前立腺及び尿の健康

1. J Urol。 9月1984日; 132(3): 474-9.
2. 温和なProstatic肥大。 1983. ニューヨーク: スプリンガーVerlag。
3. Urologe A. 5月1992日; 31(3): 129-34.
4. Br J Nutr。 8月2007日; 98(2): 388-96。
5. 蟹座により制御を引き起こす。 3月2006日; 17(2): 169-80。
6. 蟹座MolのTher。 9月2007日; 6(9): 2581-90。
7. J Medの食糧。 6月 2008日; 11(2): 207-14。
8. Exp. Gerontol。 12月2000日; 35 (9-10): 1201-9。
9. 方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 9月2005日; 27(7): 465-70。
10. 関節炎Res Ther。 2008年; 10(4): R85.
11. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2006日3月4月; 8 (3-4): 653-60。
12. DNAの細胞Biol。 4月2005日; 24(4): 244-55。
13. Z Naturforsch [C]。 1995日1月2月; 50 (1-2): 98-104。
14. Curr Opin Urol。 1月2005日; 15(1): 45-8。
15. J Urol。 5月2000日; 163(5): 1408-12。
16. 公衆衛生Nutr。 12月2000日; 3 (4A): 459-72。
17. Curr Med Res Opin。 1998;14(3):127-39.
18. 世界J Urol。 4月2002日; 19(6): 426-35。
19. 泌尿器科学。 9月1999日; 54(3): 473-8。
20. Wien Klin Wochenschr。 1990年の11月23日; 102(22): 667-73。
21. アンUrol (パリ)。 5月1984日; 18(3): 193-5。
22. アーチItal Urol Nefrol Androl。 9月1991日; 63(3): 341-5。
23. Minerva Urol Nefrol。 1987日1月3月; 39(1): 45-50。
24. Planta Med。 4月1986日; 52(2): 148-51。
25. Pharmacometrics。 1986;31:1-11.
26. 日本Yakurigaku Zasshi。 6月1988日; 91(6): 385-92。
27. BJUインターナショナル (1999), 85, 836-841
28. Oncol Rep。 4月2004日; 11(4): 887-92。
29. Toxicol Pathol。 2004日1月2月; 32(1): 73-8。
30. BJU Int。 9月2003日; 92(4): 375-8
31. J Medの食糧。 2002冬; 5(4): 181-7。
32. Aktuelle Urol。 1月2009日; 40(1): 37-43。
33. J Medの食糧。 2004落下; 7(3): 284-9。
34. FASEB J. 6月2004日; 18(9): 1019-21。
35. Jの国民の蟹座Inst。 3月2002日6日; 94(5): 391-8。
36. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 3月2004日; 13(3): 340-5。
37. Jの国民の蟹座Inst。 3月2002日6日; 94(5): 391-8。
38. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2004日; 13(2): 260-9。
39. Jの国民の蟹座Inst。 11月2003日5日; 95(21): 1578-86。
40. Nutrの蟹座。 1999;33(2):159-64.
41. J Medの食糧。 12月2008日; 11(4): 741-6。
42. Biosci Biotechnol Biochem。 9月2007日; 71(9): 2223-32。
43. J Ethnopharmacol。 5月2007日22日; 111(3): 476-82。
44. Proc西のPharmacol Soc. 2003;46:153-5.
45. Eur Urol。 6月2000日; 37(6): 735-41。
46. Planta Med。 2月1995日; 61(1): 31-2。
47. Planta Med。 2月1994日; 60(1): 30-3。
48. Planta Med。 12月1997日; 63(6): 529-32。
49. Planta Med。 8月1997日; 63(4): 307-10。
50. Planta Med。 2月2000日; 66(1): 44-7。
51. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200204/000020020402A0075227.php。 2009年2月9日アクセスされる。
52. で利用できる: http://www.kvinnohalsa.se/pdf/swe_pilot.pdf。 2009年2月9日アクセスされる。
53. Jpn J Med Pharm Sci。 2003; 14(3):313-22.
54. Jpn J Med Pharm Sci。 2004 52(4):551-61.
55. J Agricの食糧Chem。 4月2007日18日; 55(8): 3217-24
56. J Antimicrob Chemother。 2月2009日; 63(2): 389-95。
57. J Urolはできる。 6月2002日; 9(3): 1558-62。
58. JAMA. 8月1994日24-31日; 272(8): 590。
59. NutrのRev. 5月1994日; 52(5): 168-70。
60. J Urol。 2月1998日; 159(2): 559-62。
61. NイギリスJ Med。 10月1998日8日; 339(15): 1085-6。
62. J Urol。 5月1984日; 131(5): 1013-6。
63. Antimicrobの代理店Chemother。 1月1989日; 33(1): 92-8。
64. NイギリスJ Med。 5月1991日30日; 324(22): 1599。
65. Nursの時間。 11月2005日22-28日; 101(47): 38-40
66. J Agricの食糧Chem。 11月2005日16日; 53(23): 8940-7。
67. Phytochemistry。 9月2005日; 66(18): 2281-91。
68. J Fam Pract。 8月1997日; 45(2): 167-8。