炎症性反作用

1. Curr Alzheimer Res。 4月2007日; 4(2): 117-22。
2. JAMA. 2月2004日11日; 291(6): 704-10。
3. アンのRheum Dis。 2月2004日; 63(2): 200-5。
4. Biolの精神医学。 9月2003日1日; 54(5): 566-72。
5. ImmunolのアレルギーのClinの北AM。 2月2003日; 23(1): 15-39。
6. アンN Y Acad Sci。 12月2004日; 1035:104-16。 検討。
7. Phys Sportsmed。 12月2008日; 36(1): 11-7。
8. プロスタグランジン他の脂質Mediat。 12月2008日; 87 (1-4): 14-9
9. Neurobiolの老化。 9月2007日; 28(9): 1457-62。
10. Cardiovascの精神医学Neurol. 2009;2009:174657.
11. 自由なRadic Biol Med。 7月2009日1日; 47(1): 62-71。
12. 若返りRes。 2月2009日; 12(1): 15-24。
13. で利用できる: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/lcod.htm。 2011年7月29日アクセスされる。
14. Curr Opin Investigは薬剤を入れる。 11月2009日; 10(11): 1163-72。
15. 発癌。 9月2006日; 27(9): 1902-8年。
16. Clinの蟹座Res。 3月2005日1日; 11(5): 2089-96年。
17. Wien Med Wochenschr。 2002;152(15-16):373-8.
18. J Ethnopharmacol。 9月2006日19日; 107(2): 249-53。
19. Biochem Molの細胞。 8月2011日; 354 (1-2): 189-97。
20. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 3月2008日; 294(3): H1365-70.
21. Clin Immunol。 7月2008日; 128(1): 66-74。 Epub 5月2008日14日。
22. Br JのスポーツMed。 8月2004日; 38(4): 431-5。
23. アクタChir Orthop Traumatol Cech. 2001;68(1):45-9.
24. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 12月2004日; 1(3): 251-7。
25. Clin Exp. Rheumatol。 2006日1月2月; 24(1): 25-30。
26. Clin Rheumatol。 10月2004日; 23(5): 410-5。
27. Int Immunopharmacol。 3月2009日; 9(3): 313-8。
28. Clin Rheumatol。 8月2009日; 28(8): 931-463。
29. Chandran B、Chakkiath VK、トマスSPO。 多中心の、Biocurcumax (BCM-95®)の効力そして安全を査定するためにランダム化された、制御された人間の臨床調査はdiclofenacナトリウムと比較した。 出版物のために堤出される。 2009.
30. Biomed Pharmacother。 10月2002日; 56(8): 365-79。
31. PrzeglのLek。 2007;64(2):91-9.
32. Minerva Pediatr。 4月2008日; 60(2): 219-33。
33. JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1440-6。
34. Int J Epidemiol。 2月1997日; 26(1): 155-9。
35. NイギリスJ Med。 6月2003日26日; 348(26): 2599-608。
36. Br J Nutr。 12月2000日; 84のSuppl 2: S205-9.
37. Clin Intervの老化。 2008;3(1):97-109.
38. JAMA. 9月2004日22日; 292(12): 1433-9。
39. AM J Clin Nutr。 4月2000日; 71(4): 987-92。
40. AM J Clin Nutr。 6月2008日; 87(6): 1991S-6S.
41. Curr Atheroscler Rep。 12月2008日; 10(6): 503-9。
42. 公衆衛生Nutr。 12月2006日; 9 (8A): 1136-40。
43. AM J Prev Med。 11月2005日; 29(4): 335-46。
44. J AMの食事療法Assoc。 3月2005日; 105(3): 428-40。
45. 小型Rev. Med Chem。 10月2004日; 4(8): 859-71。
46. Nursの立場。 8月2004日11-17日; 18(48): 38-42。
47. Cleve Clin J Med。 3月2004日; 71(3): 208-10、212の215-8 passim。
48. J Nutrの健康の老化. 2001;5(3):144-9.
49. Inflamm Res。 2月2001日; 50(2): 102-6。
50. アーチのインターンMed。 3月2000日27日; 160(6): 837-42。
51. Biochem Biophysのアクタ。 6月2004日1日; 1682 (1-3): 80-91。
52. Chimの肛門のアクタ。 2月2007日5日; 583(2): 402-10。
53. J Agricの食糧Chem。 9月2007日5日; 55(18): 7609-14。
54. 脂質。 11月2001日; 36(11): 1195-202。
55. Eur Jの蟹座。 6月2000日; 36(10): 1235-47。
56. 栄養物。 2月2005日; 21(2): 131-6。
57. Pharmacol Molの。 6月2006日; 69(6): 1783-90。
58. Biol Pharm Bull。 9月2003日; 26(9): 1283-8。
59. Curr Rheumatol Rep。 12月2000日; 2(6): 466-71。
60. Curr Rheumatol Rep。 2月2003日; 5(1): 7-14。
61. J Rheumatol。 5月2006日; 33(5): 946-50。
62. インドJ Pediatr。 3月2005日; 72(3): 239-42。
63. Rev. Med Chil。 10月2001日; 129(10): 1203-11。
64. NutrのRev. 9月1986日; 44(9): 285-94。
65. Dement Alzheimers。 11月2010日; 6(6): 456-64。
66. Neurosci Res 10月2006日; 56(2): 159-64。
67. アーチNeurol。12月2005日; 62(12): 1849-53。
68. AM J Clin Nutr。 6月2008日; 87(6): 1616-22。
69. Br J Nutr。 17:1-8年7月2008日。
70. J Nutr Sci Vitaminol [東京]。 12月2003日; 49 [6]: 442-6。
71. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 3月1998日; 58(3): 185-91。
72. J Agricの食糧Chem。 1981日9月10月; 29(5): 1089-91。
73. J Biol Chem 1940;134:781-2.
74. アーチBiochem Biophys 1966;113:251-2.
75. Toxicol Lett 2001;123:169-177.
76. Altern MedのRev。 11月2003日; 8(4): 438-41。
77. 骨関節炎の軟骨。 11月2008日; 16(11): 1277-88。
78. 骨関節炎および軟骨 2006;14:286-94.
79. Int Jの反老化Med 1998;1(1):50.
80. Clinの薬剤は投資する 2004; 24:353-63.
81. イラン J Pharmacol Ther 2004;3:61-5.
82. 実験生物学第69の年次総会のためのアメリカの社会、アナハイム、カリフォルニア、1985年4月21-26日の連合: 概要692。
83. ZhonghuaイXue Za Zhi (台北)。 5月2001日; 64(5): 259-70。
84. Chin J Physiol。 3月2001日31日; 44(1): 1-11。
85. 老化すること (ミラノ)。 1997日2月4月; 9 (1-2): 12-8。
86. J Neurosci Res。 8月2008日1日; 86(10): 2339-52。
87. J Biol Chem。 3月2005日25日; 280(12): 11648-55。
88. 生命は調査を延長後援した #1.
89. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
90. 中国の従来および草の薬剤。 1991;22, 251,268.
91. Wien Med Wochenschr. 2002;152(15-16):373-8.
92. Planta Med。 7月2001日; 67(5): 391-5。
93. Planta Med。 3月2000日; 66(2): 110-3。
94. Eur J Med Res。 11月1998日17日; 3(11): 511-4。
95. Eur J Med Res。 1月1997日; 2(1): 37-43。
96. J Ethnopharmacol。 3月1993日; 38 (2-3): 113-9。
97. J Pharmacol Exp. Ther。 6月1992日; 261(3): 1143-6。
98. Planta Med。 6月1991日; 57(3): 203-7。
99. Biochem Pharmacol。 1月2008日15日; 75(2): 503-13。
100. Biol Pharm Bull。 9月2003日; 26(9): 1342-4。
101. JのNat.突き棒。 2月2002日; 65(2): 179-83。
102. NutrのRev. 1月2004日; 62(1): 18-27。
103. Fortschr Med。 2月1989日10日; 107(4): 71-2.
104. インドJ Pharm Sci。 1月2008日; 70(1): 114-7。
105. J Int Med Res。 1990年の9月10月; 18(5): 379-88。
106. J Biomed Nanotechnol。 12月 2010日; 6(6): 667-74。