消化が良い強化

1. Altern MedのRev. 12月2008日; 13(4): 307-14。
2. JOP. 5月2005日10日; 6(3): 206-15。
3. Postgrad Med。 3月2009日; 121(2): 114-8。
4. 実験および臨床薬理学2010年、32 (2)の方法そして調査結果; 129-132
5. 方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 12月2009日; 31(10): 655-9。
6. J Clin Gastroenterol。 7月2008日; 42のSuppl 2: S58-63. 検討。
7. Postgrad Med。 3月2009日; 121(2): 119-24。
8. 有利な微生物, 2010; 1(1): 31-36
9. AM Jの健康Syst Pharm。 3月2010日15日; 67(6): 449-58。
10. ISHSのアクタHorticulturae 744: I果物と野菜2007年5月1日の人間の健康の効果リュウゼツランからのFructansのPrebioticの効果、DasylirionおよびNopalの国際シンポジウム。
11. Biosci Biotechnol Biochem.2010;74(2):375-81.
12. J Nutr。 10月2010日27日。 [印刷物に先んじるEpub] PubMed PMID: 20980641.
13. Br J Nutr。 10月2010日; 104(7): 1007-17。
14. Eur J Clin Nutr。 11月2009日; 63(11): 1277-89。
15. Altern MedのRev.. 2008.
16. Br J Nutr。 4月1999日; 81(4): 315-21。
17. J Nutr。 1月2006日; 136(1): 70-4。 PubMed PMID: 16365061.
18. 発掘のレバーDis。 12月2006日; 38のSuppl 2: S283-7.
19. Patの最近の食糧Nutr Agric。 11月2009日; 1(3): 221-30。
20. 生物化学 (Mosc。)。 7月2000日; 65(7): 817-23。
21. J Gastroenterol Hepatol。 11月2006日; 21(11): 1669-74。
22. 生命Sci。 11月2006日10日; 79(24): 2245-50。
23. J Radiat Res (東京)。 7月2008日; 49(4): 341-7。
24. J Gastroenterolはできる。 11月2002日; 16(11): 785-9。
25. 栄養物Pharmacol Ther. 2001;15:715-725
26. Helicobacter。 12月2002日; 7(6): 384-9。
27. Biochem Biophys Res Commun。 7月2006日7日; 345(3): 1215-23。
28. ステロイド.1994 2月; 59(2): 136-41。
29. 世界J Gastroenterol。 12月2005日21日; 11(47): 7499-507。
30. J Antimicrob Chemother。 7月2004日; 54(1): 243-6。
31. 臨床生物化学のインド ジャーナル。 2002年; 17 (2): 44-51。 FTP
32. インドJ Exp. Biol. 2003;41:875-879.
33. Eur J Pharmacol。 12月2001日21日; 433 (2-3): 225-30。
34. ハム雑音Exp. Toxicol。 10月2006日; 25(10): 581-91。
35. Int Immunopharmacol。 10月2006日; 6(10): 1543-9。
36.. Phytother Res。 6月2001日; 15(4): 307-10。
37. Hindustan Antibiot Bull. 2005-2006;47-48:13-9.
38. J Gastroenterol。 9月2004日; 39(9): 831-7。
39. 食糧MolのNutrのRes。 6月2007日; 51(6): 675-83。
40. Helicobacter。 4月2005日; 10(2): 139-45。 –
41. ApplはMicrobiolを囲む。 12月2005日; 71(12): 8558-64。 7。
42. AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 8月2008日; 295(2): G211-8.
43. 日本Rinsho。 5月2007日; 65(5): 813-21。
44. J Gastrointest Surg。 8月2008日; 12(8): 1331-40。
45. Curr Opin Gastroenterol。 7月2007日; 23(4): 428-33。
46. AM J Gastroenterol。 7月2001日; 96(7): 2013-8年。
47. AM J Med。 7月2001日; 111(1): 33-7。
48. 胃腸無秩序を扱うためのWilkins J. Jr.方法。 U.S. パテント(642045)。 2002年。
49. Med. Sci。 Res. 24 (1996年)、PP。 309-310
50. Willette RCの手押し車L、Doster R、Wilkins J、Wilkins JS、Heggers JP。 専有調査。 WRC Laboratories、Inc. Galveston、Tx。
51. 糖尿病。 6月2008日; 57(6): 1470-81。
52. Br J Nutr。 3月2009日; 101(5): 633-58。 Epub 9月2008日25日。
53. BMC Gastroenterol。 11月2009日18日; 9:85。
54. 有利な微生物, 2010; 1(1): 31-36.
55. 。 3月1996日; 38(3): 306-9。
56. AM J Clin Nutr。 5月2007日; 85(5): 1286-92。
57. Pharmacotherapy。 6月2007日; 27(6): 910-20。
58. 胃腸病学。 5月1997日; 112(5): 1624-34。
59. J Clin Gastroenterol。 1月1999日; 28(1): 3-10
60. Currの御馳走選択Gastroenterol。 10月2003日; 6(5): 369-374。
61. AM J Physiol。 7月1997日; 273 (1つのPt 1): G139-46.
62. Pharm Res。 9月1998日; 15(9): 1393-400。
63. Clin Immunol。 8月2002日; 104(2): 183-90。
64. Clin Immunol。 7月2008日; 128(1): 66–74.
65. 生体内で19:417-422 (2005年)
66. 臨床免疫学Vol. 104、第2、8月、PP。 183-190、2002年
67. 臨床免疫学116 (2005年) 135 – 142
68. CMLSの細胞。 Mol. 生命Sci。 58 (2001) 1234–1245
69. J Pharm Pharmacol。 2月1994日; 46(2): 148-9。
70. Scand J Gastroenterol Suppl。 1984;92:97-100.
71. J Pharm Pharmacol。 1980年の2月; 32(2): 151。
72. Br Med J.1月1978日21日; 1(6106): 148。
73. 従業者。 12月1975日; 215(1290): 787-92。
74. Eur J Pharmacol。 6月1981日19日; 72 (2-3): 219-25。
75. インドJ Assocの医者。 10月1989日; 37(10): 647。
76 J Ethnopharmacol。 9月2009日7日; 125(2): 218-23。 Epub 7月2009日14日。
77. J Alternの補足物Med。 8月2004日; 10(4): 667-9。
78. J Agricの食糧Chem。 6月2004日30日; 52(13): 4090-6。
79. 栄養物Pharmacol Ther。 12月2003日; 18 (11-12): 1099-105。
80. J Agricの食糧Chem。 8月2003日27日; 51(18): 5540-5。
81. Phytomedicine。 12月2002日; 9(8): 694-9。 -アーティチョーク
82. Phytomedicine。 12月2002日; 9(8): 687-93。
83. Bioorg Med Chem Lett。 1月2003日20日; 13(2): 223-8。
84. Med Sci Monit。 5月2001日; 7 (Suppl 1): 316-20。
85. CochraneのデータベースSystのRev. 2002年; (3): CD003335.
86. Phytother Res。 6月2002日; 16(4): 368-72。
87. J Agricの食糧Chem。 6月2002日5日; 50(12): 3458-64。
88. 自由なRadic Res。 11月2000日; 33(5): 661-5。
89. Phytother Res。 2月2001日; 15(1): 58-61。
90. Arzneimittelforschung。 3月2000日; 50(3): 260-5。
91. Forsch Komplementarmed。 6月1999日; 6(3): 168-9。
92. Naturamed 1995;10:1.
93. 自由なRadic Res。 9月1998日; 29(3): 247-55。
94. J Pharmacol Exp. Ther。 9月1998日; 286(3): 1122-8。
95. Br J Nutr。 7月1995日; 74(1): 101-13。
96. Phytother Res。 11月2002日; 16(7): 677-9。
97. Hippokrates。 9月1956日15日; 27(17): 561-3。
98. J Ethnopharmacol。 12月2004日; 95 (2-3): 169-72。
99. 尖頭アーチ。 6月2003日7日; 361(9373): 1935-8年。
100. Pediatr Nephrol。 11月1999日; 13(9): 775-7。
101. J Pharm Pharmacol。 7月1987日; 39(7): 522-5。
102. AM J Gastroenterol。 7月1986日; 81(7): 532-5。
103. Clin Pharmacol Ther。 1980年の6月; 27(6): 823-7。
104. 脂質。 1980年はよろしいです; 15(5): 365-70。
105. Currの御馳走選択Gastroenterol。 8月2001日; 4(4): 333-337。
106. CMAJ. 12月1988日15日; 139(12): 1137-42。
107. AM J Gastroenterol。 3月1981日; 75(3): 192-6。
108. J Clinは投資する。 4月1983日; 71(4): 1003-22。
109. Altern MedのRev。 10月2002日; 7(5): 410-7。
110. Gastrointest Endosc。 2月2001日; 53(2): 172-7。
111. J Pediatr。 1月2001日; 138(1): 125-8。
112. J Gastroenterol。 12月1997日; 32(6): 765-8。
113. Microbios。 2001年; 106 Supplの1:31 - 9。
114. Microbios. 1996;86(349):237-46.
115. 。 1980年の10月; 21(10): 843-7。
116. 。 11月1975日; 16(11): 894-902。
117. Pediatr Int。 10月2004日; 46(5): 509-15。
118. ApplはMicrobiolを囲む。 10月2004日; 70(10): 6113-22。
119. 栄養物Pharmacol Ther。 10月2004日; 20 Supplの4:75 - 8。
120. ClinはDisを感染させる。 7月2004日15日; 39(2): 219-26。
121. アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl): S24-5.
122. J Clin Gastroenterol。 7月2004日; 38 (6つのSuppl): S107-10.
123. 世界J Gastroenterol。 6月2004日15日; 10(12): 1802-5。
124. 栄養物Pharmacol Ther。 11月2003日1日; 18(9): 853-74。
125. Schweiz Rundsch Med Prax。 4月2003日16日; 92(16): 751-9。
126. Poult Sci。 4月2003日; 82(4): 627-31。
127. アーチのPediatr Adolesc Med。 1月2003日; 157(1): 54-9。
128. PediatrのアレルギーImmunol。 12月2002日; 13(6): 402-11。
129. 発掘のレバーDis。 9月2002日; 34のSuppl 2: S37-S43.
130. Br J Nutr。 9月2002日; 88のSuppl 1: S51-S57.
131. 栄養物Pharmacol Ther。 8月2002日; 16(8): 1383-93。
132. Br J Nutr。 5月2002日; 87のSuppl 2: S179-S186.
133. Br J Nutr。 5月2002日; 87のSuppl 2: S145-S151.
134. Int J Hygは健康を囲む。 5月2002日; 205(4): 257-68。
135. FEMS MicrobiolのRev。 10月2004日; 28(4): 405-40。
136. 最もよいPract Res Clin Gastroenterol。 4月2004日; 18(2): 287-98。
137. Microbiol Immunol. 2003;47(12):911-4.
138. アクタPaediatr Suppl。 9月2003日; 91(441): 68-76。
139. Biocell。 4月2003日; 27(1): 1-9。
140. Curr OpinはDisを感染させる。 10月2002日; 15(5): 501-6。
141. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2003日; 6(1): 49-54
142. J Urol。 10月2002日; 168 (4つのPt 1): 1512-7。
143. Br J Nutr。 5月2002日; 87のSuppl 2: S293-S296.
144. アーチInst Pasteur Alger. 1998;62:63-76.
145. 薬剤Exp. Clin Res. 2000;26(3):95-111.
146. Br J Nutr。 10月1998日; 80(4): S209-S212.
147. J Perinat Med. 1998;26(3):186-91.
148. J Parenter Enteral Nutr。 1997日11月12月; 21(6): 357-65。
149. ADV Exp. Med Biol. 1997;427:211-9.
150. Antibiot Khimioter。 6月1989日; 34(6): 462-6。
151. J Nutrの健康の老化。 2007日7月8月; 11(4): 305-11。、
152. アクタBiomed。 8月2006日; 77(2): 85-9。
153. Medの仮説. 2005;64(1):64-8.
154. 掛かるアクタMed. 1984;41(4):263-77.
155. Int J Pancreatol。 12月1988日; 3(6): 497-502。
156. 胃腸病学。 11月1988日; 95(5): 1221-6。
157. Scand J Gastroenterol。 3月1991日; 26(3): 321-6。
158. Diabetologia。 1980年の9月; 19(3): 198-204。
159. Magy Seb。 12月2001日; 54(6): 347-50。
160. J Clin Gastroenterol。 4月2001日; 32(4): 319-23。
161. Eur J Gastroenterol Hepatol。 7月1996日; 8(7): 699-703。
162. Pharmazie。 3月1999日; 54(3): 210-5。
163. 栄養物Pharmacol Ther。 12月2000日; 14(12): 1671-7。
164. Arzneimittelforschung。 11月1999日; 49(11): 925-32。
165. 発掘のレバーDis。 6月2007日; 39(6): 530-6。
166. J Gastroenterol。 7月2007日; 42(7): 539-42。
167. Z. Gastroenterol。 12月1992日; 30(12): 885-6。
168. 胃腸病学。 7月1991日; 101(1): 55-65。
169. Gastrointest Endosc。 4月2003日; 57(4): 475-82。
170. 栄養物Pharmacol Ther。 2月2003日; 17(3): 445-51。
171. Phytother Res。 2月2000日; 14(1): 20-3。
172. Phytother Res。 2月2003日; 17(2): 135-40