気分の救助

1. CNS Spectr。 8月2001日; 6(8): 663-70。
2. Neuropsychopharmacology。 1月2000日; 22(1): 52-63。
3. アーチGENの精神医学。 9月1994日; 51(9): 687-97。
4. ダイアログClin Neurosci。 2008;10(2):141-52.
5. Zより親切なJugendpsychiatr Psychother。 1月2008日; 36(1): 27-43。
6. Currの精神医学Rep。 4月2008日; 10(2): 178-89。
7. 精神医学Molの。 1月2009日6.日[印刷物に先んじるEpub]
8. スティーブンDaniells 2007年3月22日。 Berkemは反圧力の原料を支えるために科学を造る。 http://www.nutraingredients.com/Research/Berkem-builds-science-to-support-anti-stress-ingredientは1月14日2009年にアクセスした
9. Psychosom Med。 2004日7月8月; 66(4): 607-13
10. Neuropsychopharmacology。 10月2003日; 28(10): 1871-81。
11. JのハーブPharmacother。 2006;6(2):21-30.
12. Biochem Biophys Res Commun。 7月2004日16日; 320(1): 116-22。
13. Neurotoxicology。 7月2008日; 29(4): 656-62。
14. 尖頭アーチはDisを感染させる。 10月2003日; 3(10): 644-52。
15. リーBiochem Biophys Res Commun。 8月2005日26日; 334(2): 313-8。
16. Pharmacol Biochem Behav。 9月2001日; 70(1): 105-14。
17. Biochim Biophysのアクタ。 11月1983日23日; 735(3): 367-79。
18. Neuroreport。 12月2001日21日; 12(18): 3939-42。
19. 薬剤。 8月1994日; 48(2): 137-52。
20. アクタNeurol Scand Suppl。 1994;154:19-26.
21. Scand J Gastroenterol。 5月1989日; 24(4): 407-15。
22. 発掘Dis Sci。 10月1998日; 43(10): 2211-22。
23. Minerva Gastroenterol Dietol。 1992日7月9月; 38(3): 145-51。
24. AM J Clin Nutr。 11月2002日; 76(5): 1158S-61S
25. 機械式の老化するDev。 8月1984日; 26 (2-3): 149-64。
26. 証拠のレポート/テクノロジー アセスメント: 不況、骨関節炎および肝臓病http://www.ahrq.gov/clinic/epcsums/samesum.htmの処置のための第64 S Adenosyl Lメチオニン
27. Br J Pharmacol。 6月1999日; 127(3): 645-54。
28. Zhonghua Wai Ke Za Zhi。 6月2002日; 40(6): 407-10。
29. 高雄市J Med Sci。 9月2001日; 17(9): 455-60。
30. AM J Clin Nutr。 11月2002日; 76(5): 1151S-1157S.
31. Br J Rheumatol。 1月1997日; 36(1): 27-31。
32. Clin特別に1990年の 6月Rev.; 187(2): 74-8。
33. 日本Noegik Kaishi。 1998; 72:153-57
34. CNSは薬剤を入れる. 2003;17:539-562.
35. Schweiz Rundsch Med Prax。 12月2000日14日; 89(50): 2111-21。
36. Int J Clin Pharmacol Ther。 3月1999日; 37(3): 111-9。 検討。
37. Pharmacopsychiatry。 9月1997日; 30のSuppl 2:108-12。
38. アーチのインターンMed。 1月2000日24日; 160(2): 152-6。 検討。
39. Eurは精神医学Clin Neurosciをアーチ形にする。 6月2003日; 253(3): 140-8。
40. Br J Clin Pharmacol。 9月2002日; 54(3): 277-82。