ミトコンドリア サポート

1. PhysiolのRev. 1998Apr; 78(2): 547-81。
2. アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。
3. 年齢。 1983 6:86-94.
4. Exp. Gerontol. 1984 19: 31-6.
5. Proc国民のAcad Sci米国。 1994 91:10771-8.
6. Proc国民のAcad Sci米国。 1997 94:3064-9.
7. アンNY Acad。 Sci。 1998; 854:118-27.
8. Biochim Biophysのアクタ。 6月2000日26日; 1486(1): 1-17。
9. ClinのスポーツMed。 1999Jul; 18(3): 485-98。
10. Int JのスポーツMed。 5月1998日; 19(4): 231-44。
11. ホルモン (アテネ)。 2008日4月6月; 7(2): 123-32。
12. 蛋白質Pept Lett。 2008;15(4):385-91.
13. J Alzheimers Dis。 5月2007日; 11(2): 229-40。
14. アンN Y Acad Sci。 5月2006日; 1067:369-74。
15. Sciの老化の知識は囲む。 5月2005日4日; 2005(18): pe12.
16. 生命Sci。 11月2007日30日; 81 (23-24): 1602-14。
17. J Nutr。 6月2006日; 136(6): 1517-21。
18. J Neuroinflammation。 9月2008日25日; 5:41。
19. 免疫学。 7月2005日; 115(3): 375-87。
20. AM J Respir Critの心配Med。 3月2002日15日; 165(6): 818-23。
21. Eur J Pharmacol。 7月2006日10日; 541 (1-2): 95-105。
22. Neurosci Lett。 12月2008日26日; 448(2): 175-9。
23. Nat. Med。 3月2003日; 9(3): 294-9。
24. アクタDiabetol。 2001;38(3):135-8.
25. 糖尿病。 8月2006日; 55(8): 2231-7。
26. 7月8月糖尿病のMetab Resの Rev. 2008日; 24(5): 371-7
27. Jの脂質Res。 5月2006日; 47(5): 964-74
28a. Biochem Biophysのアクタ。 2月2001日14日; 1535(2): 110-9
28b. J AM Soc Nephrol。 1月2005日; 16(1): 144-50。
28c. 生命Sci。 1988;43(21):1725-31.
29. Biochem Biophys Res Commun。 4月1996日16日; 221(2): 422-9。
30. FASEB J. 2月1999日; 13(2): 411-8。
31. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2000落下; 2(3): 473-83。
32. Biochem Biol MolのInt。 10月1995日; 37(2): 361-70。
33. アーチBiochem Biophys。 3月2004日1日; 423(1): 126-35。
34. Altern MedのRev. 12月2005日; 10(4): 268-93。
35. Neurosci Lett。 1月1994日3日; 165 (1-2): 33-6。
36. Neurochem Res。 1月1995日; 20(1): 1-9。
37. Biofactors。 1999;9(2-4):371-8.
38. 脂質。 7月1989日; 24(7): 579-84。
39. Med Molの面。 1994年; 15のSuppl: s165-s175.
40. Biotechnol Molの。 9月2007日; 37(1): 31-7。
41. Regul Toxicol Pharmacol。 2月2007日; 47(1): 19-28。
42. KANEKA CORP。 ラットの反疲労の効果。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
43. Exp. Gerontol。 2月2006日; 41(2): 130-40。
44. Ubiquinolにユビキノンと比較されるより高い生物学的利用能がある。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
45. ubiquinolのためのCOQ10の血しょうレベルは線量を従属的に高めた。 出版されていないデータ、Kaneka Corp。
46. LEFの内部出版されていない調査2006年
47. Eur J Pharm Sci。 4月1999日; 8(1): 57-65。
48. 自由なRadic Biol Med。 3月1999日; 26 (5-6): 685-94。
49. Biochem Biol MolのInt。 10月1998日; 46(3): 585-95。
50. AM J Physiol。 7月1997日; 273 (1つのPt 1): E185-E191.
51. 糖尿病。 12月1996日; 45(12): 1798-804。
52. Biochem Biophys Res Commun。 4月1996日16日; 221(2): 422-9。
53. Biochem Pharmacol。 2月1996日9日; 51(3): 233-8。
54. Jの細胞MolのCardiol。 9月1995日; 27(9): 1895-903。
55. 皮Pharmacol. 1994;7(5):278-84.
56. Z Naturforsch [C]。 1994日9月10月; 49 (9-10): 691-2。
57. Carlson DAの等Lipoic酸: エネルギー生産、酸化防止活動および健康に対する影響。 テイラー及びフランシス島の出版業者; 2008:235-70.
58. MedのRev。 12月2007日; 12(4): 343-51。
59. Int JのスポーツNutr Exerc Metab.2008 2月; 18(1): 19-36。
60. J Physiol。 6月2007日1日; 581 (Pt 2): 431-44。 Epub 3月2007日1.日。
61. Exp. Physiol。 10月2008日; 93(10): 1139-46。
62. Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 533-49。
63. Clin Exp. Pharmacol Physiol。 8月2006日; 33(8): 725-33。
64. 神経薬理学。 8月2008日; 55(2): 223-9。
65. 神経薬理学。 6月2006日; 50(8): 917-23。
66. J Neurosci Res。 11月1991日; 30(3): 555-9。
67. Neurochem Res。 5月1993日; 18(5): 573-8。
68. Biochem Molの細胞。12月2003日; 254 (1-2): 227-34
69. Neurochem Res。 11月2008日1.日[印刷物に先んじるEpub]
70. Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi。 6月2008日; 28(3): 113-20。
71. Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 551-67。
72. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
73. 頭脳Resの頭脳ResのRev。 3月2003日; 41 (2-3): 306-23。
74. 老化の細胞。 8月2004日; 3(4): 169-76。
75. 前部Biosci。 5月2004日1日; 9:1100-17。
76. J Nutr。 2月1955日10日; 55(2): 289-303。
77. AM J Pathol。 6月2007日; 170(6): 1893-902。
78. Biochem J.10月2006日15日; 399(2): e11-3.
79. Biogerontology. 2004;5(6):365-73.
80. Nephron Clin Pract。 2007年; 107(1): c26-34.
81. J Alzheimers Dis。 5月2007日; 11(2): 229-40。
82. FEBS Lett。 3月2007日6日; 581(5): 1067-70。
83. Biochim Biophysのアクタ。 6月2005日30日; 1741 (1-2): 120-6。
84. Biochim Biophysのアクタ。 5月1984日16日; 772(2): 209-19。
85. Exp. Gerontol。 1990;25(2):127-34.
86. Proc国民のAcad Sci 米国。 2月2002日19日; 99(4): 2356-61。
87. Neurochem Res。 1月2008日; 33(1): 194-203。
88. Proc国民のAcad Sci米国5月2002日14日; 99(10): 7184
89. J Appl Physiol。 4月1999日; 86(4): 1191-6。
90. Chem Biolは相互に作用している。 11月2006日7日; 163(3): 192-8。
91. 栄養物。 1月2007日; 23(1): 76-80。
92. 補足物のTher Med。 9月1999日; 7(3): 126-31。
93. FEBS Lett。 1月1999日8日; 442(1): 89-94。
94. FEBS Lett。  1月1999日8日; 442(1): 89-94。
95. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病. 2001;109(6):330-6.
96. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病. 1996;104(4):311-6.
97. Nat. Med。 3月2003日; 9(3): 294-9。
98. 毒物学。 2月2003日1日; 183 (1-3): 133-42。
99. Immunopharmacology。 4月1982日; 4(2): 125-38。
100. Biochim Biophysのアクタ。 8月1977日15日; 469(1): 52-60。
101. Jの細胞Biochem。 5月2004日15日; 92(2): 285-95。
102. 発癌。 9月1998日; 19(9): 1583-9。
103. J Rheumatol。 9月1997日; 24(9): 1680-4
104. 科学。 1月1977日14日; 195(4274): 205-6。
105. 矢尾Xue Xue Bao。 8月2003日; 38(8): 574-7。
106. Phytother Res。 4月2008日; 22(4): 539-43。
107. Jpn J Pharmacol。 3月2001日; 85(3): 322-6。
108. Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 3月1979日; 18(3): 237-41。
109. AM J Physiolの細胞Physiol。 10月2007日; 293(4): C1395-403.
110. Pharmacol Ther。 1月2007日; 113(1): 154-64。
111. Toxicol Lett。 12月2005日30日; 160(1): 1-7。
112. Chem Biolは相互に作用している。 4月2004日15日; 147(3): 259-71。
113. Chem Biolは相互に作用している。 11月2001日28日; 138(2): 189-98。
114. Neurochem Res。 9月2007日; 32(9): 1552-8
115. 薬剤のMetabのRev。 5月1998日; 30(2): 245-75。
116. 自由なRadic Biol Med. 1997;22(1-2):359-78.
117. 自由なRadic Biol Med。 7月2001日1日; 31(1): 53-61。
118. Z Naturforsch [C]。 1998日3月4月; 53 (3-4): 250-3。