生命延長スキン ケアの販売

出版物パス

スティーブンV. Joyal、M.D.の生命延長のための診療所長

スティーブンV. Joyal

スティーブンV. Joyal、M.D.は、健康な人命のスパンの延長に専用されている最も大きい組織の生命Extension®、世界の導くことおよび1の診療所長である。 彼の責任は出版物、製品開発、プロダクトQC/QA、臨床研究および医学および科学的な出来事にかかわる熱心なチームを含んでいる。

ごく最近、彼および彼のスタッフは付加的な心配のための栄養サポートとの慣習的な医学療法を統合する 130の証拠ベースの議定書を含んでいる生命 延長病気の防止および処置の本の第5版を修正し、更新することにかかわった。

過去の6年の間に、Joyal先生はずっと医学の会議に特色にされたスピーカー世界的にである。  2007のバリ島のアジアの反老化の会議の彼の連続講義は特色にした「ミトコンドリアの機能障害のためのNutraceuticals、Glycationの遊離基の圧力、ホルモンのバランス、段階I及びIIの焦点との老化そしてトップ ラインの作戦のメカニズム解毒」。を

Joyal先生は反老化の薬の年次世界議会および反老化の薬の世界アカデミー、医学のシンポジウム ミラー医科大学院マイアミ大学、およびゲストの講演者によって新星のずっと南東大学に生物医学的な技術に基調演説者である。 

Joyal先生は糖尿病、制御可能な 病気を防ぎ、扱い、打つために革新的なプログラムを提供する本についてのあなたの博士May Not Tell何の著者である。  2012年に、Joyal先生はスザンヌSomersが催した 寿命ネットワークの スザンヌ ショーの繰り返しのゲストだった。

生命延長を結合する前に、Joyal先生は全体的な臨床新陳代謝の薬剤の開発のグループ ディレクターとしてブリストル・マイヤーズ スクイブの薬剤の研究所によって雇われた。 そこの彼の仕事は肥満、糖尿病およびhyperlipidemiaと関連していた薬物の研究開発に影響を及ぼした。  その前に、Joyal先生はAbbottの実験室/Knoll Pharmaceutical Companyで働いた。 彼の記入項目に製薬産業に先行して、Joyal先生はロードアイランドの臨床練習にあった。 そこに彼はブラウン大学および女性および幼児の病院と加入した。 彼はまた執事の病院で内科サービスを管理し、Warwickおよび東のプロヴィデンスの心配のニューイングランドの健康中心でガイドのメンバーの心配を助けた。

Joyal先生は医学の教育のためのダートマス/ブラウン プログラムの卒業生で、1997年に内科で板証明された。 彼の大学の学位は物理学にある。 大学生がシグマPiシグマ(物理学のための国民の名誉の社会)に彼就任し、ロング アイランドのBrookhavenの国立研究所で研究助成金を与えたと同時に、ニューヨーク。

 
ダウンロードのプレス キット 

生命延長媒体は連絡する:
Sheldonのパン屋
PR活動のディレクター
954.790.5512
SBaker@LifeExtension.com