ミトコンドリア サポート

1. アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。
2. Postepy Biochem. 2008;54(2):129-41.
3. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
4. Chang Gung Med J.2009日3月4月; 32(2): 113-32。
5. Proc国民のAcad Sci米国。 1997 94:3064-9.
6. アンNY Acad。 Sci。 1998; 854:118-27.
7. Biochim Biophysのアクタ。 6月2000日26日; 1486(1): 1-17。
8. アクタPhysiol Scand。 8月2003日; 178(4): 385-90。
9. Int JのスポーツMed。 5月1998日; 19(4): 231-44。
10. J Biol Chem。 2010. 1月1日; 285:142-152。
11. Alt MedのRev.. 2009; 14(3):268-77.
12. Entrezの遺伝子: PARGC1Aのperoxisome増殖剤活動化させた受容器のガンマ、coactivator 1アルファ[人間] GeneID: 10891.
13. Entrezの遺伝子: CREBBP CREBの結合蛋白質[人間] GeneID: 1387.
14. ハム雑音のGenet Molの。 11月2008日1日; 17(21): 3357-67。
15. ホルモン (アテネ)。 2008日4月6月; 7(2): 123-32。
16. 蛋白質Pept Lett。 2008;15(4):385-91.
17. J Alzheimers Dis。 5月2007日; 11(2): 229-40。
18. アンN Y Acad Sci。 5月2006日; 1067:369-74。
19. Sciの老化の知識は囲む。 5月2005日4日; 2005(18): pe12.
20. 生命Sci。 11月2007日30日; 81 (23-24): 1602-14。
21. J Nutr。 6月2006日; 136(6): 1517-21。
22. J Neuroinflammation。 9月2008日25日; 5:41。
23. 免疫学。 7月2005日; 115(3): 375-87。
24. AM J Respir Critの心配Med。 3月2002日15日; 165(6): 818-23。
25. Eur J Pharmacol。 7月2006日10日; 541 (1-2): 95-105。
26. Neurosci Lett。 12月2008日26日; 448(2): 175-9。
27. Nat. Med。 3月2003日; 9(3): 294-9。
28. アクタDiabetol。 2001;38(3):135-8.
29. 糖尿病。 8月2006日; 55(8): 2231-7。
30. 7月8月糖尿病のMetab Resの Rev. 2008日; 24(5): 371-7
31. Jの脂質Res。 5月2006日; 47(5): 964-74
32. J AM Soc Nephrol。 1月2005日; 16(1): 144-50。
33. 生命Sci。 1988;43(21):1725-31.
34. Biochem Biophys Res Commun。 4月1996日16日; 221(2): 422-9。
35. FASEB J. 2月1999日; 13(2): 411-8。
36. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2000落下; 2(3): 473-83。
37. Biochem Biol MolのInt。 10月1995日; 37(2): 361-70。
38. アーチBiochem Biophys。 3月2004日1日; 423(1): 126-35。
39. 酸化還元反応Rep。 2005;10(1):52-60.
40. Altern MedのRev. 12月2005日; 10(4): 268-93。
41. Neurosci Lett。 1月1994日3日; 165 (1-2): 33-6。
42. Neurochem Res。 1月1995日; 20(1): 1-9。
43. Biochimie。 12月1999日; 81(12): 1131-2。
44. 尖頭アーチ。 3月1989日25日; 1(8639): 642-5。
45. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 7月2010日7.日。
46. 年齢(Dordr)。 3月2010日20日。
47. 老化ResのRev。 6月2010日25日。
48. 細胞の生命MolのSci。 6月2010日25日。
49. ZhonghuaイXue Za Zhi (台北)。 5月2001日; 64(5): 259-70。
50. CardiovascはTherに薬剤を入れる。 11月2004日; 18(6): 421-31。          
51. J Cardiovasc Pharmacol Ther。 6月2006日; 11(2): 119-28。
52. Biochem Biophys Res Commun。 11月2007日16日; 363(2): 257-62。
53. 食糧様式。 2009年; 21: 13(7) 50-3。 [東京]。
54. Biofactors。 1999;9(2-4):371-8.
55. 脂質。 7月1989日; 24(7): 579-84。
56. Med Molの面。 1994年; 15のSuppl: s165-s175.
57. Biotechnol Molの。 9月2007日; 37(1): 31-7。
58. 動物のCoQの全身のレベル: 部II。 出版されていない調査。 Natreon、Inc.; 2007.
59. Pharmacologyonline. 2009;1:817-25.
60. Pharmacologyonline. 2009;2:690-8.
61. 人間工学の電子ジャーナル。 7月2008日15日; 11(3)。
62. 見通しの Ghosal S. Shilajit。 限られるアルファ科学インターナショナル; 2006.
63. Kaneka Corp.の出版されていない調査。 2007.
64. Sciの合計は囲む。 4月1987日; 62:347-54。
65. Sci Technolを囲みなさい。 7月2002日15日; 36(14): 3170-5。
66. Sci Technolを囲みなさい。 5月2002日1日; 36(9): 1939-46年。
67. Sci Technolを囲みなさい。 2月2009日1日; 43(3): 878-83。
68. Regul Toxicol Pharmacol。 2月2007日; 47(1): 19-28。
69. KANEKA CORP。 ラットの反疲労の効果。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
70. Exp. Gerontol。 2月2006日; 41(2): 130-40。
71. Ubiquinolにユビキノンと比較されるより高い生物学的利用能がある。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
72. ubiquinolのためのCOQ10の血しょうレベルは線量を従属的に高めた。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
73. LEFの内部出版されていない調査2006年
74. 皮Pharmacol. 1994;7(5):278-84.
75. 循環。 1月2008日22日; 117(3): 421-8。 Epub 12月2007日24日。
76. Wien Klin Wochenschr。 3月2006日; 118 (3-4): 100-7。
77. Eur J Pharm Sci。 4月1999日; 8(1): 57-65。
78. 自由なRadic Res。 10月2004日; 38(10): 1083-92。
79. Biochem Biol MolのInt。 10月1998日; 46(3): 585-95。
80. AM J Physiol。 7月1997日; 273 (1つのPt 1): E185-E191.
81. Biochem Pharmacol。 2月1996日9日; 51(3): 233-8。
82. Jの細胞MolのCardiol。 9月1995日; 27(9): 1895-903。
83. Z Naturforsch [C]。 1994日9月10月; 49 (9-10): 691-2。
84. Carlson DAの等Lipoic酸: エネルギー生産、酸化防止活動および健康に対する影響。 テイラー及びフランシス島の出版業者; 2008:235-70.
85. MedのRev。 12月2007日; 12(4): 343-51。
86. Int JのスポーツNutr Exerc Metab.2008 2月; 18(1): 19-36。
87. J Physiol。 6月2007日1日; 581 (Pt 2): 431-44。 Epub 3月2007日1.日。
88. Exp. Physiol。 10月2008日; 93(10): 1139-46。
89. Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 533-49。
90. Clin Exp. Pharmacol Physiol。 8月2006日; 33(8): 725-33。
91. 神経薬理学。 8月2008日; 55(2): 223-9。
92. 神経薬理学。 6月2006日; 50(8): 917-23。
93. J Neurosci Res。 11月1991日; 30(3): 555-9。
94. Neurochem Res。 5月1993日; 18(5): 573-8。
95. Biochem Molの細胞。12月2003日; 254 (1-2): 227-34
96. J Int SocのスポーツNutr。 12月2007日3日; 4:22。
97. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 2月2008日; 18(1): 19-36。
98. ResのスポーツMed。 2009日1月3月; 17(1): 1-16。
99. J Int SocのスポーツNutr。 4月2009日2日; 6: 9。
100. Int J Vitam Nutr Res。 5月2009日; 79(3): 131-41。
101. J Int SocのスポーツNutr。 5月2010日6日; 7:16。
102. Int J Vitam Nutr Res。 1月2010日; 80(1): 12-23。
103. J Int SocのスポーツNutr。 10月2010日28日; 7:35。
104. Neurochem Res。 11月2008日1.日[印刷物に先んじるEpub]
105. Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi。 6月2008日; 28(3): 113-20。
106. Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 551-67。
107. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
108. J Appl Physiol。 4月1999日; 86(4): 1191-6。
109. Chem Biolは相互に作用している。 11月2006日7日; 163(3): 192-8。
110. 栄養物。 1月2007日; 23(1): 76-80。
111. AM J Physiolの細胞Physiol。 10月2007日; 293(4): C1395-403.
112. Pharmacol Ther。 1月2007日; 113(1): 154-64。
113. Toxicol Lett。 12月2005日30日; 160(1): 1-7。
114. Chem Biolは相互に作用している。 4月2004日15日; 147(3): 259-71。
115. Chem Biolは相互に作用している。 11月2001日28日; 138(2): 189-98。
116. Neurochem Res。 9月2007日; 32(9): 1552-8
117. 薬剤のMetabのRev。 5月1998日; 30(2): 245-75。
118. 自由なRadic Biol Med. 1997;22(1-2):359-78.
119. 自由なRadic Biol Med。 7月2001日1日; 31(1): 53-61。
120. Z Naturforsch [C]。 1998日3月4月; 53 (3-4): 250-3。
121. 栄養物。 10月2001日; 17(10): 888-95。
122. GEN Pharmacol。 9月1997日; 29(3): 315-31。
123. Biochim Biophysのアクタ 12月1988日16日; 963(3): 558-61
124. Biochem Biophys Res Commun 1990年の6月29日; 169(3): 851 -7。