日; 87(2): 148-54。
193. DOC Ophthalmol。 1995;90(4):395-404.
194. 栄養物。 1992;8:400-5
195. J AM Coll Nutr。 1997;16:7–21.
196. AM J Ther。 2003日1月2月; 10(1): 51-7。
197. Biomed Res。 4月2007日; 28(2): 85-90。
198. Jの精神医学Neurosci。 5月2001日; 26(3): 247-51。
199. アクタPaediatr Suppl。 12月1994日; 407:86-8。
200. Med SciのスポーツExerc。 12月2001日; 33(12): 2104-10。
201. 頭脳Res Bull。 1月1999日15日; 48(2): 203-9。
202. Pharmacol Biochem Behav。 7月1976日; 5(1): 47-53。
203. Clin Neuropharmacol。 2000日7月8月; 23(4): 212-5。
204. AviatスペースはMedを囲む。 5月1992日; 63(5): 364-9。
205. J Biomed Sci。 8月2010日24日; 17のSuppl 1: S1.
206. Nutr Hosp。 2002日11月12月; 17(6): 262-70。
207. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 11月2006日; 9(6): 728-33
208. 循環。 4月2004日20日; 109(15): 1877-85。
209. 中心の容器。 5月2004日; 19(3): 125-31。
210. J Neurosci Res。 11月2001日15日; 66(4): 612-9。
211. アミノ酸 8月2008日; 35(2): 469-73。
212. Nutr Hosp。 2002日11月12月; 17(6): 262-70。
213. ADV Exp. Med Biol。 1998;442:463-76.
214. Altern MedのRev. 4月1998日; 3(2): 128-36。
215. J Parenter Enteral Nutr。 1998日1月2月; 22(1): 42-8。
216. AM J Disの子供。 12月1991日; 145(12): 1401-4。
217. アーチLatinoam Nutr。 6月1991日; 41(2): 139-51。
218. Prev Med。 1月1989日; 18(1): 79-100。
219. J Nutr。 4月2001日; 131(4): 1171-6。
220. 外科。 8月1981日; 90(2): 237-43。
221. J Comp Neurol。 9月2004日27日; 477(4): 360-70。
222. J Neurosurg Anesthesiol。 10月2007日; 19(4): 243-8。
223. 栄養物。 1996日7月8月; 12 (7-8): 485-90。
224. J Nutr。 6月2004日; 134 (6つのSuppl): 1583S-1587S.
225. Eur J Appl Physiol Occup Physiol。 1994;69(1):26-31.
226. アクタPhysiol Scand。 11月1992日; 146(3): 293-8。
227. JのスポーツMed Physの適性。 9月2000日; 40(3): 240-6。
228. スポーツMed。 6月1999日; 27(6): 347-58。
229. J Nutr。 2月2006日; 136(2): 544S-547S.
230. Int JのスポーツMed。 6月2007日; 28(6): 531-8。
231. JのスポーツMed Physの適性。 9月2007日; 47(3): 316-22。
232. J Biosci Bioeng. 2002;93:95-97.
233. Bioresour Technol。 5月2007日; 98(8): 1675-9。
234. 微生物学。 5月2009日; 155 (Pt 5): 1726-37
235. Biofactors。 2006;26(3):201-8.
236. J Physiol。 11月2012日15日; 590 (Pt 22): 5749-64。 doi: 10.1113/jphysiol.2012.241299.
237. 苦痛。 11月2010日; 151(2): 356-65。
238. J Pharmacol Sci。 2012;118(2):145-8.
239. 専門家のOpinの薬剤Metab Toxicol。 4月2007日; 3(2): 159-68。
240. Currの薬剤Metab。 2011;12(2):104-23.
241. アクタEndocrinol (Copenh)。 1980年の3月; 93(3): 283-6。
242. PLoS 1。 2011年; 6(9): e25076.
243. 精神医学Clin Neurosci。 3月2011日; 65(2): 142-9。
244. 睡眠。 11月2008日; 31(11): 1483-6。
245. J Clin Psychopharmacol。 12月1999日; 19(6): 506-12。
246. Endocrinologie。 1979日7月9月; 17(3): 201-4。
247. 神経伝達物質としてグリシン。 Psychopharmacaology: 進歩の生成。 ニューヨーク: ワタリガラスの出版物; 1978, 333-46.
248. Bioprocess Biosystイギリス。 9月2011日25日。 [印刷物に先んじるEpub]
249. AM J Clin Nutr。 12月 2002日; 76(6): 1302-7。
250. J Endocrinolは投資する。 2003年; 26 (10のSuppl): 16-26。
251. Psychiatrポール。 2010日5月6月; 44(3): 395-404。
252. 苦痛。 4月2011日; 152(4): 809-17。
253. 睡眠。 11月2008日1日; 31(11): 1487–1491.
254. Nutr Neurosci。 10月2003日; 6(5): 269-75。
255. Antimicrobの代理店Chemother。 10月2004日; 48(10): 3782-8。
256. Alerg Mex Rev。 2006日11月12月; 53(6): 212-6。
257. 細胞Biochem Funct。 2004日3月4月; 22(2): 123
258. Pharmazie。 1月2004日; 59(1): 55-60。
259. 精神医学 Res。 8月2009日30日; 173(2): 143-149.
260. Biolの精神医学 1月2004日15日; 55(2): 165-71