草/Phytoエキス

1. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 12月2006日; 15(12): 2445-52。
2. アンの馬蝿の幼虫。 6月2005日; 95(7): 1075-96。
3. 公衆衛生Nutr。 1月2009日; 12(1): 115-21。
4. アジアPac J Clin Nutr。 2007;16(3):411-21.
5. 尖頭アーチ。 1月2006日28日; 367(9507): 320-6。
6. J AM Coll Cardiol。 5月2003日21日; 41(10): 1744-9。
7. JAMA. 12月2005日28日; 294(24): 3101-7。
8. Exp. Biol Med (Maywood)。 11月2002日; 227(10): 852-9。
9. Nutrの蟹座。 2006;54(1):111-42.
10. http://www.webmd.com/diet/phytonutrients-faq?page=2
11. J Nutr。 12月2008日; 138(12): 2379-85
12. Jの細胞Physiol。 4月2009日; 219(1): 94-9。
13. J Nutr Biochem。 3月2009日; 20(3): 195-201。
14. Eur Jの蟹座Prev。 12月2007日; 16(6): 505-10。
15. Int J Oncol。 8月2008日; 33(2): 415-9。
16. Biochem Pharm。 2002, 64;393-404.
17. Toxicol Appl Pharm。 7月2001日15日; 174(2): 146-52。
18. Jの国民の蟹座Inst。 5月1997日21日; 89(10): 718-23。
19. 蟹座は防ぐために検出する。 2004;28:72-9.
20. 発癌。 4月2002日; 23(4): 581-6。
21. 蟹座MolのTher。 10月2003日; 2(10): 1045-52。
22. 発癌。10月1998日; 19(10): 1821-7。
23. 発癌。 9月1995日; 16(9): 2057-62年。
24. J Clin Biochem Nutr.2009はよろしいです; 44(3): 260-5。
25. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46(7): 2358-64。
26. Clin Interv 老化すること。 2008;3(2):331-9.
27. 性質。 8月2004日5日; 430(7000): 686-9。
28. 遺伝子Nutr。 9月2009日10.日。
29. Proc国民のAcad Sci米国。 10月2006日31日; 103(44): 16568-73。
30. 頭脳Res。 10月2007日10日; 1173:117-25。
31. 細胞。 12月2006日15日; 127(6): 1109-22。
32. 性質。 11月2006日16日; 444(7117): 337-42。
33. Xenobiotica。 9月2000日; 30(9): 857-66。
34. J Nutr Biochem。 2月2011日3.日[印刷物に先んじるEpub]
35. Nahrung。 8月2000日; 44(4): 253-6。
36. J OrthopのスポーツPhys Ther。 7月2002日; 32(7): 357-63。
37. Immunol Lett。 6月2009日4日; 124(2): 102-10。
38. 食糧MolのNutrのRes。 7月2010日; 54(7): 939-46。
39. J Cardiovasc Pharmacol。 12月2009日; 54(6): 468-76。
40. J Cardiovasc Pharmacol。 10月2005日; 46(4): 445-51。
41. Neurosci Int J Dev。 10月2005日; 23(6): 501-7。
42. 糖尿病の心配。 11月2007日; 30(11): 2804-10。
43. CMAJ. 7月2003日22日; 169(2): 111-7。
44. Altern Therの健康Med。 2001日5月6月; 7(3): 79-91。
45. J Agricの食糧Chem. 2008;56:7796-802.
46. J Agricの食糧Chem。 2月2008日13日; 56(3): 630-5。
47. 食糧MolのNutrのRes。 6月2007日; 51(6): 652-64。
48. J Agricの食糧Chem。 12月2006日13日; 54(25): 9329-39。
49. Br J Nutr。 11月2009日24:1-4。
50. Neurobiolの 老化。 12月2005日; 26 (Suppl 1): 128-32。
51. J Agricの食糧Chem。 2月2006日8日; 54(3): 607-16。
52. J Nutr。 9月2008日; 138(9): 1692-8。
53. Jの食糧Sci。 6月2008日; 73(5): S215-21.
54. Jの食糧Sci。 3月2007日; 72(2): S167-77.
55. J Agricの食糧Chem。 6月2004日16日; 52(12): 4026-37。
56. Phytother Res。 10月2010日; 24(10): 1423-32。
57. 発掘のレバーDis。 11月2004日; 36(11): 752-9。
58. 生命Sci。 1996;58(18):1591-600.
59. Clinの 蟹座Res。 12月2005日1日; 11(23): 8441-8。
60. Altern MedのRev。 9月2005日; 10(3): 193-203。
61. 胃腸病学 2月2010日; 138(2): 671-81、681.e1-2
62. Int J Biol Sci。 8月2009日11日; 5(6): 549-57。
63. 生命Sci。 8月2009日12日; 85 (7-8): 281-90。
64. 細胞Prolif。 4月2009日; 42(2): 229-40。
65. Phytomedicine。 5月2009日; 16(5): 391-400。
66. 発癌。 7月2007日; 28(7): 1533-42。
67. Int Jの蟹座。 7月2008日1日; 123(1): 41-50。
68. 前立腺癌Res。 5月2005日15日; 65(10): 4448-57。
69. がん遺伝子 2月2006日16日; 25(7): 1053-69。
70. 蟹座Lett。 10月2008日8日; 269(2): 352-62。
71. Biochem Biophys Res Commun。 12月2009日4日; 390(1): 71-6。
72. 蟹座Res。 8月2008日15日; 68(16): 6822-30。
73. 細胞Biol Int。 8月2008日; 32(8): 888-92。
74. 東海J Exp. Clin Med。 1990年はよろしいです; 15 (2-3): 123-7。
75. J Hepatol。 7月1989日; 9(1): 105-13。
76. Scand J Gastroenterol。 6月1982日; 17(4): 517-21。
77. Med Klin。 7月1978日14日; 73 (28-29): 1060-5。
78. Tohoku J Exp. Med。 11月2007日; 213(3): 261-8。
79. Biotechnol Molの。 9月2007日; 37(1): 58-61。
80. 生命は調査#1.を延長後援した。
81. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
82. 中国の従来および草の薬剤. 1991;22,251,268.
83. 抗癌性Res。 2004日3月4月; 24 (2B): 563-9。
84. Chem SocのRev。 11月2008日; 37(11): 2558-74。
85. Biol Pharm Bull。 2月2004日; 27(2): 170-3。
86. Antioxidの 酸化還元反応は 信号を送る。 3月2008日; 10(3): 511-45。
87. J Ethnopharmacol。 3月2010日24日; 128(2): 549-53。
88. アーチToxicol。 5月2010日; 84(5): 389-96。
89. アジア Pac J Clin Nutr。 2008年; 17のSuppl 1:265-8。
90. Phytother Res。 1月2010日13日; 24(2): 189-192。
91. Zhonghua Nei Ke Za Zhi。 9月2009日; 48(9): 760-3。
92. 食糧MolのNutrのRes。 8月2010日; 54(8): 1192-201。
93. Nutrの蟹座。 2010;62(2):148-53.
94. J Alzheimer Dis。 8月2004日; 6(4): 367-7。
95. Chin Med。 9月2008日17日; 3: 11。
96. Int Braz J Urol。 2009日9月10月; 35(5): 599-606
97. 発掘Dis Sci。 11月2005日; 50(11): 2191-3。
98. Biochem Pharmacol 2月2008日15日; 75(4): 787-809。
99. Jの内毒素Res. 2007;13(1):15-23.
100. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 4月1995日; 52(4): 223-7。
101. 蟹座MolのTher。 5月2006日; 5(5): 1371-82。
102. J Ethnopharmacol。 3月1993日; 38 (2-3): 113-9。
103. 食糧MolのNutrのRes。 9月2008日; 52(9): 1031-9。
104. 神経科学のジャーナル。 2001;21(21):8370–8377.
105. 生物化学のジャーナル。 2005;280(7):5892–5901.; 議論606-7。
106. 細胞および分子生命科学. 2006;63(13):1538–1552.
107. パーキンソン症候群Relat Disord。 12月2009日; 15のSuppl 3: S189-94.
108. J Neurochem。 3月2010日; 112(6): 1415-30。
109. Biochem Biophys Res Commun。 2月2010日19日; 392(4): 567-71。
110. PLoS 1。 1月2010日8日; 5(1): e8643.
111. Eur J Pharmacol。 12月2007日22日; 577 (1-3): 183-91。
112. Br J Pharmacol。 11月2008日; 155(5): 702-13。
113. ZhonghuaイXue Za Zhi。 10月2003日25日; 83(20): 1764-8。
114. Biochem Biophys Res Commun。 4月1997日28日; 233(3): 692-6。
115. J Medの食糧。 2005ばね; 8(1): 8-13。
116. Nutr Neurosci 12月2002日; 5(6): 427-31。
117. J Alzheimers Dis。 3月2006日; 9(1): 35-42。
118. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:128-32。
119. Mutat Res。 2月2003日5日; 535(1): 103-15。
120. Neurobiolの 老化。 2月2006日; 27(2): 344-50。
121. Nutr Res。 2月2009日; 29(2): 130-8。
122. Neurobiolの老化。 8月2007日; 28(8): 1187-94。
123. J Medの食糧。 2月2009日; 12(1): 21-8。
124. 魏Sheng沿Jiu。 9月2005日; 34(5): 581-4。
125. Br J Nutr。 7月2008日; 100(1): 70-8。
126. 一酸化窒素。 11月2006日; 15(3): 259-63。
127. 一酸化窒素。 9月2006日; 15(2): 93-102。
128. Cardiovasc Res。 1月2007日15日; 73(2): 414-23。
129. J Agricの食糧Chem。 5月2005日4日; 53(9): 3403-7。
130. 生命Sci。 7月2006日10日; 79(7): 641-5。
131. J Agricの食糧Chem。 7月2004日28日; 52(15): 4713-9。
132. 神話のLarousse新しい百科事典。 ロンドン: Hamly; 1983.
133. J Nutr Biochem。 12月2008日; 19(12): 848-55。
134. J Agricの食糧Chem。 9月2008日24日; 56(18): 8704-13。
135. 栄養物。 4月2010日; 26(4): 359-66。
136. アテローム性動脈硬化。 1月2010日; 208(1): 119-25。
137. Integrの蟹座Ther。 9月2009日; 8(3): 242-53。
138. 成長Horm IGF Res。 2月2010日; 20(1): 55-62。
139. Phytother Res。 6月2010日; 24のSuppl 2: S196-203.
140. アテローム性動脈硬化。 8月2006日; 187(2): 363-71。
141. J Agricの食糧Chem。 8月2002日14日; 50(17): 4791-5。
142. J Agricの食糧Chem。 10月2000日; 48(10): 4581-9
143. Phytother Res。 6月2009日5日; 24(2): 182-185。
144. Exp. Dermatol。 6月2009日; 18(6): 553-61。
145. AM J Cardiol。 10月2009日1日; 104(7): 936-42。
146. 食糧Chem Toxicol。 7月2006日; 44(7): 984-93。
147. J Ethnopharmacol。 1月2007日19日; 109(2): 177-206。
148. Eur J Nutr。 1月2003日; 42(1): 18-28。
149. J Inflamm (Lond)。 2009;6:1.
150. Altern MedのRev. 6月2008日; 13(2): 128-44。
151. Chem Pharm Bull (東京)。 11月2008日; 56(11): 1628-31。
152. Fitoterapia。 12月2006日; 77 (7-8): 534-7。
153. アーチPharm Res。 10月2008日; 31(10): 1303-11。
154. Neuroimmunomodulation. 2006;13(3):179-86.
155. Med Molの面。 12月2010日; 31(6): 478-94。
156. Biochem J. 2005;386:471-8.
157. Bull Exp. Biol Med。 12月2003日; 136(6): 585-7。
158. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 6月2004日; 14(3): 298-307。
159. Phytomedicine。 10月2000日; 7(5): 365-71。
160. ADV Ther。 2007日7月8月; 24(4): 929-39。
161. Altern MedのRev。 4月2001日; 6(2): 207-9
162. Biosci Biotechnol Biochem9月2007日; 71(9): 2223-32。
163. インドJ Exp. Biol。 2月1999日; 37(2): 124-30。
164. Biol Pharm Bull。 9月2002日; 25(9): 1197-202。
165. 免疫学。 7月2005日; 115(3): 375-87。
166. 生命Sci。 11月2007日30日; 81 (23-24): 1602-14
167. 膵臓。 11月2007日; 35(4): e1-9.
168. Exp. Biol Med。 3月2004日; 229(3): 247-54。
169. J Agricの食糧Chem。 8月2004日11日; 52(16): 5004-10。
170. 食糧Chem Toxicol。 2月2001日; 39(2): 109-17。
171. Biofactors. 2000;13(1-4):161-6.
172. Jの食糧Prot。 10月2000日; 63(10): 1359-68。
173. J Nutr。 5月1996日; 126(5): 1475-80。
174. Inflamm Res。 11月1996日; 45(11): 546-9
175. Mutat Res。 12月2006日10日; 611 (1-2): 42-53。
176. Altern MedのRev. 8月2000日; 5(4): 372-5。
177. AM J Clin Nutr。12月2004日; 80(6) 1558-64。
178. Chem Res Toxicol 9月2003日; 16(9): 1155-61。
179. 常習者Biol。 7月2002日; 7(3): 307-14。
180. アーチBiochem Biophys。 2月1999日1日; 362(1): 79-86。
181. Phytother Res。 4月2010日; 24(4): 503-9。
182. 食糧Chem Toxicol。 4月2010日; 48(4): 1032-9。
183. Biophys J. 2月2009日; 96(3): 1026-35。
184. J Physiol Pharmacol。 12月2008日; 59のSuppl 9:217-35。
185. 自由なRadic Biol Med。 3月2003日15日; 34(6): 648-62。
186. Int J Med Molの。 10月2005日; 16(4): 677-81。
187. Int J Vitam Nutr Res。 12月2008日; 78(6): 275-81。
188. 肥満 (Silver Spring)。 6月2007日; 15(6): 1473-83。
189. 生体内で 2004日1月2月; 18(1): 55-62。
190. Br J Nutr。 9月2005日; 94(3): 432-6。
191. 発癌。 1月2000日; 21(1): 63-7。
192. Proc Soc Exp. Biol Med。 4月1999日; 220(4): 239-43。
193. J Nutr。 8月2008日; 138(8): 1567S-1571S.
194. Chem Biolは 相互に作用している。 12月1995日22日; 98(3): 283-301。
195. 発癌。 1997;18:451–456.
196. Currの 薬剤 Metab 6月2003日; 4(3): 241-8。
197. アーチPharm Res。 12月2000日; 23(6): 605-12。
198. Anticancer Ther巧妙なRev。 2006;6:507–513
199. 前部Biosci (エリート エド)。 6月2009日1日; 1:13-25。
200. 蟹座Prev Res (Phila Pa)。 6月2009日; 2(6): 531-7。
201. Nutr Res。 2月2008日; 28(2): 92-7。
202. 分子。 11月2008日1日; 13(11): 2704-16。
203. Biomed Res。 8月2009日; 30(4): 207-15。
204. 生命Sci。 1998;63(16):1397-403.
205. 新しい薬剤を投資しなさい。 4月2011日; 29(2): 225-31
206. 神戸 J Med Sci。 5月2008日23日; 54(1): E62-72.
207. 脂質。 5月2008日; 43(5): 419-29。
208. J Nutr Biochem。 3月2007日; 18(3): 179-83。
209. アテローム性動脈硬化。 7月2007日; 193(1): 86-93。
210. アーチのインターンMed。 6月2003日23日; 163(12): 1448-53。
211. Pathophysiology。 2月2010日; 17(1): 55-9
212. J Nutr。 11月2008日; 138(11): 2111-6。
213. Int J Antimicrobの代理店。 5月2009日; 33(5): 473-8。
214. Food Sci Nutr CritのRev。 5月2009日; 49(5): 463-73。
215. J Agricの食糧Chem。 1月2010日27日; 58(2): 887-94。
216. 自由なRadic Biol Med。 9月2009日1日; 47(5): 636-43。
217. AM J Clin Nutr。 9月2009日; 90(3): 672-9。
218. J Gastroenterol。 2000年; 35のSuppl 12:1-6。
219. 細胞Immunol。 9月2005日; 237(1): 7-16。
220. J Nutr Biochem。 9月2008日; 19(9): 619-26。
221. Phytother Res。 3月2003日; 17(3): 206-9。
222. CNS Neurosci Ther。 2008冬; 14(4): 352-65。
223. J Nutr。 10月2003日; 133(10): 3298S-3302S.
224. J Nutr。 10月2003日; 133(10): 3293S-3297S.
225. Biochem Pharmacol。 12月1999日1日; 58(11): 1695-703。
226. Prev Med。 6月2005日; 40(6): 910-8。
227. Folia Biol (Praha)。 2007;53(5):164-72.
228. Critの心配Med。 10月2004日; 32(10): 2097-103。
229. Prat Rev。 6月2000日1日; 50(11): 1195-8。
230. Pharmacopsychiatry。 11月2003日; 36(6): 297-303。
231. Altern MedのRev. 4月2001日; 6(2): 141-66。
232. 矢尾 Xue Xue Bao。 1月2006日; 41(1): 36-40。
233. 細胞の生命MolのSci。 9月2003日; 60(9): 1779-92。
234. Clin Physiol Funct イメージ投射。 11月2002日; 22(6): 375-8。
235. Altern Therの 健康Med。 2001日9月10月; 7(5): 70-86、88-90。
236 J Cardiovasc Pharmacol。 3月1998日; 31(3): 456-63。
237. 頭脳Res。 5月1997日2日; 755(2): 347-50。
238. Clin Chimの アクタ 2月2004日; 340 (1-2): 153-62。
239. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1550-3。
240. アンN Y Acad Sci。 11月2005日; 1056:474-85。
241. Pharmacol Res。 12月2002日; 46(6): 565-8。
242. O Zhonghua Gan ZangビングZa Zhi。 4月2007日; 15(4): 245-8。
243. P Ophthalmol Clinの北AM。 12月2005日; 18(4): 597-609。
244. Q AM J Chin Med。 2004;32(1):21-31
245. Phlebologie。 1991日7月10月; 44(3): 779-86。
246. Phlebologie 1991日4月6月; 44(2): 509-16。
247. アクタ Neurochir Suppl. 2000;76:87-90.
248. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1575-6。
249. ADV Ther。 1998日1月2月; 15(1): 54-65。
250. W矢尾 Xue Xue Bao。 6月2004日; 39(6): 415-8。
251. 打撃。 12月2008日; 39(12): 3389-96。
252. アクタNeuropathol。 11月2008日; 116(5): 529-35。
253. Phytomedicine。 3月2008日; 15(3): 164-9。
254. Antioxidの 酸化還元反応は 信号を送る。 10月2007日; 9(10): 1659-75.
255. Chem Biolは相互に作用している。 9月2009日14日; 181(1): 115-23。
256. Neurodegener Molの。 1月2008日7日; 3: 1。
257. 血小板。 2月2010日; 21(1): 53-9。
258. Histol Histopathol。 5月2009日; 24(5): 587-98。
259. Phytother Res。 6月2008日; 22(6): 734-9。
260. Planta Med。 6月2007日; 73(7): 624-8。
261. アクタのPharmacolの罪。 10月2004日; 25(10): 1306-11。
262. Int J Microcirc Clin Exp。 1997日3月4月; 17(2): 61-6。
263. J Ethnopharmacol。 3月1996日; 50(3): 131-9。
264. Pharmacopsychiatry6月2003日; 36のSuppl 1: S89-94.
265. 自由なRadic Biol Med。 1999; 9月; 27 (5-6): 596-604。
266. Biother Molの。 6月1991日; 3(2): 103-7。
267. 発癌。 8月1993日; 14(8): 1627-31。
268. 発癌。 10月1992日; 13(10): 1847-51。
269. Lond J R Collの医者。 1994日1月2月; 28(1): 39-45。
270. Pharmacotherapy。 1993日7月8月; 13(4): 406-7。
271. J Cardiovasc Pharmacol。 6月1998日; 31(6): 904-8。
272. 日本 Yakurigaku Zasshi10月1997日; 110 Supplの1:93 P-97P。
273. Clin Exp. Pharmacol Physiol。 1997日3月4月; 24 (3-4): 235-42。
274. xp Gerontol。 1997日1月4月; 32 (1-2): 149-60。
275. Nutr 蟹座。 1999;34(1):42-8.
276. Jpn J Pharmacol。 10月1998日; 78(2): 199-207。
277. J AM Coll Nutr。 6月2001日; 20(3): 225-31。
278. Planta Med。 2月2001日; 67(1): 13-8。
279. Antimicrobの 代理店 Chemother 4月1977日; 11(4): 743-9。
280. AM J Hypertens。 8月2007日; 20(8): 866-74。
281. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 11月2006日; 291(5): H2431-8.
282. Clin Nutr 10月2004日; 23(5): 1199-208。
283. Nutr Res. 1996, 16/4 (673-681).
284. Biochem Med Metab Biol。 1990年の4月; 43(2): 83-92。
285. Postepy Hig Med Dosw (オンラインで)。 9月2008日5日; 62:451-62。
286. 生化学的な薬理学(イギリス)。 1991;41(10):1471-77.
287. 蟹座Lett。 1990年の1月; 49(1): 51-7。
288. 蟹座Lett。 10月1986日; 33(1): 25-32。
289. 箱。 5月2004日; 125 (5つのSuppl): 149S-150S.
290. J Med Sci (イスラエル共和国)。 1995;31(2-3):101-5.
291. 抗癌性Res。 1995日5月6月; 15(3):805-10.
292. 生命Sci. 1994;54(18):1299-303.
293. 毒物学。 9月1992日; 74 (2-3): 209-22。
294. Altern MedのRev. 8月2002日; 7(4): 336-9。
295. Integrの 蟹座 Ther 6月2003日; 2(2): 139-44。
296. Exp. Biol Med (Maywood)。 11月2002日; 227(10): 881-5。
297. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 8月2001日; 10(8): 861-8。
298. Nutr 蟹座。 1999;33(2):159-64.
299. AM J Epidemiol。 6月2002日1日; 155(11): 1023-32。
300. Jの国民の蟹座Inst。 3月2002日6日; 94(5): 391-8。
301. J Nutr。 1月2008日; 138(1): 49-53。
302. アーチBiochem Biophys。 3月2009日15日; 483(2): 229-35。
303. アジア Pac J Clin Nutr。 2007年; 16のSuppl 1:453-7。
304. 自由なRadic Biol Med。 4月2004日15日; 36(8): 1058-67。
305. 血小板。 6月2001日; 12(4): 218-27。
306. 脂質。 10月1998日; 33(10): 981-4。
307. J Nutr。 3月2003日; 133(3): 727-32。
308. BMC Cardiovasc Disord. 2001;1(1):5.
309. Pharmacol Res。 9月2001日; 44(3): 183-93。
310. Angiology3月2000日; 51(3): 197-205。
311. J Fam Pract。 3月1999日; 48(3): 171-2。
312. アーチDermatol。 11月1998日; 134(11): 1356-60。
313. CochraneのデータベースSystのRev。 1月2006日25日; (1): CD003230.
314. Int Angiol。 12月2002日; 21(4): 305-15。
315. Arzneimittelforschung1月1994日; 44(1): 25-35。
316. Arzneimittelforschung. 1979;29(4):672-5.
317. Toxicol Appl Pharmacol 6月1997日; 144(2): 279-86。
318. Phytother Res。 9月2008日; 22(9): 1159-61。
319. Phytomed 1996. Suppl 1: 50.
320. Planta Med。 9月2002日; 68(9): 776-9。
321. Phytomedicine 12月2002日; 9(8): 687-93。
322. Phytother Res。 2月2001日; 15(1): 58-61。
323. Br J Nutr。 9月2007日; 98(3): 540-9。
324. J Alternの補足物Med。 8月2004日; 10(4): 667-9。
325. Exp. Toxicol Pathol 9月2008日; 60(6): 475-80。
326. Nutr 蟹座。 2008;60(2):276-83.
327. 細胞生物学および毒物学、 1996.
328. 食糧MolのNutrのRes。 10月2008日; 52(10): 1147-52。
329. J Pharmacol Exp. Ther。 9月2004日; 310(3): 926-32。
330. 生命Sci。 12月2004日31日; 76(7): 775-82。
331. J Agricの食糧Chem。 12月2005日28日; 53(26): 10291-6。
332. Phytomedicine 9月2008日; 15(9): 668-75。
333. J Pharmacol Exp. Ther 286: 3, 1998.
334. Phytomedicine 1: 107, 1994.
335. Filoterapia 48: 153,1977.
336. 傾向Pharmacol Sci。 12月2006日; 27(12): 619-25。
337. Neurosci Lett5月2004日6日; 361 (1-3): 56-9。
338. Eur J Pharmacol。 11月2002日29日; 455 (2-3): 101-7。
339. Zhongguo 矢尾 Xue Bao 2月1999日; 20(2): 141-5。
340. Zhongguo 矢尾 Xue Bao 1月1998日; 19(1): 27-30。
341. Neuroreport12月1996日20日; 8(1): 97-101。
342. アクタのPharmacolの罪。 9月2006日; 27(9): 1127-36。
343. Chem Biolは 相互に作用している。 9月2008日25日; 175 (1-3): 396-402。
344. Pharmacol Biochem Behav。 4月2006日; 83(4): 603-11。
345. Zhonghua イXue Za Zhi。 7月2002日25日; 82(14): 941-4。
346. Zhongguo矢尾李Xue Bao。 7月1999日; 20(7): 601-3。
347. Zhongguo矢尾李Xue Bao。 6月1999日; 20(6): 486-90。
348. Zhongguo矢尾李Xue Bao。 9月1995日; 16(5): 391-5。
349. Proc国民のAcad Sci米国。 6月1981日; 78(6): 3363-7。
350. Crit Food Sci Nutr Rev。 2006;46(2):185-96.
351. Biol Pharm Bull。 1月2005日; 28(1): 47-52。
352. 生命Sci。 1月2007日16日; 80(6): 522-9。
353. 眼科学。 2月2008日; 115(2): 324-333.e2.
354. Geochemの健康を囲みなさい。 12月2007日; 29(6): 483-9。
355. J Ethnopharmacol。 10月2001日; 77 (2-3): 203-8。
356. Acupunct Electrother Res。 1995日8月12月; 20 (3-4): 195-229。
357. Acupunct Electrother Res。 1996日4月6月; 21(2): 133-60。
358. Pollutを囲みなさい。 2001;114(1):85-92.
359. J Biotechnol。 4月1999日30日; 70 (1-3): 33-8。
360. BullはContam Toxicolを囲む。 2月1999日; 62(2): 144-51。
361. Biomedは Sciを囲む。 9月1991日; 4(3): 250-61。
362. 放射性同位体。 8月1979日; 28(8): 485-8
363. BullはContam Toxicolを囲む。 5月2003日; 70(5): 1036-44。
364. AM J Clin Nutr。 10月1985日; 42(4): 618-28。
365. 真菌症。 4月2003日; 46 (3-4): 132-6。 449-453
366. Pharm Pharmacol8月1999日; 51(8): 971-4。
367. Microbios. 1998;93(374):43-54.
368. J Appl Bacteriol。 4月1988日; 64(4): 293-7。
369. Int J Antimicrobの代理店。 5月2009日; 33(5): 461-3。
370. 分子。 5月2007日26日; 12(5): 1153-62。
371. 食糧MolのNutrのRes。 5月2009日; 53(5): 600-8。
372. Phytother Res。 9月2008日; 22(9): 1239-42。
373. Eur J Nutr。 8月2008日; 47(5): 235-43。
374. Chem Biolは相互に作用している。 11月2008日25日; 176 (2-3): 88-98。
375. J Ethnopharmacol。 11月2008日20日; 120(2): 233-40。
376. Phytother Res。 3月2009日; 23(3): 347-50。
377. NutrのRev. 11月2009日; 67(11): 632-8。
378. J Agricの食糧Chem。 10月2009日14日; 57(19): 8798-804。
379. Bioresour Technol。 12月2009日; 100(23): 6107-13。
380. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 1010S-5S.
381. 蟹座Immunol Immunother。 10月1993日; 37(5): 316-22。
382. Prev Med。 11月2004日; 39(5): 985-91。
383. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 980S-4S.
384. J Nutr。 11月2000日; 130(11): 2662-5。
385. 広島 J Med Sci。 6月2006日; 55(2): 59-64。
386. Eur J Pharmacol。 4月2007日30日; 561 (1-3): 32-8。
387. Phytother Res。 7月2007日; 21(7): 629-40。
388. J Nutr。 10月2007日; 137(10): 2264-9。 検討。
389. 蟹座Chemother Pharmacol。 4月2009日; 63(5): 873-80。
390. イラン Jのアレルギーの喘息Immunol。 9月2008日; 7(3): 133-41。
391. J Alternの補足物Med。 8月2009日; 15(8): 921-8。
392. J Ethnopharmacol。 2月2010日17日; 127(3): 771-6。
393. Toxicol Appl Pharmacol。 2月2010日1日; 242(3): 318-325。
394. J Surg Res。 12月2009日; 157(2): 261-7。
395. Eksp Klin Farmakol。 2009日7月8月; 72(4): 52-60。
396. Oncol Rep。 10月2009日; 22(4): 943-52。
397. J Agricの食糧Chem。 8月2009日12日; 57(15): 6692-7。
398. Biol Pharm Bull。 9月2009日; 32(9): 1552-8。
399. BMB Rep。 8月2009日31日; 42(8): 500-5。
400. Behav Pharmacol。 10月2009日; 20(7): 567-75。
401. Biomed Pharmacother。 10月2009日20日。 [印刷物に先んじるEpub]
402. J Ocul Pharmacol Ther。 12月2009日; 25(6): 537-40。
403. Nutr Res。 5月2008日; 28(5): 315-20。
404. Int Immunopharmacol。 9月2009日; 9(10): 1145-9。
405. 自由なRadic Res。 12月2008日29:1-10。
406. Br J Nutr。 14:1-6年11月2008日。
407. Biochem Pharmacol 11月2004日15日; 68(10): 1939-46年。
408. Zhongguo Zhong 矢尾 Za Zhi 10月2007日; 32(19): 2058-62年。
409. Int Immunopharmacol 3月2009日; 9(3): 261-7
410. J Neuroimmunol。 12月2008日15日; 205 (1-2): 142-7。
411. 細胞MolのEndocrinol。 6月2008日11日; 287 (1-2): 57-64。
412. Inflamm Res。 5月2007日; 56(5): 210-5。
413. Biochem Biophys Res Commun。 2月2009日20日; 379(4): 1001-4
414. AM J Clin Nutr。 10月2008日; 88(4): 1018-25。
415. アテローム性動脈硬化。 5月2009日; 204(1): 34-9。
416. アクタ Neurobiol Exp. (戦争)。 2008;68(4):463-76.
417. J Nutr。 1月2009日; 139(1): 101-5。
418. Jの細胞Biochem。 1月2009日1日; 106(1): 73-82。
419. 化学療法. 2009;55(1):6-10.
420. アーチPharm Res。 10月2008日; 31(10): 1281-5。
421. 前立腺。 12月2008日1日; 68(16): 1773-89。
422. J Agricの食糧Chem。 10月2003日22日; 51(22): 6618-22。
423. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46のSuppl 7: S1-S10.
424. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46のSuppl 7: S11-20.
425. Int J Toxicol。 2008日1月2月; 27(1): 65-80。
426. 食糧Chem Toxicol。 3月2003日; 41(3): 359-74。
427. J Toxicol Sci。 12月2002日; 27のSuppl 1:1-8。 日本語。
428. 新陳代謝。 1月2004日; 53(1): 73-6。
429. Braz J Med Biol Res。 1986;19(6):771-4.