鉱物

1. J Nutr。 3月1992日; 122(3): 442-9。
2. Proc Soc Exp. Biol Med。 12月1985日; 180(3): 432-46。
3. AM J Clin Nutr。 7月1983日; 38(1): 12-9。
4. AM J Clin Nutr。 9月1979日; 32(9): 1876-80。
5. 尖頭アーチ。 2月1973日10日; 1(7798): 283-8。
6. NイギリスJ Med。 7月1985日11日; 313(2): 70-3。
7. AM J Ther。 11月1999日; 6(6): 313-21。
8. J AM Coll Nutr。 1990年の12月; 9(6): 583-7。
9. Jは抗夫Resの骨を抜く。 6月1988日; 3(3): 253-8。
10. J Clin Endocrinol Metab。 8月1985日; 61(2): 391-3。
11. JAMA. 4月1996日3日; 275(13): 1016-22。
12. FASEB J. 6月2000日; 14(9): 1132-8。
13. J AM Coll Nutr。 2000日11月12月; 19(6): 754-60。
14. Int J Obes Relat Metab Disord。 4月2001日; 25(4): 559-66。
15. FASEB J. 2月2001日; 15(2): 291-3。
16. Jは抗夫Resの骨を抜く。 4月1998日; 13(4): 749-58。
17. AM J Clin Nutr 1987;45:1305-12.
18. Clinica Chimicaのアクタ 2000;294:1-26.
19. アンPharmacother。 2月2002日; 36(2): 255-60。
20. Br JのスポーツMed。 9月2006日; 40(9): 773-8。
21. 中心の失敗を混雑させなさい。 2006日1月2月; 12(1): 9-13
22. Clin Neurosci。 1998;5(1):24-7.
23. Angiology。 7月1994日; 45(7): 637-45。
24. Magnes Res。 6月2006日; 19(2): 113-22。
25. NutrのRev. 9月1995日; 53 (9つのPt 2): S23-S27.
26. J Clin Endocrinol Metab。 8月1998日; 83(8): 2742-8。
27. 薬ワシントンD.C.、の協会: 国民アカデミーの出版物2001年。
28. AM J Clin Nutr。 1月1991日; 53(1): 106-11。
29. 公衆衛生Rep。 1989日9月10月; 104のSuppl: 46-50。
30. J Clin Endocrinol Metab。 9月1994日; 79(3): 730-5。
31. Magnesの跡Elem。 1990;9(2):61-9.
32. Curr Pharm Des。 2003;9(32):2687-704.
33. Biolの跡Elem Res。 28:243-55, 1991.
34. Magnes Res。 6月1993日; 6(2): 155-63。
35. J Reprod Med。 1990年はよろしいです; 35(5): 503-7。
36. Gynecol Endocrinol。 3月1994日; 8(1): 55-8。
37. J Clin Endocrinol Metab。 12月2006日; 91(12): 4866-72
38. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol。 5月2000日; 90(1): 97-101。
39. アーチTierernahr。 1992;42(1):25-35.
40. Jは抗夫Resの骨を抜く。 8月2004日; 19(8): 1221-30。
41. J AM Coll Nutr。 1993;12:384-389
42. Clin Orthop Relat Res。 1974; (103):212-234
43. アクタOrthop Scand。 5月1977日; 48(1): 1-4。
44. アクタMed Scand。 1980;207(1-2):67-70.
45. J Nutr。 7月1994日; 124(7): 1060-4。
46. Critの心配Nurs Q. 2004日1月3月; 27(1): 96-100。
47. Altern MedのRev. 4月1999日; 4(2): 74-85。
48. CalcifのティッシュInt。 1990年はよろしいです; 46(5): 300-4。
49. FASEB J. 11月1987日; 1(5): 394-7。
50. Food Sci Nutr CritのRev。 2003;43(2):219-31.
51. Biolの跡Elem Res。 7月2001日; 81(1): 29-45。
52. 健康Perspectを囲みなさい。 11月1994日; 102 Supplの7:83 - 5。
53. 健康Perspectを囲みなさい。 11月1994日; 102 Supplの7:59 - 63。
54. BMC Musculoskelet Disord。 6月2008日11日; 9:85。
55. Biolの跡Elem Res。 11月2008日27日。 [印刷物に先んじるEpub]
56. 栄養物。 1月2009日2.日[印刷物に先んじるEpub]
57. CalcifのティッシュInt。 8月2008日; 83(2): 81-4。
58. Magnes Res。 9月2004日; 17(3): 197-210。
59. Biofactors。 2004;20(3):161-71.
60. Progの食糧Nutr Sci。 1993日10月12月; 17(4): 331-49。
61. AM J Clin Nutr。 8月2004日; 80(2): 264-70。
62. AM J Clin Nutr。 7月2007日; 86(1): 251-9。
63. J Clinは投資する 1985;76:1536-1538.
64. J Nutr。 9月2003日; 133(9): 2879-82。
65. J Hypertens。 1月2008日; 26(1): 44-52。
66. Magnes Res。 9月2007日; 20(3): 196-9。
67. Magnes Res。 6月2007日; 20(2): 107-29
68. Curr Opin Lipidol。 2月2008日; 19(1): 50-6。
69. Magnes Res。 9月2003日; 16(3): 183-91。
70. J AM Coll Nutr。 1990年の2月; 9(1): 48-55。
71. Fortschr Med。 1990年の9月30日; 108(28): 539-42。
72. Br J Nutr。 11月1997日; 78(5): 737-50。
73. インドJ Assocの医者。 1月2003日; 51:37-42。
74. Clin Cardiol。 6月2000日; 23(6): 433-6。
75. AM J Cardiol。 7月1999日15日; 84(2): 152-6。
76. AM J Cardiol。 3月2003日1日; 91(5): 517-21。
77. Magnes Res。 12月1993日; 6(4): 355-60。
78. 高血圧。 3月1989日; 13(3): 227-32。
79. AM J Hypertens。 7月1988日; 1 (3つのPt 3): 71S-74S.
80. 高血圧。 8月1998日; 32(2): 260-5。
81. 健康Rep。 1994;6(1):22-7.
82. Gribble、G.W. 「自然発生するorganohalogenの混合物–広範囲にわたる調査」。 (1996年)。 有機性天然産物の化学の進歩。 68:1-423.
83. フォンFelig、フィリップ; Frohman、ローレンスA. Endocrinology及び新陳代謝。 (2001年) McGrawの丘の専門家。
84. Horm Metab Res。 9月2005日; 37(9): 555-8。
85. アンNutr Metab。 2003;47(5):183-5.
86. Nutr AnnuのRev。 1999;19:1-16.
87. Jの国民の蟹座Inst。 1月2003日15日; 95(2): 98-100。
88. 甲状腺剤。 10月2002日; 12(10): 867-78。
89. AM J Clin Nutr。 7月2004日; 80(1): 154-62。
90. Zhonghua Yuの牙イXue Za Zhi。 11月1997日; 31(6): 358-61。
91. 東海J Exp. Clin Med。 5月1995日; 20(1): 53-64。
92. AM J Clin Nutr。 5月1989日; 49(5): 862-9。
93. Biolの跡Elem Res。 1990年の2月; 24(2): 109-17。
94. 蟹座Res。 10月2003日15日; 63(20): 6988-95。
95. Medの仮説。 9月1999日; 53(3): 232-5。
96. J Agricの食糧Chem。 5月2001日; 49(5): 2679-83。
97. J AM Coll Nutr。 6月2002日; 21(3): 223-32。
98. 発癌。 9月1996日; 17(9): 1979-82年。
99. J Nutr。 11月1998日; 128(11): 1845-54。
100. 糖尿病Res Clin Pract。 6月1995日; 28(3): 179-84。
101. 糖尿病。 11月1997日; 46(11): 1786-91。
102. Ned Tijdschr Geneeskd。 1月2004日31日; 148(5): 217-20。
103. Altern MedのRev。 6月2002日; 7(3): 218-35。
104. サウジアラビア人Med J.1月2000日; 21(1): 45-50。
105. Br J Nutr。 6月2007日; 97(6): 1187-95。
106. Yakugaku Zasshi。 7月2005日; 125(7): 587-91。
107. J Ethnopharmacol。 1月2002日; 79(1): 81-7。
108. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 12月2005日; 51(6): 413-8。
109. Yakugaku Zasshi。 2月2007日; 127(2): 385-8。
110. インドJ Exp. Biol。 8月2001日; 39(8): 760-6。
111. インドJ Exp. Biol。 3月1997日; 35(3): 297-9。
112. Phytother Res。 5月2007日; 21(5): 401-5。
113. Sciの合計は囲む。 1月1981日; 17(1): 13-29。
114. 第10毒物学フィンランドの国際的な議会。 7月2004日; 197: ABS。 354.
115. Biochem Molの細胞。 10月2003日; 252 (1-2): 369-77
116. J Med。 2000;31(5-6):227-46.
117. 糖尿病Technol Ther。 10月2008日; 10(5): 405-12。
118. J Pineal Res。 5月2003日; 34(4): 269-77。
119. Biochem Biophys Res Commun。 10月2003日3日; 309(4): 1017-26。
120. J Clin Biochem Nutr。 11月2008日; 43(3): 191-8。
121. J Nutr。 5月2000日; 130 (5S Suppl): 1437S-46S
122. ADV。 Prot。 Chem。 42: 281–335.
123. J AM Geriatr Soc。 1月1998日; 46(1): 19-26。
124. J AM Coll Nutr。 1990年の6月; 9(3): 214-25。
125. AM J Med。 5月1981日; 70(5): 1001-4。
126. AM J Clin Nutr。 3月2007日; 85(3): 837-44
127. アクタOtolaryngol Suppl。 2002;(546):129-33.
128. 蟹座。 5月1998日15日; 82(10): 1938-45年。
129. 日本 Jibiinkoka Gakkai Kaiho。 7月1995日; 98(7): 1135-9。
130. アンのインターンMed。 10月1969日; 71(4): 791-821。
131. J Nutr。 5月2000日; 130 (5S Suppl): 1437S-1446S.
132. Jの細胞Physiol。 3月2009日; 218(3): 558-67。
133. 傷修理Regen。 2007日3月4月; 15(2): 258-65。
134. Biolの跡Elem Res。 8月2006日; 112(2): 109-18。
135. Biolの跡Elem Res。 1992日1月3月; 32:305-10。
136. Fertil Steril。 6月1999日; 71(6): 1138-43。
137. 泌尿器科学。 3月1979日; 13(3): 280-1。
138. Clin Chimのアクタ。 7月1976日1日; 70(1): 123-6。
139. JはElem Med Biolをたどる. 2005;19(1):29-35.
140. Nutrの健康。 2007;19(1-2):85-102.
141. AM J Clin Nutr。 2月2007日; 85(2): 614S-620S.
142. Biolの跡Elem Res. 2000;76(3):193-205.
143. Biogerontology。 2006日10月12月; 7 (5-6): 449-59。
144. JAMA. 9月1984日21日; 252(11): 1443-6。
145. J Anim Sci。 1月1992日; 70(1): 178-87。
146. アンのインターンMed。 7月1996日15日; 125(2): 81-8。
147. ダンMed Bull。 1990年の6月; 37(3): 279-81。
148. J Antimicrob Chemother。 12月1987日; 20(6): 893-901。
149. AM J Ther。 2002日11月12月; 9(6): 472-5。
150. ClinはDisを感染させる。 11月2000日; 31(5): 1202-8。
151. J Int Med Res。 6月1992日; 20(3): 234-46。
152. Biochemの細胞Biol。 2002年; 80(5): 679-89。 検討。
153. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 6月2008日; 10(6): 997-1030。 検討。
154. 傾向の細胞Biol。 2月2007日; 17(2): 93-100。 Epub 12月2006日27日。 検討。
155. Int J Clin Pharmacol Ther。 6月1998日; 36(6): 320-5。
156. Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol。 4月1993日; 31(4): 157-69。
157. Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol。 3月1993日; 31(3): 103-23。
158. J Int Med Res。 1987日11月12月; 15(6): 379-82。
159. Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol。 1月1993日; 31(1): 40-51
160. AM J Clin Nutr。 2月1995日; 61(2): 341-5。
161. Toxicol Pathol。 2004日1月2月; 32(1): 73-8。
162. Br Jの蟹座。 3月2006日27日; 94(6): 884-90。
163. Oncol Rep。 4月2004日; 11(4): 887-92。
164. 抗癌性の代理店Med Chem。 5月2010日1日; 10(4): 346-51。
165. 蟹座により制御を引き起こす。 2月2007日; 18(1): 71-7。
166. 新陳代謝。 9月1996日; 45(9): 1130-5。
167. 糖尿病。 5月1996日; 45(5): 659-66。
168. J Clinは投資する。 6月1995日; 95(6): 2501-9
169. アーチMed Res。 4月2007日; 38(3): 276-83。
170. J Clin Endocrinol Metab。 3月2001日; 86(3): 1410-7。
171. 新陳代謝。 3月2000日; 49(3): 400-10。
172. AM J Clin Nutr。 8月1985日; 42(2): 242-51。
173. AM J Clin Nutr。 11月1993日; 58 (5つのSuppl): 771S-778S.
174. J Nutr。 11月1986日; 116(11): 2219-28。
175. J AM Coll Nutr. 1985;4(1):83-105.
176. AM J Clin Nutr。 4月1982日; 35(4): 809-14。
177. AM J Clin Nutr。 5月1996日; 63(5): 791S-796S.