特別な目的の方式

1. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
2. Jの国民の蟹座Inst。 5月1997日21日; 89(10): 718-23。
3. Planta Med 10月2008日; 74(13): 1656-65。
4. JのステロイドBiochem Mol Biol。 5月2008日; 110 (1-2): 176-85
5. Int Jの蟹座 9月2004日1日; 111(3): 440-3。
6. Altern MedのRev。 4月2002日; 7(2): 112-29。
7. 発癌 4月1996日; 17(4): 793-9
8. 発癌 1986;7:1463-1466
9. Postepy Hig Med Dosw (オンラインで)。 9月2008日5日; 62:451-62。
10. 蟹座はPrevを検出する. 1997;21(2):178-90. (3):266-8.
11. 神経学。 12月2004日28日; 63(12): 2240-4。
12. Int J Clin Pharmacol Ther。 9月2000日; 38(9): 430-5。
13. Altern MedのRev。 4月2001日; 6(2): 207-9。
14. Biofactors. 2004;21(1-4):127-31.
15. Biol Pharm Bull。 9月2002日; 25(9): 1197-202。
16. Inflのamm Res。 11月1996日; 45(11): 546-9。
17. インドJ Exp. Biol。 2月1999日; 37(2): 124-30。
18. 発癌。 9月1995日; 16(9): 2057-62年。
19. Exp. Biol Med。 3月2004日; 229(3): 247-54。
20. Biofactors. 2000;13(1-4):161-6.
21. Jの食糧Prot。 10月2000日; 63(10): 1359-68。
22. 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう. 1999;53(2):169-74.
23. 発癌。 10月1998日; 19(10): 1821-7。
24. J Nutr。 5月1996日; 126(5): 1475-80。
25. 食糧Chem Toxicol。 2月2001日; 39(2): 109-17。
26. Br J Pharmacol。 11月1999日; 128(5): 999-1010。
27. Planta Med。 8月1998日; 64(6): 541-5。
28. 発癌。 8月1995日; 16(8): 1955-61年。
29. 動脈. 1995; 21(6):312-6.
30. Hepatol Res。 3月2006日; 34(3): 199-206;
31. 世界J Gastroenterol。 4月2003日; 9(4): 791-4。
32. Biochem Pharmacol。 8月1994日3日; 48(3): 621-4。
33. アルコール。 2月1999日; 17(2):163-8.
34. Fiziol Zh. 1996; 42(1-2):65-72.
35. Neuroreport。 1月1999日3日; 10(8): 1799-801。
36. Biochim Biophysのアクタ。 9月2000日27日; 1487 (2-3): 113-27。
37. Biochim Biophysのアクタ。 5月2004日3日; 1672(2): 100-11。
38. Z Naturforsch [C]。 2007日3月4月; 62 (3-4): 215-22。
39. トルコ人J Gastroenterol 6月2008日; 19(2): 92-8。
40. Chem Biolは相互に作用している 12月2008日24日。 [印刷物に先んじるEpub]
41. 世界J Gastroenterol 12月2008日14日; 14(46): 7101-6。
42. 生命Sci. 1998;63(20):1823-34.
43. 植物の細胞Physiol。 10月2001日; 42(10): 1088-92。
44. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る 2005日1月2月; 7 (1-2): 32-41。
45. Eur J Pharmacol 9月2008日28日; 593 (1-3): 105-11。
46. 毒物学 3月2004日1日; 196 (1-2): 117-25。
47. J Biol Chem。 2月2002日1日; 277(5): 3456-63。
48. Proc国民のAcad Sci米国。 9月1993日1日; 90(17): 7915-22。
49. 科学。 10月1997日17日; 278(5337): 407-11。
50. ハム雑音Genet。 3月1996日; 97(3): 319-23。
51. 蟹座Sci。 4月2004日; 95(4): 290-9。
52. 発癌。 4月1995日; 16(4): 861-7。
53. Proc国民のAcad Sci米国。 1990年の10月; 87(19): 7777-81。
54. 突然変異原Molの囲みなさい. 1997, 30(4): 468-74.
55. 突然変異原Molの囲みなさい. 1996, 27(3): 211-8.
56. 毒物学. 2000;155(1-5):63-7.
57. Mutat Res。 2003日2月3月; 523-524: 209-16。
58. J Nutr。 11月2003日; 133 (11のSuppl 1): 3778S-3784S.
59. 抗癌性Res。 1999日9月10月; 19 (5A): 3681-3。
60. 抗癌性Res。 1995日11月12月; 15 (6B): 2479-87。
61. 発癌。 9月1989日; 10(9): 1595-8。
62. 生命Sci. 1997;61(4):343-54.
63. Biosci Biotechnol Biochem。 4月2007日; 71(4): 916-25
64. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 12月2006日; 52(6): 457-66。
65. Altern Therの健康Med。 2001日5月6月; 7(3): 79-91。
66. Glycoconj J.12月1994日; 11(6): 527-32。
67. Jの国民の蟹座Inst。 3月1992日18日; 84(6): 438-42。
68. ペーパーはで示した: 蟹座の食事療法そして防止の国際会議; 1999年5月; タンペレ、フィンランド。
69. 前立腺癌Prostatic Dis. 2003;6(4):301-4.
70. Jの国民の蟹座Inst。 12月2002日18日; 94(24): 1854-62。
71. Neoplasia。 8月2007日; 9(8): 662-70。