ホルモン

1. J Clin Endocrinol Metab。 10月1992日; 75(4): 1002-4。
2. J Clin Endocrinol Metab。 8月1997日; 82(8): 2396-402。
3. Clin Chimのアクタ。 3月2004日; 341 (1-2): 1-15。
4. AM J Physiol Endocrinol Metab。 11月2006日; 291(5): E1003-8.
5. Maturitas。 6月2010日; 66(2): 172-9。
6. 前部Neuroendocrinol。 1月2009日; 30(1): 65-91。
7. Biogerontology。 8月2008日; 9(4): 235-46。
8. アンN Y Acad Sci。 11月2006日; 1088:139-52。
9. 精神薬理学(Berl)。 11月2006日; 188(4): 541-51。
10. Pharmacol Ther。 5月2010日; 126(2): 186-99。
11. 循環。 9月2009日29日; 120(13): 1231-40
12. アテローム性動脈硬化 9月2009日; 206(1): 77-85。
13. J Clin Endocrinol Metab。 8月2006日; 91(8): 2986-93
14. Clin Endocrinol (Oxf)。 3月2006日; 64(3): 260-4
15. Clin Chimのアクタ。 10月2009日; 408 (1-2): 1-7。
16. J Endocrinol。 10月1999日; 163(1): 1-5。
17. Curr Ther Res. 2000;61(7):435-42.
18. アーチBiochem Biophys。 5月1997日1日; 341(1): 122-8。
19. Curr Ther Res; 2002;63(4):263-72
20. J Nutr Biochem。 9月2007日; 18(9): 629-34。
21. ステロイド。 3月2000日; 65(3): 124-9。
22. ステロイド。 11月2009日; 74(12): 931-7。
23. Proc国民のAcad Sci米国。 7月1995日3日; 92(14): 6617-9。
24. ステロイド 3月1998日;63 (3): 158-65.
25. Proc国民のAcad Sci米国。 12月1994日6日; 91(25): 12308-12。
26. 精神医学Res。 7月2010日30日; 178(2): 309-12。
27. Progの頭脳Res。 2010;186:113-37.
28. Circ Res。 5月2010日14日; 106(9): 1507-15。
29. CNS Neurosci Ther。 2010ばね; 16(1): 32-44。
30. Neuropsychopharmacology。 7月2009日; 34(8): 1885-903。
31. Neurochem Int。 2008日3月4月; 52 (4-5): 522-40。
32. Psychoneuroendocrinology。 2月2008日; 33(2): 214-26。
33. Eur J Med Chem。 7月2009日; 44(7): 2944-51。
34. Horm Metab Res。 1月1998日; 30(1): 16-28。
35. J Clin Endocrinol Metab。 11月1991日; 73(5): 1016-25。
36. J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。
37. 科学。 9月1984日7日: 225(4666): 1032-4。
38. 、ストラスブールEthnopharmacologyの最初の国際的な議会で示される、フランス。 1990年; 6月5-9日。
39. Ethnopharmacology。 Waynberg 3月の1995日先生
40. Eur Jの蟹座Prev。 2002年; 11 (Suppl 2): S48-57.
41. Br J Nutr。 8月2007日; 98(2): 388-96。
42. 蟹座により制御を引き起こす。 3月2006日; 17(2): 169-80。
43. www.nhlbi.nih.gov/new/ press/02-07-09.html。 2008年9月17日アクセスされる。 NHLBIは高められた乳癌の危険、全面的な利点の欠乏によるプロゲスチンとエストロゲンの試験を停止する。 解放火曜日、2002年7月9日のために輸出禁止を命じられる国立衛生研究所国民の中心、肺および血の協会。
44. JのステロイドBiochem Mol Biol。 2007日11月12月; 107 (3-5): 140-8
45. Maturitas。 5月2006日20日; 54(2): 164-75。
46. Phytomedicine。 5月2010日; 17(6): 389-96。
47. Udani J、丈夫なM。 哺乳類のlignanおよびエストロゲンの代謝物質に対するHMRlignanの効果は後menopausal女性で水平になる: ランダム化された、二重盲目の、単一のダミー、平行グループ、パイロット・スタディ。 2007年11月6日
48. 最もよいPract Res Clin Obstet Gynaecol。 2月2009日; 23(1): 7-23。
49. Climacteric。 2009年; 12 Supplの1:47 - 51。
50. Jの性Med。 1月2010日; 7 (1つのPt 2): 561-85。
51. アンN Y Acad Sci。 8月2010日; 1204:179-87。
52. スポーツMed。 1月2010日1日; 40(1): 41-58。
53. 細胞のImmunol Molの。 8月2009日; 6(4): 277-83。
54. Med Pregl。 2009年; 62 Supplの3:85 - 90。
55. Fertil Steril。 10月2010日23日。 [印刷物に先んじるEpub]
56. Altern Therの健康Med。 2001日5月6月; 7(3): 93-100。
57. Jレディース健康GendはMedを基づかせていた。 3月2002日; 11(2): 163-74。
58. Jレディース健康。 6月1998日; 7(5): 525-9。
59. JのステロイドBiochem Mol Biol。 7月2004日; 91(3): 147-55。
60. Clinの蟹座Res。 2月2007日1日; 13(3): 1061-7。
61. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 4月2001日; 10(4): 339-44。
62. 蟹座により制御を引き起こす。 10月2004日; 15(8): 805-18。
63. Int Jの蟹座。 9月2004日1日; 111(3): 440-3。
64. Int J Oncol。 10月2008日; 33(4): 657-63。
65. 発癌。 4月2006日; 27(4): 782-90。
66. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46(7): 2358-64。
67. 科学世界 1986:489-505.
68. Maturitas 63 (2009年)、PP。 99-103。
69. Nat.突き棒Res。 4月2008日15日; 22(6): 537-46。
70. Arzneimittelforschung。 7月1993日; 43(7): 752-6。
71. Ceska Gynekol。 10月1998日; 63(5): 388-92。
72. J Agricの食糧Chem。 11月2006日15日; 54(23): 8956-61。
73. J Agricの食糧Chem。 2月2008日27日; 56(4): 1415-22. Epub 1月2008日26日。
74. J Agricの食糧Chem。 11月2007日28日; 55(24): 10050-4
75. Nutr Res。 2月2008日; 28(2): 72-7。
76. アテローム性動脈硬化。 9月2001日; 158(1): 195-8。
77. Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 423-33
78. Exp. Gerontol。 7月2001日; 36(7): 1083-100。
79. J Pineal Res。 5月1994日; 16(4): 178-83。
80. 自由なRadic Res。 12月2002日; 36(12): 1323-9。
81. J Endocrinol。 12月1981日; 91(3): 467-75。
82. 今日Surg. 2003;33(12):896-901.
83. Cytobios. 1996;85(340):51-8.
84. Maturitas。 4月2002日15日; 41のSuppl 1: S85-104.
85. Chronobiol Int。 5月2000日; 17(3): 419-32。
86. 老化すること(ミラノ)。 Oct1995; 7(5): 340-51。
87. Neurotox Res. 2005;7(4):293-318.
88. 睡眠。 6月1996日; 19(5): 423-31。
89. Clin Pharmacol Ther。 5月1995日; 57(5): 552-8。
90. Actas特別にPsiquiatr。 2000日9月10月; 28(5): 325-9。
91. J Clinの精神医学。 2月2007日; 68(2): 237-41。
92. で利用できる: http://emedicine.medscape.com/article/126999-overview。 2009年1月5日アクセスされる。
93. アクタEndocrinol (Copenh)。 5月1991日; 124(5): 516-20。
94. JのスポーツMed Physの適性。 3月1989日; 29(1): 52-6。
95. Nutr Neurosci。 10月2003日; 6(5): 269-75。