中心の健康

1. 循環。 10月2000日31日; 102(18): 2284-99。
2. Biofactors. 1999;9(2-4):371-8.
3. 脂質。 7月1989日; 24(7): 579-84。
4. Med Molの面。 1994年; 15のSuppl: s165-75.
5. Biotechnol Molの。 9月2007日; 37(1): 31-7。
6. J Clin Pharmacol。 3月1993日; 33(3): 226-9。
7. Biofactors。 1999;9(2-4):291-9
8. 脂質および老化. 1989; 24(7):579-84.
9. Regul Toxicol Pharmacol。 8月2006日17日; 57(7-8):546-55.)
10. Exp. Gerontol 2月2006日; 41(2): 130-40。
11. Kaneka Corp.の出版されていない調査。 2007
12. LEFの内部出版されていない調査2006年
13. 公衆衛生Nutr。 12月2006日; 9 (8A): 1136-40。
14. AM J Prev Med。 11月2005日; 29(4): 335-46。
15. J AMの食事療法Assoc。 3月2005日; 105(3): 428-40。
16. 小型Rev. Med Chem。 10月2004日; 4(8): 859-71。
17. Nursの立場。 8月2004日11-17日; 18(48): 38-42。
18. Cleve Clin J Med。 3月2004日; 71(3): 208-10、212の215-8 passim。
19. J Nutrの健康の老化. 2001;5(3):144-9.
20. Inflamm Res。 2月2001日; 50(2): 102-6。
21. アーチのインターンMed。 3月2000日27日; 160(6): 837-42。
22. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 8月2003日; 49(4): 270-6。
23. 新陳代謝。 3月2006日; 55(3): 381-90。
24. Biochim Biophysのアクタ。 6月2004日1日; 1682 (1-3): 80-91。
25. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 3月1998日; 58(3): 185-91。 2。
26. Chimの肛門のアクタ。 2月2007日5日; 583(2): 402-10。
27. J Agricの食糧Chem。 9月2007日5日; 55(18): 7609-14。
28. 脂質。 11月2001日; 36(11): 1195-202。
29. Eur Jの蟹座。 6月2000日; 36(10): 1235-47。
30. Nutr Metab Cardiovasc Dis。 2月2008日; 18(2): 127-32。
31. Br J Nutr。 5月2008日; 99(5): 945-51。
32. J Nutr Biochem。 7月2006日; 17(7): 429-45。
33. 栄養物。 2月2005日; 21(2): 131-6。
34. Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 423-33。
35. AM J Cardiol。 9月2005日15日; 96(6): 810-4。
36. JAMA. 8月2003日27日; 290(8): 1030-1。
37. JAMA. 5月2002日1日; 287(17): 2212-3。
38. 高血圧。 8月2005日; 46(2): 398-405。
39. J Nutr。 6月2007日; 137(6): 1436-41。
40. J Cardiovasc Pharmacol。 2006年; 47のSuppl 2S177-86。
41. JAMA. 7月2007日4日; 298(1): 49-60。
42. 循環。 12月2002日10日; 106(24): 3073-8。
43. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
44. 集中治療Med。 4月2007日; 33(4): 694-702。
45. Allerg Immunol (パリ)。 2月2007日; 39(2): 45-50。
46. 自由なRadic Res。 9月2004日; 38(9): 927-32。
47. Allerg Immunol (パリ)。 2月2007日; 39(2): 45-50
48. R & Dの実験室、Arjunaの自然なエキス株式会社PBNO 126 Alwaya Cohin Karalaインド。 (インドのセイヨウスグリ)。 2007.
49. Yakugaku Zasshi。 7月2005日; 125(7): 587-91。
50. J Ethnopharmacol。 2月1996日; 50(2): 61-8。 E.
51. インドJ Pharm Sci。 2006;68(4):437-41.
52. J Ethnopharmacol。 1月2002日; 79(1): 81-7。
53. R & D部、VDF FutureCeuticals。 発生させたcruciferous種のブレンド、SproutGardenは、HDLの血レベルを増加する。 2008.
54. R & D部、VDF FutureCeuticals。 SproutGarden-CはCholesterylのエステルの移動蛋白質(CETP)の活動を生体内で禁じる。 臨床激しいケース スタディ。 2008.
55. アテローム性動脈硬化。 5月2007日; 192(1): 100-7。
56. J Nutr。 2003年; 133:3298S-3302S.
57. J Nutr。 2003年; 133:3293S-3297S.
58. Prev Med。 2005;40:910-8.
59. Folia Biol (Praha)。 2007;53(5):164-72.
60. Critの心配Med。 2004;32:2097-103.
61. ファイルのLtd. Data Arjunaの自然なエキス。 2007.
62. AM J Hypertens。 1月2007日; 20(1): 1-518。
63. Clin Sci (Lond)。 10月2007日11日[印刷物に先んじるEpub]
64. AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 9月2005日; 289(3): R771-5.
65. J Cardiovasc Pharmacol。 5月2007日; 49(5): 293-8。
66. Clin Sci (Lond)。 10月2007日11日
67. J Agricの食糧Chem。 10月2000日; 48(10): 4581-9。
68. アテローム性動脈硬化. 2001,158:195–198.
69. Clin Nutr。 6月2004日、23(3): 423-33.
70. Italの中心J.4月2005日; 6(4): 315-22。;
71. JはMedを実習する。 8月2003日; 254(2): 132-9。)
72. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 4月2007日; 27(4): 963-8。
73. Epub 2月2007日1.日。
74. 自由なRadic Res。 1月2006日; 40(1) 85-94。
75. J Int SocのスポーツNutr。 2007, 4:22.
76. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 4月2005日; 288(4): H1586-90
77. J Appl Physiol。 6月2000日; 88(6): 1962-8年
78. J Pharmacol Exp. Ther。 7月2000日; 294(1): 126-33。
79. 米国のパテント5,049,372。 米国のパテント5,227,371。
80. AM J Physiolの中心Circ Physiol。 6月2001日; 280(6): H2616-22
81. AM J Physiol。 12月1995日; 269 (6つのPt 2); H2155-61.
82. Ceperkovic Z 2006年
83. AM J Epidemiol。 5月1996日1日; 143(9):845-59.
84. Br J Nutr 11月2007日; 98(5): 960-8。
85. EMBO Rep。 3月2006日; 7(3): 276-82。
86. 仮説. 2004;62(5):819-24.
87. AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 1月2004日; 286(1): R182-8.
88. Jの細胞MolのCardiol。 9月1984日; 16(9): 863-6。
89. Surg Res。 2月1989日; 46(2): 157-62。
90. アン西Med Surg. 1951;5:825-9.
91. アン西Med Surg. 1951;5:830-55.
92. アン西Med Surg. 1951;5:856-62.
93. JAMA. 1951;145:1232-6.
94. AM Jの発掘Dis. 1952;19:381-4.
95. ローソン ユンA 等2006年
96. 生物化学。 10月1999日19日; 38(42): 13991-8。
97. Greene、R.C. 1996年。 メチオニン、p. 542-560の生合成。 F.C. Neidhardt、R. Curtiss III、J.L. Ingraham、E.C.C.林、K.B. Low、B. Magasanik、W.S. Reznikoff、M.ライリー、M. Schaechter、およびH.E. Umbarger (ED。)、エシェリヒア属大腸菌およびサルモネラでは: 細胞および分子生物学、第2 ED。 ASMの出版物、ワシントンD.C.。
98. J Nutr。 12月2003日; 133(12): 4135-8。
99. J Nutr。 5月2003日; 133(5): 1291-5。
100. AM J Clin Nutr。 11月2002日; 76(5): 961-7。
101. Br J Clin Pharmacol。 8月2002日; 54(2): 140-6。
102. 腎臓Int。 3月2002日; 61(3): 1040-6。
103. 特別にPediatr。 7月1993日; 39(1): 37-41。
104. 新陳代謝。 12月1985日; 34(12): 1115-21。
105. NイギリスJ Med。 8月1983日25日; 309(8): 448-53。
106. J Nutr。 1月2006日; 136(1): 34-8。
107. AM J Clin Nutr 2008;87:424–30.
108. 移植。 6月2004日27日; 77(12): 1848-53。
109. Clin Appl Thromb Hemost。 1月2001日; 7(1): 53-7。
110. AM J Obstet Gynecol。 9月2000日; 183(3): 523-8。
111. J AMの凹みAssoc。 3月2000日; 131(3): 331-5。
112. Curr Opin Obstet Gynecol。 4月1995日; 7(2): 135-9。
113. ハム雑音Reprod。 10月1994日; 9(10): 1954-7年。
114. AM J Obstet Gynecol。 4月1993日; 168(4): 1083-91。
115. Res Commun Chem Pathol Pharmacol。 11月1991日; 74(2): 153-65。
116. 循環。 10月2003日7日; 108(14): 1673-5。
117. Italの中心J.8月2001日; 2(8): 582-8。
118. J Thromb Haemost。 11月2004日; 2(11): 1934-40年。
119. 。 5月2004日; 125(5): 1610-5。
120. アンPharmacother。 11月2003日; 37(11): 1593-7。
121. J Thromb Thrombolysis。 10月2002日; 14(2): 145-50。
122. Chemの薬剤。 8月1972日5日; 198:196-7。
123. 尖頭アーチ。 5月1973日5日; 1(7810): 979。
124. アーチのインターンMed。 11月2000日13日; 160(20): 3123-7。
125. NイギリスJ Med。 9月2002日26日; 347(13): 969-74。
126. J Pharm Pharmacol。 2月2008日; 60(2): 237-43。
127. 栄養物。 5月2005日; 21(5): 624-9。
128. J Medの食糧。 2004夏; 7(2): 141-5。
129. J Medの食糧。 2003冬; 6(4): 371-7。
130. Biol Pharm Bull。 4月2002日; 25(4): 536-40。
131. Biol Pharm Bull。 10月1995日; 18(10): 1387-91。
132. Biochem Biophys Res Commun。 12月1993日30日; 197(3): 1340-7。
133. アクタHaematol。 1990;84(3):139-43.
134. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸. 1998;58:61-64.
135. Pharmacol Res. 1997;36:293-297.
136. Int J Clin Pharmacol Res. 1996; 16:67-72.
137. Pharmacol Res. 1996;34:181-85.
138. 薬剤Res Devel. 2002;3:159-72.
139. Int J Clin Pharmacol Res. 2001;21:31-41.
140. Gynecol Endocrinol. 2000; 14:187-95.
141. Int Jのティッシュは反応する. 1999;21:85-92.
142. Int J Clin Pharmacol Res. 1999;19:105-16.
143. Clin Pharmacol Ther. 1999;65:439-47.
144. 糖尿病の心配. 1995;18:393-97.
145. Curr Ther Res. 1992;52:507-13.
146. J Medの食糧。 2006落下; 9(3): 378-85。
147. 薬剤R D. 2005;6(4):207-19).
148. NutrのRev。 11月2003日; 61(11): 376-83。
149. J Medの食糧. 2001;4:71-77.
150. Br J Clin Pharmacol. 2000;50:255-62.
151. Physiol Behav. 1999;67:1-7.
152. アーチMed Res. 1997;28:355-60.
153. Curr Ther Res. 1999;60: 458-67.
154. Int J Clin Pharm Res. 1994; 14:27-33.