スポーツの性能

1. NイギリスJ Med。 3月1986日6日; 314(10): 605-13。
2. Med SciのスポーツExerc。 9月1998日; 30(9): 1430-5。
3. Physの行為を老化させるJ。 1月2004日; 12(1): 10-28。
4. Med SciのスポーツExerc。 3月2004日; 36(3): 435-43。
5. J Clin Endocrinol Metab 2002;87: 2100–2106
6. NイギリスJ Med 1994;330: 1769–1775.
7. 薬剤の老化すること。 2003;20(10):761-7.
8. 自由なRadic Biol Med。 6月2003日15日; 34(12): 1575-88。
9. J Gerontol Biol Sci Med Sci。 1月2003日; 58(1): 11-9。
10. JAMA. 1990年の6月13日; 263(22): 3029-34。
11. Med SciのスポーツExerc。 11月2007日; 39(11): 1960-8年。
12. Eur J Appl Physiol。 1月2008日; 102(2): 223-31
13. Physの行為を老化させるJ。 7月2004日; 12(3): 219-31。
14. メーヨーClin Proc。 2月2002日; 77(2): 165-73。
15. 傾向Neurosci。 6月2002日; 25(6): 295-301。
16. J Neurosci Res。 6月2002日1日; 68(5): 511-21。
17. Nat. Neurosci。 3月1999日; 2(3): 266-70。
18. Nat. Neurosci。 3月1999日; 2(3): 203-5。
19. アンNeurol。 11月2000日; 48(5): 723-9。
20. 老化すること(ミラノ)。 2月1997日; 9 (1-2): 42-56。
21. Med SciのスポーツExerc。 2月2003日; 35(2): 207-13。
22. アーチ。 Intern.Med. 10月1999日25日; 159:2349-56。
23. アンEndocrinol (パリ)。 2月2004日; 65 (1つのSuppl): S44-51.
24. Biochem Soc Trans。 4月2002日; 30(2): 280-5。
25. Proc Nutr Soc。 2月1998日; 57(1): 9-13。
26. Med SciのスポーツExerc。 6月1995日; 27(6): 831-43。
27. AM JのスポーツMed。 1997日11月12月; 25(6): 873-81。
28. 骨関節炎の軟骨。 5月1998日; 6つのSuppl A: 14-21。
29. 生体材料。 9月2001日; 22(17): 2359-69。
30. 骨関節炎の軟骨。 5月1998日; 6つのSuppl A: 39-46。
31. 骨関節炎の軟骨。 5月1998日; 6つのSuppl A: 37-8。
32. 関節炎のRheum。 1月1988日; 31(1): 63-71。
33. 骨関節炎の軟骨。 1月2001日; 9(1): 14-21。
34. Arzneimittelforschung。 5月1998日; 48(5): 469-74。
35. 骨関節炎の軟骨。 4月2003日; 11(4): 290-8。
36. J Immunol。 4月2001日15日; 166(8): 5155-60。
37. FASEB J.9月1991日; 5(12): 2661-7。
38. Sciの合計は囲む。 7月1988日1日; 73 (1-2): 95-106。
39. 生命Sci。 9月2004日3日; 75(16): 1917-24年。
40. J Appl Physiolはできる。 12月1999日; 24(6): 503-14。
41. ADV。 Enzymol Relat区域Mol Biol。 1979;50:177-242.
42. PharmacolのRev。 6月2001日; 53(2): 161-76。
43. Nutr Biochem. 1997; 8(11): 610-8.
44. Biochem AnnuのRev.. 1985;54:831-62.
45. AM J Physiol。 5月1984日; 246 (5つのPt 1): C365-C377.
46. Med SciのスポーツExerc。 10月2001日; 33(10): 1674-81。
47. J Appl Physiol 2001;91: 1041–1047.
48. J Physiol 2006;573: 525–534
49. 関節炎のRheum。 3月1998日; 41(3): 406-13。
50. 神経学。 5月2000日9日; 54(9): 1848-50。
51. 神経学。 3月1999日10日; 52(4): 854-7。
52. 頭脳Res. 2000; 860(1-2): 195-8.
53. アミノ酸の概要. 2002;23(1-3):221-29.
54. J Neurosci. 2000; 20(12):4389-97.
55. Nat. Med. 1999; 5(3):347-50.
56. Cardiovasc Res。 9月1995日; 30(3): 413-8.
57. Eurの中心J.4月1998日; 19(4): 617-22。
58. ClinはMedを投資する。 8月1991日; 14(4): 296-309。
59. Toxicol生体外で。 2月2003日; 17(1): 27-33。
60. Eur J Nutr。 2月2002日; 41(1): 12-8。
61. 抗癌性Res。 2000日11月12月; 20 (6C): 4785-92。
62. Eur J Clinは投資する。 2月2001日; 31(2): 171-8。
63. Cardiovasc Res。 1月1996日; 31(1): 174-6。
64. 神経科学. 2002;112(2):243-60.
65. アンNeurol。 5月2001日; 49(5): 561-74。
66. Neurosci Res。 4月2002日; 42(4): 279-85。
67. Proc R Soc Lond B Biol Sci。 10月2003日22日; 270(1529): 2147-50。
68. J Appl Physiol。 2月2003日; 94(2): 651-9。
69. Biochem Molの細胞。 2月2003日; 244 (1-2): 89-94。
70. Biochim Biophysのアクタ。 5月1997日16日; 1320(1): 27-33。
71. Biokhimiia。 4月1987日; 52(4): 690-700。
72. J Biol Chem。 12月1986日15日; 261(35): 16579-83。
73. J Nutrの健康の老化。 2005日9月10月; 9(5): 352-3。
74. J Gerontol Biol Sci Med Sci。 1月2003日; 58(1): 11-9。
75. J Nutr。 9月2001日; 131 (9つのSuppl): 2488S-90S.
76. Med SciのスポーツExerc。 3月2000日; 32(3): 684-9。
77. スポーツMed. 2003;33(5):323-45.
78. Appl Physiol Nutr Metab。 12月2007日; 32(6): 1186-90。
79. Br JのスポーツMed。 11月2007日5日[印刷物に先んじるEpub]。
80. 細胞Biochem Funct。 2007日9月10月; 25(5): 563-9。
81. アミノ酸。 10月2007日12日[印刷物に先んじるEpub]。
82. J Gastrointest Surg。 2000日7月8月; 4(4): 435-42。
83. J AMの食事療法Assoc。 10月1992日; 92(10): 1239-46,1249。
84. 前部Biosci。 3月1999日15日; 4: D299-302.
85. Nutr Hosp。 1996日5月6月; 11(3): 167-77。
86. アミノ酸。 8月2008日1.日[印刷物に先んじるEpub]
87. J Leukoc Biol。 9月2008日; 84(3): 595-9。 Epubの4月2008日7.日検討。
88. Proc Nutr Soc。 8月2006日; 65(3): 236-41。 検討。
89. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 9月2006日; 9(5): 607-12。 検討。
90. Jの強さCond Res。 8月2006日; 20(3): 643-53。
91. Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 10月2006日; 16(5): 494-509。
92. Critの心配Med。 9月2007日; 35 (9つのSuppl): S545-52.
93. Critの心配Med。 9月2007日; 35 (9つのSuppl): S541-4.
94. Q J Exp. Physiol。 10月1985日; 70(4): 473-89。
95. Biochem J.6月1983日15日; 212(3): 835-42。
96. Zhongguo魏ZhongビングJi JiuイXue。 3月2006日; 18(3): 143-5。 中国語。
97. Hepatobiliary Pancreat Dis Int。 5月2006日; 5(2): 199-204。
98. 焼跡。 8月2006日; 32(5): 589-93。 Epub 5月2006日24日。
99. Clin Nutr。 10月2007日; 26(5): 535-44。
100. Critの心配Med。 9月2007日; 35 (9つのSuppl): S568-76.;
101. Eur J Appl Physiol Occup Physiol. 1996;73(5):488-90.
102. Med SciのスポーツExerc。 12月1992日; 24(12): 1353-8。
103. Clin Sci (Lond)。 11月1981日; 61(5): 627-39。
104. Eur J Appl Physiol Occup Physiol。 4月1979日12日; 41(1): 61-72。
105. Eur J Appl Physiol Occup Physiol。 3月1976日9日; 35(1): 69-77。
106. Int JのスポーツMed。 10月1994日; 15のSuppl 3: S131-S141.
107. スポーツMed。 2月1994日; 17(2): 86-107。
108. 今日Immunol。 8月1994日; 15(8): 382-7。
109. スポーツMed。 11月1994日; 18(5): 340-69。
110. J Pharmacol。 1983年; 14 Supplの3:47 - 71。