生命延長ばねのクリアランス セール

プロダクト

Kyolicの®の ニンニクの方式102

200のカプセル、Item# 00316

単位 非‑のメンバー メンバー ないメンバーか。)
1

小売値

$26.45それぞれ

25%を救いなさい

$19.84それぞれ

Kyolic®のニンニクの方式102
200のカプセル
項目カタログ番号:
00316

ニンニクは多面的な利点のために何世紀にもわたって評価されてしまった。1-17 それに酸化防止行為があり、自然なグルタチオンのレベル、重要な細胞detoxifier後押しできる。18-25 ニンニク サポート健康な血小板機能で 見つけられる 混合物の allicin、 oligosulfides、A.のursinumおよびA.のsativum。26-31

出版された調査ニンニクの免疫があ支持の特性をおよび多数は他の医療補助示す。 ニンニクは大食細胞の活動、NK細胞およびLAKの細胞を含む免除を、刺激するために報告される。 またIL-10の生産を高め、腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)、IL1alpha、IL-2、IL-6およびT細胞のインターフェロン ガンマ(IFNガンマ)の生産を減らすことを示した。32-34 臨床調査はニンニクのエキスの5-10グラムが人間の免疫反応を高めることで有効であるとことを多く示す。32-38

Kyolicの®によって 老化させるニンニクのエキスの™は100%の組織的に育てられたニンニクの球根から始まる。 それらは独特な抽出プロセスの完全さにそれから臭気を除去し、見つけられるKyolicの®でだけ有利な混合物を作成するために老化する。 この互いに作用し合う組合せに解毒を援助し、反老化および他の医療補助を提供するかもしれない特別な酸化防止特性がある。15-17,39-61

このKyolicの®の 方式は方式105よりより多くのニンニクがほしいと思い、既に他の十分なセレニウム、ベータ カロチン、等を補う取るそれらの人々のために利用できる。 この菜食主義の方式はまた食糧の消化力そして吸収で助けるために自然な酵素を含んでいる。

参照
1. J Medの食糧。 2011日7月8月; 14 (7-8): 732-8。
2. Phytomedicine。 3月2010日; 17 (3-4): 241-7。
3. Evidは補足物のAlternat Medを基づかせていた。 2011年; 2011:703049。 doi: 10.1093/ecam/nep011. Epub 10月2010日20日。
4. Exp. Gerontol。 1997日1月4月; 32 (1-2): 149-60。
5. 栄養物。 4月2009日; 25(4): 459-71
6. Pharmacol Rep。 2008日3月4月; 60(2): 163-70。
7. Phytomedicine。 6月2006日; 13(6): 394-400。
8.. アーチ口頭Biol。 7月2005日; 50(7): 645-51。
9. AM J Hypertens 8月2007日; 20(8): 866-74。
10. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 750S-754S.
11. 蟹座により制御を引き起こす。 10月2012日; 23(10): 1643-51。
12. 日本 Yakurigaku Zasshi。 10月1997日; 110 Supplの1:93 P-97P。
13. Clin Exp. Pharmacol Physiol。 1997日3月4月; 24 (3-4): 235-42。
14. Phytother Res。 4月2010日; 24(4): 602-8。
15. アンN Y Acad Sci。 10月2012日; 1271:44-52。
16. Eur J Clin Nutr。 1月2013日; 67(1): 64-70。
17. Food Sci Nutr CritのRev。 2013;53(3):215-30.
18. Phytother Res。 1月2012日; 26(1): 18-25。
19. Phytother Res。 6月2011日; 25(6): 821-7。
20. 朴J Biol Sci。 5月2009日15日; 12(10): 765-71。
21. 老人病学。 2008;54(3):173-6.
22. Nutr 蟹座。 1999;34(1):42-8.
23. Jpn J Pharmacol 10月1998日; 78(2): 199-207。
24. J Ethnopharmacol。 1月2013日9日; 145(1): 162-7。
25. J Agricの食糧Chem。 1月2012日11日; 60(1): 100-7。
26. 生命Sci。 12月2012日17日; 91 (25-26): 1275-80。
27. J Agricの食糧Chem。 11月2000日; 48(11): 5731-5。
28. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 4月2000日; 62(4): 253-9。
29. J Cardiovasc Pharmacol。 6月1998日; 31(6): 904-8。
30. 薬理学。 2009;83(4):197-204
31. 食糧MolのNutrのRes。 11月2007日; 51(11): 1335-44。
32. レバーInt。 6月2005日; 25(3): 613-21。
33. Food Sci Nutr CritのRev。 6月2009日; 49(6): 538-51。
34. Biochem Biophys Res Commun。 4月2007日6日; 355(2): 471-6。
35. Pediatr Pulmonol。 4月2010日; 45(4): 356-62。
36. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 816S-820S.
37. 蟹座Immunol Immunother。 10月1993日; 37(5): 316-22。
38. J Ethnopharmacol。 7月2009日30日; 124(3): 384-90。
39. 薬理学。 2009;83(4):197-204
40. J AM Coll Nutr。 6月2001日; 20(3): 225-31。
41. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 1010S-5S.
42. 蟹座Immunol Immunother 10月1993日; 37(5): 316-22。
43. Prev Med。 11月2004日; 39(5): 985-91。
44. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 980S-4S.
45. J Nutr 11月2000日; 130(11): 2662-5。
46. 広島 J Med Sci 6月2006日; 55(2): 59-64。
47. Eur J Pharmacol 4月2007日30日; 561 (1-3): 32-8。
48. Phytother Res。 7月2007日; 21(7): 629-40。
49. J Nutr 10月2007日; 137(10): 2264-9。 検討。
50. 蟹座Chemother Pharmacol 4月2009日; 63(5): 873-80。
51. イランJのアレルギーの喘息 Immunol 9月2008日; 7(3): 133-41。
52. Clin Nutr 6月2012日; 31(3): 337-44。
53. J Sciの食糧Agric 7月2012日; 92(9): 1892-902。
54. Integrの蟹座Ther 12月2012日; 11(4): 364-70。
55. Toxicol Pharmacolを囲みなさい。 9月2011日; 32(2): 266-74。
56. Curr Med Chem。 2011;18(22):3306-13.
57. Immunopharmacol Immunotoxicol。 2月2012日; 34(1): 116-22。
59. 細胞Immunol。 2011;269(2):90-5.
60. 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 3月2011日; 66(1): 17-21。
61. J Ethnopharmacol。 4月2011日12日; 134(3): 711-6。
補足の事実

サービングのサイズ2のカプセル

容器100ごとのサービング

サービングごとの量

老化させたニンニクのエキスTM†の 粉(球根)

600 mg

ショウガ

250 mg

Glucanase

32 mg

プロテアーゼ

20 mg

リパーゼ

10 mg

他の原料: セルロース、無水ケイ酸およびマグネシウムのステアリン酸塩(野菜源)。

†の 特別なニンニクの準備

の放しなさい: ナトリウム、イースト、防腐剤、グルテン、人工的な色または味。

適量および使用
  • 食事が付いている2つ以上のカプセルを毎日二度取りなさい。