ホルモン

1. J Clin Endocrinol Metab。 10月1992日; 75(4): 1002-4。
2. J Clin Endocrinol Metab。 8月1997日; 82(8): 2396-402。
3. Clin Chimのアクタ。 3月2004日; 341 (1-2): 1-15。
4. AM J Physiol Endocrinol Metab。 11月2006日; 291(5): E1003-8.
5. ハム雑音のReprodの更新。 2007日5月6月; 13(3): 239-48。)
6. J Endocrinolは投資する。 1月2002日; 25(1): 73-83。
7. Biogerontology。 8月2008日; 9(4): 235-46。
8. アンN Y Acad Sci。 11月2006日; 1088:139-52。
9. 精神薬理学(Berl)。 11月2006日; 188(4): 541-51。
10. J Endocrinolは投資する。 2005年; 28 (3つのSuppl): 85-93。
11. J Clin Endocrinol Metab。 8月2006日; 91(8): 2986-93
12. タイJ Med Assoc。 10月2001日; 84のSuppl 2: S605-12.
13. Clin Endocrinol (Oxf)。 3月2006日; 64(3): 260-4
14. J Endocrinol。 10月1999日; 163(1): 1-5。
15. Curr Ther Res. 2000;61(7):435-42.
16. アーチBiochem Biophys。 5月1997日1日; 341(1): 122-8。
17. Curr Ther Res; 2002;63(4):263-72
18. J Nutr Biochem。 9月2007日; 18(9): 629-34。
19. ステロイド。 3月2000日; 65(3): 124-9。
20. Proc国民のAcad Sci米国。 7月1995日3日; 92(14): 6617-9。
21. J Neurochem。 10月2008日; 107(2): 510-21。
22. Proc国民のAcad Sci米国。 3月1992日1日; 89(5): 1567-71。
23. Horm Metab Res。 1月1998日; 30(1): 16-28。
24. Proc国民のAcad Sci米国。 12月1994日6日; 91(25): 12308-12。
25. J Clin Endocrinol Metab。 11月1991日; 73(5): 1016-25。
26. J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。
27. 科学。 9月1984日7日: 225(4666): 1032-4。
28. 、ストラスブールEthnopharmacologyの最初の国際的な議会で示される、フランス。 1990年; 6月5-9日。
29. Ethnopharmacology。 3月1995日。
30. Eur Jの蟹座Prev。 2002年; 11 (Suppl 2): S48-57.
31. Br J Nutr。 8月2007日; 98(2): 388-96。
32. 蟹座により制御を引き起こす。 3月2006日; 17(2): 169-80。
33. www.nhlbi.nih.gov/new/ press/02-07-09.html。 2008年9月17日アクセスされる。 NHLBIは高められた乳癌の危険、全面的な利点の欠乏によるプロゲスチンとエストロゲンの試験を停止する。 解放火曜日、2002年7月9日のために輸出禁止を命じられる国立衛生研究所国民の中心、肺および血の協会。
34. JのステロイドBiochem Mol Biol。 2007日11月12月; 107 (3-5): 140-8
35. Maturitas。 5月2006日20日; 54(2): 164-75。
36. Erkkola 等2008年–出版物への準備の…
37. Udani J、丈夫なM。 哺乳類のlignanおよびエストロゲンの代謝物質に対するHMRlignanの効果は後menopausal女性で水平になる: ランダム化された、二重盲目の、単一のダミー、平行グループ、パイロット・スタディ。 2007年11月6日
38. 月経閉止期。 2004日5月6月; 11(3): 246-54。
39. 月経閉止期。 2000日7月8月; 7(4): 215-29。
40. 月経閉止期。 1998ばね; 5(1): 9-15。
41. 月経閉止期。 2003日5月6月; 10(3): 196-202。
42. Nutr Clinの心配。 2002日11月12月; 5(6): 272-82。
43. Maturitas。 3月2003日14日; 44のSuppl 1: S21-9.
44. J Clin Endocrinol Metab。 9月2003日; 88(9): 4077-9。
45. JのステロイドBiochem Mol Biol。 9月2001日; 78(3): 291-8。
46. 蟹座Res。 10月2000日15日; 60(20): 5704-9。
47. Obstet Gynecol。 6月2001日; 97(6): Suppl 1-11。
48. J AM Pharm Assoc。(洗浄) 2000;40:234-42
49. ハム雑音Psychopharmacol。 4月2003日; 18(3): 191-5。
50. 。 8月1999日; 8(4): 175-181。
51. Jレディース健康GendはMedを基づかせていた。 4月2000日; 9(3): 315-20。
52. Phytomedicine。 5月2003日; 10(4): 348-57。
53. Phytomedicine。 5月2003日; 10(4): 348-57.repeat
54. Wien Med Wochenschr. 2002;152(15-16):364-72.
55. Horm Metab Res。 5月1993日; 25(5): 253-5。
56. J Nutr Biochem。 6月2005日; 16(6): 360-7。
57. Biochem Pharm. 2002, 64;393-404.
58. Toxicol Appl Pharm。 7月2001日15日; 174(2): 146-52。
59. Jの国民の蟹座Inst。 5月1997日21日; 89(10): 718-23。
60. 発癌。 4月2002日; 23(4): 581-6。
61. Eur Jの蟹座Prev。 8月2002日; 11 Suppl2: S48-S57.
62. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 12月2004日; 13(12):2084-9.
63. Exp. Biol Med (Maywood) 3月2005日; 230(3): 217-23。
64. J Nutr。 3月2005日; 135(3): 598-602。
65. アーチのインターンMed。 5月2003日12日; 163(9): 1099-104。
66. Maturitas。 4月1995日; 21(3): 189-95。
67. Clin Endocrinol (Oxf) 3月2002日; 56(3): 321-8。
68. Exp. Gerontol。 7月2001日; 36(7): 1083-100。
69. J Pineal Res。 5月1994日; 16(4): 178-83。
70. 自由なRadic Res。 12月2002日; 36(12): 1323-9。
71. J Endocrinol。 12月1981日; 91(3): 467-75。
72. 今日Surg. 2003;33(12):896-901.
73. Cytobios. 1996;85(340):51-8.
74. Maturitas。 4月2002日15日; 41のSuppl 1: S85-104.
75. Chronobiol Int。 5月2000日; 17(3): 419-32。
76. 老化すること(ミラノ)。 Oct1995; 7(5): 340-51。
77. Neurotox Res. 2005;7(4):293-318.
78. 睡眠。 6月1996日; 19(5): 423-31。
79. Clin Pharmacol Ther。 5月1995日; 57(5): 552-8。
80. Actas特別にPsiquiatr。 2000日9月10月; 28(5): 325-9。
81. J Clinの精神医学。 2月2007日; 68(2): 237-41。
82. で利用できる: http://emedicine.medscape.com/article/126999-overview。 2009年1月5日アクセスされる。
83. アクタEndocrinol (Copenh)。 5月1991日; 124(5): 516-20。
84. JのスポーツMed Physの適性。 3月1989日; 29(1): 52-6。
85. Nutr Neurosci。 10月2003日; 6(5): 269-75。